注目の記事 PICK UP!

第32回 メールは業務連絡?

第32回 メールは業務連絡?

男性と女性と決定的に違うひとつが、携帯メールの内容。
男性は会う日時などを決める連絡手段として使う人が多いのに対し、女性はコミュニケーション手段として使う人が多いです。

女性同士だと予約した店の情報はあらかじめ伝えることが多いのに対し、男性だと「お店を予約しておいたから」という一言で済ませる人が多いような気がします。

さらに、女性が知り合って間もない男性とメールするときには、その中身から相手のイメージを膨らませていきます。
印象が良ければ好感度が高くなって、「早く会いたい」と思うようになるけれど、悪ければ会うのが面倒になる……。

たとえば、「了解」ばかりという素っ気ないメールの内容だとしても、冷たい人とは限らないのに、こういう男性に対し、女性は「私を大切にしてくれない人かも」などと考えがちです。

第303号 メールから受ける印象

第341号 メールの行数と気持ちは比例する?

この2つを読むと、長文も短文もよくないことが分かります。では、出会ったばかりの女性に好かれたいのであれば、どうすればいいのでしょうか。

「了解です」だけで済まるのではなく、「早く○○ちゃんの笑顔を見たいな」など、女性が喜ぶような一言を加えることです。

第288号 もらってうれしい携帯メール

男性は人を判断するときに、行動を重視することが多いのに対し、女性は言葉を重視することが多いです。
だから、男性は気になる女性に対しては、言葉を丁寧にしたほうが、好かれます。面倒でも意識したほうがいいというわけです。

第209号 言葉が足りない!?

女性に対して、説明を丁寧にするとともに心に留めたほうがいいのが、感情を出すということ。「うれしい」「楽しい」「幸せ」など喜びの言葉は、積極的
に使ったほうがいいということです。

気持ちを表す言葉が何もないと、素っ気ないと相手が感じさせることが増えます。
男性同士であれば問題なくても、女性に対しては良くないこと。「私のことに興味ないんだ」などと感じさせることになります。

男性は「脈があるかどうか」を気にするようですが、それが気になるのであれば、女性に好かれるような言動をすればいいのです。その1つが喜びを表現すること。面と向かっては恥ずかしくても、メールであればそれが少ないはず。メールで慣れていくといいでしょう。

恋人同士になってからも、メールは重要。毎日メール交換をしたい女性、しなくてもいい女性とさまざま。「“おはよう”“おやすみ”メールは絶対!」という
女の子もいるようです。

第229号 携帯は連絡だけのツール?

男友だちは元彼女とのメールは、業務連絡のみ。
「今週どうする?」
「土曜日の午後、行くね」
「了解」
のようなメールしかしなかったそうです。ラクでいいかもしれませんが、心が離れていくのも仕方ないかもしれません。
たまには、ドキッとさせるような感情が入った一言を入れるのも、関係を長続きさせるコツかもしれません。

2014年12月21日 嶋津典代

photo by Esther Vargas

関連記事

  1. 第22回 職場や学校以外で親しくなるコツ

  2. 第39回 女の子に自分を異性として意識させるには?

  3. 第60回 効果的にプレゼントしよう

  4. 第31回 プレゼントのススメ

  5. 第18回 距離を縮める会話術

  6. 第44回 残念な人と思われないために

  7. 第35回 スキンシップを意識する

  8. 第13回 言葉に敏感になろう

  9. 第54回 ネットで出会った子と仲良くなるには

人気記事

PICK UP記事

関連コンテンツ

最近の記事

PAGE TOP