注目の記事 PICK UP!

第1回 出会いを増やそう

素敵な彼女(彼氏)をつくるためには、出会いを増やすことです。「出会いがない」がなんていっている人は、モテないことを公言しているようなものです。何もしないで、いい女(男)と知り合えるわけがありません。積極的に行動することです。

第131号 出会いがない?

第245号 出会いをつくる
「恋人がほしい」「結婚したい」というときに、出会い系サイトから始める人が多いようですが、実際に会うまでに行かない人が多いようです。日常生活で女性と話していない男性が、メールだけで女性を会いたいという気持ちをさせることは、至難の業です。実際に女性と会い、話す機会を増やすほうが、会話の練習になりますし、いい女(男)と知り合いやすくなります。

出会いの場として、よく挙げられるのは、友だち・知人の紹介、飲み会・合コン、お見合いパーティなどです。合コンは、「合コンセッティング」で検索すると、男性グループと女性グループを引きあわせてくれる業者が見つかります。
お見合いパーティも、検索すれば多数出てきます。

私がおすすめしたいのは、こうした婚活ではなく、もっと自然な出会いです。
女性が多いスポーツサークルに加入したり、ひとり旅をしたりすること。

私は「ラビットカラテスクール」に通っています。男くさいイメージのある空手ですが、ここは女性が多いです。また毎月新しいメンバーが加わりますし、職場や学校のように稽古にいけば仲間と会えるので、楽しみながら汗を流しています。

ひとり旅では、沖縄の石垣島など八重山諸島はひとりで旅行する女性の比率が高く、民宿では「ゆんたく」と呼ばれる飲み会があり、宿泊者同士が親しくなりやすい場がつくられています。私は毎年一回訪れています。

さらに、おすすめなのが、日本大震災復興支援ボランティアツアーです。ボランティアのきっかけは何でもよく、自分の目で被災地を見て、感じることは大きな意味があります。ボランティアを必要としているところは、まだまだたくさんあります。「ボランティアツアー」で検索すれば、多数出てきます。大半の人がひとりで参加していますし、半分ぐらいは女性です。同じ作業をしますから、親しくなりやすい上、作業を見ていれば、その人の性格も判断できます。
ケータイのアドレス交換をお忘れなく。

大手旅行代理店が主催しているツアーであれば、ハードな肉体労働ということはないはずです。観光がセットになったものもあります。

私は現在、個人で福島へボランティアに行っていますが、最初はツアーに参加しました。2つのツアーに参加し、友だちになった人が何人もいます。ボランティアがきっかけでつき合っているカップルも知っています。(嶋津典代

2012年5月20日

関連記事

  1. 第299号 どんな女性が好きですか?

  2. 第295号 スマートな声のかけ方

  3. 第246号 いつでもデートできる?

  4. 第219号 うれしい誘い

  5. 第264号 友だちと行く場所、恋人と行く場所

  6. 第286号 「興味がないんだな」と感じる瞬間

  7. 第231号 いい男、いない!?

  8. 第331号 偶然のきっかけはない

  9. 第80回 喜ばれるデートのポイント3つ

人気記事

PICK UP記事

関連コンテンツ

最近の記事

PAGE TOP