注目の記事 PICK UP!

第61号 この人好きかもと感じる瞬間

こんにちは、かなこです。明日から12月ですね。
最近、某レモン味チューイングキャンディーにハマってます。
わたしはあまりあまーいものって好きじゃないんだけど、これは目をづぶりたくなるくらいすっぱくて好き。
カロリー気にしつつちょこちょこ食べてます。

こういうのって気分の切り替えになるからいいんだよね。

第61号 この人好きかもと感じる瞬間

「好き」のきっかけって、相手の自分に対する好意だったりすることって多いよね。好意っていっても、ほんの軽ーいものね。

で、なんか自分でもそういうところがあるし、ホントわかりやすすぎて笑っちゃうんだけど、一番わかりやすい好意って、「特別意識」だと思う。まあ、優越感みたいなものなのかな~。

「わたしだけ」とか「他より特別なんだ」っていうの、やっぱ気持いいもん。
そういうのが常に感じられると、なんか一緒にいるのが心地いいし、また会いたくなる。そうなったら、もう好きになってるもんね。

具体的にいうと、前に話したことを覚えてくれてたり、自分の好きなことをおぼえていてくれたり。自分がよくする話題に興味を持ってくれたり、自分(だけ)のために何かしてくれたり。

好きな子だったら、お酒が飲めるかどうかとか、嫌いなものは何か、好きなものが何かなんかは、絶対覚えておくべき。覚えてくれないで、いちいちいわなくちゃいけないようだと、ほんとにイヤになるもの。

「わたしだけ特別」なキモチにさせるには、かえって強がるばっかりじゃなくて、少し弱みを見せてもいいのかも。

苦手なこと、気にしていること、落ち込んだ原因。まぁ、あまりやりすぎるとただのグチっぽい人になっちゃうけどね。

特別意識をつつくのって、ほんとささいな気づかいいでできることなんだよね。
もてる人は、こういうのが上手いと思う。わたしもだまされないように気をつけなくっちゃw(かなこ)

特別意識を感じさせることが第一

「特別意識」は重要ですよね。いつもの仲間なのに、傍にいるのは、なぜかいつも彼。そのあと、彼からメールが来て、「今度2人で飲まない?」といわれて、「何が好き」「嫌いなものある?」などと聞かれる。当日、お店にいくと予約が入っている。

席につくと、「あっ、お豆腐好きだったよね」なんて、みんなとワイワイ飲んで話していたことを覚えている。料理がテープルに並ぶと、彼が小皿にとってくれ、生ビールがなくなりそうになったら、「次も生でいい?」と聞いてくれる。

男性は何もいわなくても、わかる。気づかいがある女性が好きですよね。女性も基本的には同じですが、言葉で表したあとに行動に示したほうがアピールします。女性にとって「聞かれる」=「気づかい」になるのです。

逆に、何も聞かないで男性が物事を決めると、無視された気分になります。だから二度と会いたくない。初デートのあと、「次はない」ケースです。

そして、肝心なのが2人の会話。
「オレって、実は……」という弱みを見せられると、女性は「この人のこと好きかも」と感じてしまう――。とくに、男っぽい男性が弱いところを見せると、たいがいの女性がころっといくのではないかしら。

外見とのギャプがあればあるほど、心にググッとくるのです。怖そうな顔をしているのに、子犬にやさしくしたとか――。これを心理学では「コントラスト効果」といいます。

逆に男性は、キャリアウーマンタイプの女性に甘えられると、男性は「守ってあげたい」という気持ちを刺激されますよね。

いまでは少なくなりましたが、いかにも“腰掛け”という女性に甘えられるよりも、ググッとくる確率は高くなるはずです。

加えて、子どものときの話も、好意のある人にしかいわないものなので、女性に「好き」と思わせるには効果的です。(嶋津典代

訓練訓練

女性に優しくすること、いつでも大切だよね。
でも、訓練なしでは、無理。

そもそも、男ってのは、だいたい飲み屋の場所を予約せずに、結構行き当たりばったりだし、食べたいものを、自分で頼むって感覚だし(^^;

だから、女性と接するときは、気づかいを意識して、心がけることが、必要なんだよ。

優しさって、行動して、相手に伝わるんだなぁ~。(山田咲道

関連記事

  1. 第445号 グチばっかりいってない?

  2. 第375号 今の自分をアピールしよう

  3. 第237号 元カノに戻るのは良い? 悪い?

  4. 第335号 出掛けるのが面倒になっていない?

  5. 第219号 うれしい誘い

  6. 第328号 軽い告白のすすめ

  7. 第230号 合コンでトクするのは誰?

  8. 第73号 ほめられたら、うれしいこと

  9. 第266号  知らない人に話しかけられる?

人気記事

PICK UP記事

関連コンテンツ

最近の記事

PAGE TOP