潜在意識で恋愛成就

♡二念を継がない。「考える」のはダンテだけでいい

今、好きな人と別れてる状況だと

 


「なんで、あんなこと言われちゃった(言っちゃった)んだろう?」
「どうして、こんなことになっちゃったんだろ?」

と、過去のあれこれから考え、分析することがあるんじゃないかな?と思うのですが……。

 

「なんで?」「どうして?」と原因や理由を見つけようとする姿勢は、そう思うことがそのまんま現実に反映されるから、いつまでも「なんで?」「どうして?」を繰り返すので堂々巡りになりやすいです。

 

これ、2つの意味でもったいないと思ってます。
ひとつは、

 

わざわざうまくいかなかった過去を「いま」引っ張り出してるから。

 

もうひとつは、

 

「なんで?」「どうして?」と思考を働かせることって、願望実現の観点から見ればまったくといっていいほど不要だからです。

 

二念を継がない

そもそもですよ。


「なんで?」
「どうして?」
って考えるのは、「エゴ」が納得したいからですよね。

 

「エゴ(自我)」って潜在意識話で決まって出てくる頻出ワードですが、めぐるは、究極的には「エゴ=思考」だと思っています。


もう少し言うと、

 

「エゴ=これまでの記憶や観念により半自動的に判断、解釈する思考」

 

かなと思ってます。

 

生きてる限り、エゴがなくなることはあり得ません。
いくらでも出てくるけれど、出てきたときに、それにわざわざ構わなきゃいいのです。

 

ベストセラーになったお坊さん小池龍之介さんの『考えない練習』という本も、タイトル通り、思考によって脳が暴走していくから、考えるのをやめる練習をすることをおすすめしています。

めぐるは、あるお坊さんに、

 

「二念を継がない」

 

ことを教わりました。


これも、『考えない練習』と同じです。

 

恋愛で言えば、「あの人から連絡が来ないなあ」という「一念」が出てくるでしょ。
それはかまわないけど、そのあとに

 

「なんで連絡くれなくなったんだろう?」
「あのときあんなこと言っちゃったからかな?」
「そもそも、ここ最近そっけなかったもんな……」

 

などなど、二念どころか、三念、四念……と際限なく出てくると=エゴ(思考)の暴走が始まる。
一念まではオッケーだけど、二念以降の雑念は考えないようにしようね、というのが「二念を継がない」という意味です。

 

要は「エゴ(思考)」が出てくるのはいいんだけど、「エゴ(思考)」を野放しにしてるとたいてい悪い方に暴走するから、「考えない練習しよ」「構うのやめよ」ってことなのです。

 

メリットのない思考は、いま、すっぱりやめる

とはいえ、今、お相手と別れてる人、つきあってはいるけどなんかうまくいってないなって人は、いとも簡単にエゴ(思考)にのまれちゃう人もいると思います。

 

「あの人、今どうしてるかな?」ってふと思ったら、そこから「秒」で

「もう1か月も音信不通だ」
「その間に、新しい人ができてたらどうしよう」
「早く取り戻さないととりかえしのつかないことになる」
「わたしから連絡して迷惑と思われたらどうしよう」

 

などなど、激しすぎる“妄想劇場”をスタートさせてしまいます。


実際、相手のことを推測や憶測を交えて考える時点で、それは「すべてが妄想」と言い切っていいのですが、妄想劇場だと頭では理解していても、エゴ(思考)が強すぎて、焦り、不安、恐怖が消えない! と言う人もいますよね。

 

でもね、ふつうに考えてみてほしいんですけど、

 

「もう1か月も音信不通だ」
「その間に、新しい人ができてたらどうしよう」
「早く取り戻さないととりかえしのつかないことになる」
「わたしから連絡して迷惑と思われたらどうしよう」

これらの思考って、自分にとってメリットありますかね?
まっったくないですよね?
まっったくないことをなんでわざわざ引っ張って不安になったり焦らなきゃなんないんでしょう? ちょっと腹立たしいですよね。 

 

でも、その腹立たしいことをしているのは他ならぬ自分なので、過去のイヤなことを「いま」引っ張り出して延々悪い妄想をする、未来の2人の不安を「いま」引っ張り出して延々妄想をするのはやめちゃっていいんじゃない? と思うのです。

 

今まで、自分にとってメリットのない思考をうっかりしてきちゃったなら、今から、すっぱりやめればいいだけです。

 

ダンテは幸せそうには見えない

ここまで言っても思考が止められないという人は、“思考至上主義”になってると思います。
というのも、めぐる自身がまさにそうだったのです。

 

イヤな気持ちになりながら、思考と縁が切れなかった。
それは「思考は素晴らしいもの」と思ってたからです。

 

めぐるの歴代彼氏はとにかくネアカで「今」しか見ない、よく考えたら潜在意識のお手本のような素晴らしい人たちだったんですけど、あまりに何も考えてないように見えたので「人間なんだから、もう少し考えればいいのに(悩めばいいのに)」といつも思ってたんですw

 

でもさ、自分が考えた「その思考」から悩んだり、苦しんだりって、ほんとに必要?

 

恋愛でうまくいってないと思ってる人が「思考」を始めると、いいこと、よりも、悪いことに意識が集中しちゃう人が多いと思うんですよ。

 

自分にとって不利益をもたらす「思考」なら、やっぱりいらないんですよ。

 

お相手と「復縁したい」人が、わざわざ「深刻」というタイトルの妄想劇場を「いま」創る必要性って、やっぱりないんですよ。

 

 

「考える人」はダンテだけでいいんです

 

 

ダンテ見てくださいよ。
めっちゃ深刻そうでしょ?
頬杖ついて、背中丸めて、どう見てもハッピーには見えないし。

 

「思考」って自動反応で出てくるものなので、これまで生きてきた経験や観念から「音信不通=もうおわり」と定義づけていた人は、実際に「音信不通」になったら、自動的に「嫌われた」「もうダメだ」「うまくいかない」と反応します。

 

 

でもこの自動反応って「単なるクセ」なので、その意味でもまずは、自分をハッピーにしない「その思考」を「いま」引っ張り出すのを「意識的にやめてみる」といいんじゃないかなと思うのです。

 

意識的にやめたら「単なるクセ」だから、いつしか「わざわざ悪く考えるクセ」はなくなっていきます。

 


誰かの心に少しでもあったかい灯がともったら嬉しいです♡

あっさりミラクルを起こしていきましょう♡

♡めぐる♡

-潜在意識で恋愛成就
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ほめ♡レン| 恋愛 復縁 潜在意識 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。