注目の記事 PICK UP!

占星術カウンセラー 真生の星よみ:宇宙の流れに乗ろう!

はじめまして!占星術カウンセラーの真生です。
みなさんが宇宙の流れに乗れるよう、定期的に星の情報をお伝えしていきます。
宇宙の大きなエネルギーを味方につけ、人生をより豊かなものにしていきましょう!

占星術カウンセラー 真生の星よみ:宇宙の流れに乗ろう!

全天体が2ヶ月間の順行中!


私たち人間は、無意識レベルで天体と繋がっています。
そのため、占星術の世界では人間のことを小宇宙とよんでいます。
占星術で使われるメジャーな天体(太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星・天王星・海王星・冥王星)すべてが、今、順行し、前を向いて進んでいます。
そして、この状況が3月9日の木星が逆行を開始するまで続くのです!
1月3日から順行期間に入っていますので、今の私たちを阻むものは何もありません。
物事がスムーズに運び、前進しやすい。悩んで立ち止まっている場合ではないのです。
ぜひ、この時期を有効活用してください!
例えば、やりたいと思っていたけど先延ばしにしていたこと、一気に進めたいプロジェクトの遂行…。今がその時です。
ただ、感謝の心を忘れてはいけません。
宇宙は愛の波動が高い人とシンクロしてくれます。
周りとの調和を大切にして、日々感謝の言葉をたくさん発しましょう!

逆行するとどうなるの…?


逆行すると言っても、本当に逆に進むわけではありません。
逆に進んでいるように”見えている”だけなんです。
では、天体が逆行すると、私たちにどう影響するのでしょうか?
例えば、情報伝達の星・水星が逆行すると、交通機関に影響が出たり、インターネットのトラブル・PCの故障、配達の遅延などが起こりやすいと言われています。
この時期は新しいことを始めたり、大きな契約を結んだりするのは避けた方が良さそうですね。
ただ悪いことばかりではなく、懐かしい友人にばったり会う可能性もありますよ!
逆行の時期を知ることで、早めに家を出て電車に乗ったり、余裕を持って郵便物を出したりと、色々と対処が出来るようになりますよね。
私たちは、宇宙の大きなエネルギーに影響を受けながら生きています。
月の引力で海の満ち引きがあるほどですから、このちっぽけな私たちが影響を受けて当たり前なのです。

私と占星術

私は昔から天体の影響を受けやすく、過去のトラウマに囚われてしまう時期があったり、すごく前向きになって活動的になったりしていました。
自分でもこんなに安定しない自分が嫌で不思議に思っていました。
自分の使命は何なのか、何に向いているのか、何が一番好きで何に一番興味があるのか…
自分でもよくわかりませんでした。
思い返せば、昔から宇宙について考えることが好きで、空を見上げてずっと月や星を見ているような子どもでした。
小さい頃から占いも大好きでしたが、特別な力もないので自分がその道に進もうとは夢にも思っていなかったわけです。
20代は病気をし、人間関係も上手くいかず、お手上げ状態。
30代になり、やっと身も心も安定してきたと実感し、ここからが私の人生だと意気込みましたが、やはり自分が何者なのかがわからず…人生に迷いに迷っていたその時に、占星術に出会いました。
占星術と言っても、12星座占いではありません。
占星術は奥が深く、6000年の歴史がありながらも、未だ解明出来ていない部分がある占星学という学問なのです。
自分のホロスコープ(出生図)を鑑定してもらったら、今までの疑問や行動が一気に腑に落ちて、自分を受け入れることが出来たんです。
私と同じように、辛い思いをしている人・どう生きていけばいいのか悩んでいる人の助けになるべく、占星術を学び始めました。

占星術でわかること

ホロスコープは、自分だけの唯一無二のものです。なぜなら、過去に一度でも天体がまったく同じ位置にいたことがないからです。
自分は何の目的を持って生まれてきたのか、今世をどう生きていきたいのかがわかります。
迷った時、悩んだ時、きっと自分のホロスコープが助けてくれますよ。
まずは自分を知ることが大切です!
これからも、進行中の星の情報や豆知識をお伝えしていきますのでお楽しみに!
占星術カウンセラー 真生

関連記事

  1. パーソナルシード解説!シード別の待ち合わせ

  2. 解説!パーソナルシードのセンターとは

  3. 2015年度人気バックナンバーベスト25

  4. 会社を辞める前にしておくといいこと5つ

  5. 漫画で歴史、にハマってます!

  6. 英語で自己紹介シリーズ.6 学生時代のこと

  7. パーソナルシードでも起業できる!?

  8. セミナー講師になりたい!講師で起業したい人にオススメ!パーソナルシードを教えよう!

  9. そもそもマインドフルネスって何?

人気記事

PICK UP記事

関連コンテンツ

最近の記事

PAGE TOP