注目の記事 PICK UP!

第267号 他人に興味ない?

こんにちは。かなこです。
映画のSEX AND THE CITYを観てきました!
実は私は今までのエピソードを知らず、登場人物の名前と性格をウェブで確認した程度だったのですが、楽しめました。

主人公たちのファッションも素敵だったし、パートナーへのあふれる愛情表現、女同士の友情……と引き込まれるように観ました。

「自分とは違うな~」と思ったのは、主人公たちの感情があまりに急降下、急上昇するところ。
「そこまでしなくって、いいんじゃない」とつい突っ込みたくなるくらい怒ったり、喜んだりの差が激しいんですよね。
だからこそ観ていて楽しいんですけど。

第267号 他人に興味ない?

話して楽しいと思う人は、自分の話に興味を持って聞いてくれる人ですよね。
皆さんは、会話が楽しくなると、自分のことばかり話していませんか?

初対面の男性で自分の話が多いと、女性は「この人、自分のことばっかり。あんまり私のことには興味ないみたい」と感じるんですよね。いくら長い間、話すことができても、なかなか親しくなれずに、少し距離を置かれてしまう……。
興味がないと思われたら、仲良くなれないのも当然ですよね。

話すことがあまり思いつかず、話を聞くことや女性との会話に慣れていなくて、結果的にそうなっている人も多いのではないかな。

それ以外に、「他人に興味ない?」と思うのは、このように感じる人たちです。
「黙っていてばかりで、話してもつまらないな」
「ずっとムスっとしていて愛想がないな」
「もっと話を盛り上げるのに、協力してくれてもいいのに」

最近、私は自分のことばかり話すのではなく、相手の職業や趣味について興味を持ったこと、話していておもしろいと思ったことを積極的に聞くように心がけています。

「話しておもしろいと思ったこと」というのは、たいてい自分の興味・関心のあることなんですよね。自分と興味・関心が合うと、もっと話したくなるし、仲良くなりたくなりますよね。

また、興味を持って相手の話を聞いていると、いいところ、すばらしいところが見つかります。それを伝え、ほめることができたら、もっと仲良くなりやすいのではないかなと思います。(かなこ)

話すのが好き? 聞くのが好き?

人間のタイプには、「話すのが好き」「聞くのが好き」の2種類あります。私は「聞くのが好き」なので、初対面のときには「話すのが好き」な人だとラクです。性別、年齢問わず「聞くのが好き」な人だと、私がインタビュアーになりやすく、仕事で取材しているようになって、けっこう疲れます。

ところが、親しくなると逆転して「話すのが好き」な人だと、聞いていることに疲れるんですね。会話に間がないことが多く、入りこむのが難しく、どうしても相手の話題に引きづられます。

「聞くのが好き」な人だと、親しくなるのに時間はかかることはあっても、聞く一方にはならずに、会話を楽しむことができます。

だぶん「聞くのが好き」な人は、知らないうちに、相槌や質問の仕方を磨いていると思うのです。「話すのが好き」な人は、相槌や質問の仕方がうまい人と話すと、それが楽しくて、さらに話したくなるのでしょう。

「話すのが好き」な男性、自分をアピールしたくて夢中で話しがちな男性は注意してくださいね。女性が聞いていることが多くなり、「私に興味ない?」と思われます。女性は気を許した男性ではないと、自分のことは話さない人が多いので、自己紹介はほどほどに。つき合うまでは、女性にできるだけ話させるように会話をリードしたほうが進展しやすいです。

トークを磨いている男性だと、絶妙なタイミングで、話を振ってきます。私が聞いている時間のほうが多いかなと感じる前に話題を転換したり、質問したりする。マッキーもそのひとり。意識していることはありますか?(嶋津典代

相手にたくさんしゃべらせるが勝ち

そうですねぇ、気をつけているのは、参加している人全員が楽しくコミュニケーションできているかどうかということ。

メンバーによっては、最初の口火を切って最初の話題を投げかけることもあります。あまり話をしてない人には「○×さんはどう思う?」などと名前を覚えて質問をするなど、できるだけ話してもらうような配慮を自然にしているみたいですね。

人間誰しも「自分のことや考えなどを話したい生き物」だそうですので、そういう原理原則を知ってからは、相手や参加者にどんどん話してもらうように心がけています。

とはいえ、話し好きの人もいて止まらない、やっと止まったかと思うとまたしゃべり出すような人がいた場合、ちょっとあいた間を活かして話題を変えつつ、他の人にしゃべってもらう機会を意図的につくることもあります。

恋愛でも仕事でも、まず相手やお客様の話をよく聞くことが大事だよね。要望やニーズを聞き出すことができれば、あとでいくらでも作戦が立てられます。

不思議なもので、ほとんど聞き役だったのに「今日は話していて、とっても楽しかった。また飲みながらお話ししましょう」と女性からいわれたことが何度もあるのよね。なんでだろ?(笑) (マッキー)

2008/11/11

 

関連記事

  1. 第8回 何を話していいのか分からない!?

  2. 第73回 女性との会話が続かない…を解決する3つのポイント

  3. 第53号 あなたのウリは何?

  4. 第154号 どんな風に慰める?

  5. 第72号 聞きたい話、聞きたくない話

  6. 第151号 敬語、使ってる?

  7. 第406号 話を最後まで聞こう

  8. 第424号 黙る勇気を持とう

  9. 第354号 上手な自己紹介をしよう

人気記事

PICK UP記事

関連コンテンツ

最近の記事

PAGE TOP