ほめて、叶える! 潜在意識で恋愛成就

♡ありえないことをされる人は、ありえないことをさせる人

こんにちは~。
本業の本の原稿がメタメタにやばいめぐるです。
異次元の忙しさ!!

でも、突然、「これ書かなきゃ!」ってナゾの使命感がやってきたので記しますね。

パートナーに「ありえないことされた!」「ありえないこと言われた」って怒ったりショゲたりしたことありませんか?
それ、実は、実は、実は、自分が“させていた”かも……っていうお話です。あわわわ。

ありえないことを、わたしが、させた!?

数か月前、友人に聞いたんです。
彼に「確実に子どもが産める年齢の子と一緒になりたい」と別れ話を切り出された……と(怒)
は? そんなやつこっちから願い下げ!と、つい思っちゃいますけどね。まあ、その後、結局くっついてラブラブになったので男女の仲って不思議…。彼女が幸せならそれでいいんですけどね!

わたしも思い返せばね、あるんですよ。
当時つきあってた彼とケンカしたとき、「めぐるの仕事は衣食住に関係ないだろ!」と言われたんですよね。
グサーっときましたね。
確かにわたしの「本を作る」という仕事は、生命に直結する衣食住じゃないよなあ。
でも、なんでそういうふうに言い方するんだろ、って思いました。

そして別な彼は、ケンカしたとき、わたしがお昼に一緒に食べようと思って作っていったサンドウィッチを車中の窓から投げ捨てました。ひどすぎる!(怒)泣いて抗議しましたよ。

これ、わたしにとっては、「ありえないことを言われた」「ありえないことをされた」になるんです。

「ありえないことされた」って、「浮気された」っていうのも上位に食い込みそうですよね。

でも……。
これ、心理学の観点からも、スピ的な観点からも、

「わたしが、させた」

になるんです。
今、いやなことされた、言われた渦中だとしたらめちゃ不快になるかもしれませんが、「すべての出来事は自分の心の中を映し出している」ってほんのちょっとだけ思ってみてください。

わたしは、ありえないことをされるぐらい価値がない

心理学用語では、「投影」とか「ミラーの法則」と言いますよね。
人生に起こる出来事の原因は、すべて自分の中にあるってやつです。

え? じゃあ、「子どもが産める年齢の子と一緒になりたい」って暴言をはかれたことはどうなるの? 
友達のほうが「子どもが産める年齢の子と一緒になって」って思ってたってこと?

んーと、「子どもが産めないかも」とか「子どもが産めなかったらどうしよう」ってどこかで思っていたとしたらその不安が的中するようなことを言われた……って見方もできますよね。
でも、それよりももうちょっと大きい視点で見て、心の奥底で「私は、ひどいことをされる人」っていう想いがどこかにあったら……?
ミラーの法則なら、ひどいことをされるようなことを言われたり、されたりが起こるということになります。
子ども云々の言葉は、ひどいことの一つで、それ以外にも、手を変え品を変え、ひどいことを言われたりされるシチュエーションがやってくる可能性があるということです。

わたしは思い当たるフシありますよ。
「ひどいことをされる人」って思ってたもん。
「私は、その程度の価値」みたいなナゾすぎる無価値感もどっぷりありました。

「浮気された」も同じだと思ってます。
「なんでわたしがこんな目に遭わなきゃいけないの?」→「わたしはそんなにひどいことされる人なの?」
「ひどいことされるわたし」が、「浮気される」という形で見事に証明されたのです。

ミラーの法則って、単純です。
これは、わたしの生きる根幹にある、「そう思うから、そうなる」にも通じる話だと思っています。
「価値がないわたしと思うから、価値がないと思うわたしにふさわしいことが起きる」ってことです。

ありえないことをさせる私。すべては自作自演!

「ありえないことをされる」が成立するためには、身近な相手に「ありえないことをさせる」必要があります。
違う言い方をすると、
「ありえないことをされる」を叶えるため、「ありえないことをさせる」のです。
「ありえないことをされる」わたしを叶えるため、「ありえないことをさせる」わたしがいるのです。

あれれれ?
そうなんです。
これって、完全に自作自演なんです。
相手にされた!!って思ってるけど、実は、自分がさせた!! 
そこに相手はいないんですよ。

だから、こういうときにがむしゃらに相手を変えようとしてもムダなんです。
だって、ミラーの法則ですからね。

ちょっと鏡を見てみてください。
いつもの自分の顔が映ってますよね。
おっと、鼻の下がかゆくなりました。
かいてください。

このとき、相手を変えようとする人は、鏡の中にいる自分の鼻の下をかこうとするわけです。
かけない!
すごい頑張ってかいてるのに、かけない!!
かゆい、かけない、かゆい、かけない!
なんのことはない、自分の鼻の下をただかけばいいだけだったのです。

ありえないことされた、ありえないこと言われた!!って憤ってる人は、相手を変えようとしても意味なさすぎることがわかるでしょうか。
なら、どうすればいいか。
自分の中にある、「ひどいことされるわたし」「ひどいことされるぐらい価値がないわたし」に目を向けてほしいんです。

「ひどいことされるわたしって思ってたんだね」って気づいてあげる
これで、終わりです。
その思いは役目を終えて消えていきます。

無価値な感覚がそんな簡単に消えるわけないだろーーーー!と思うかもしれませんが、消えるんですよね。

今日の話、一生懸命書いたけど、ちょっと感覚掴むのむずいだろうか。
わかってくれる人がいたら嬉しい♡  

♡めぐる♡

-ほめて、叶える!, 潜在意識で恋愛成就
-, , , , , , , , ,

Copyright© ほめ♡レン| 恋愛 復縁 潜在意識 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。