第72回 出会いを引き寄せる習慣を身に付けよう

恋愛したいといいつつ、仕事が忙しいとついつい後回しになってしまい、どんどん恋愛から遠のいている…なんていうことはないですか?
私は恋愛をしないといられないタイプですが、周りにはそうでもない人も多いです。恋愛がなくても毎日充実しているので、どんどん恋愛しなくなってしまうんですよね。

でも、恋愛と仕事ってすごく似ているところがあります。例えば営業スキルや交渉術などは、恋愛の初期に役立つ気がしませんか?
毎日充実すると仕事のやる気も上がります。仕事と恋愛は相乗効果がありますよ。
恋愛から遠のいているあなたも、積極的にいつでも恋愛スイッチにオンできるような習慣を身につけていきましょう!

出会いの場には積極的に参加する

出会いがないなら、出会いの場に参加していきましょう!
婚活パーティーだと億劫ならば、異業種交流会や語学など趣味のサークル、交流会に参加してみるのもおすすめです。
1人で参加するのが苦手な方も、思い切って1人での参加がおすすめ。知り合いといくと、つい知り合いと話し込んでしまいがちです。

5年前ぐらいから、私はパーティや異業種交流会などに積極的に参加するようになりました。でも、どうやって話しかけたらいいのかわからなかったんですね。
(中略)「『こんにちは』といって話しかければいいんだよ」と教わって以来、積極的になりました。第44号  最初は挨拶から

ここに書かれているように、まず「こんにちは」と声をかけてみましょう。
話しかけると、すんなり話せることのほうが多いですよ。

出会って早いうちに名前を呼べるようになる

知り合いになったら、名前で呼べるようになりましょう。これは慣れが大きいので積極的にいきましょう。

若いときには「かなちゃん」と呼ぶのは、恥ずかしいかもしれません。でも、親しくなりたいのであれば、名前で呼びましょうね。
ほめるのと同じく、決して女性には嫌われません。慣れれば恥ずかしくなくなります。(中略)紹介者がいないパーティなどで出会った場合、いきなり「かなちゃん」と呼ぶのは、なれなれしい人だと思われますので「かなちゃんと呼んでいいかな?」などと聞いてください。断る女性はまずいません。「もちろん」などといわれたあとに、「かなちゃん」と呼んでください。それだけで、好感度アップします。第76号 名前をいってね

 

ビジネスライクな交流会でも、年下の子や同年代のカジュアルな感じだったら、「名前呼び」はありなんじゃないかな?
ここでいっているように、名前で紹介されても、名字で呼ぶ男性は少なくないです。細かいことを気にせず「名前呼び」にチャレンジしてみてくださいね。気になるのであれば、上記のように「名前で呼んでもいい?」「なんて呼んだらいいかな?」と聞くようにするのもおすすめです。

 

メールやラインのやりとりを続けてみる

出会ったら、まずは連絡してやりとりしてみましょう。「メールする=付き合う、相手が好き」とは限りません。あまり難しく考えず、「今日はありがとう」とメールしてみましょう。

「お話できて楽しかったです。ゆっくり話せなかったので、また今度お茶でもいきませんか?」

これだけなら、デートなのかデートじゃないのかわからないですよね。そのくらいでやりとりをして、相手の反応をみるのもいいです。

まだ、仲良くなっていない相手をデートに誘うときは、メールや相手の質問などに丁寧に対応して、女の子の不安感や警戒心をほぐしてあげることがすごく大事。それが信用につながるの。信用できると思ったら、打ち解けるスピードもぐんと速くなるからね。第188号 信用されてる?

事務的なやりとりだけではなく、ここで書かれているように、食べ物が何が好きとか、どの辺によく遊びに行くの?などと聞いてみたり、相手に合わせてやりとりしてみましょう。

仕事に一生懸命で、時間がない女性だとそういうやりとりを嫌がる人も多いですが、20代だとメールの頻度ややりとりの内容で相手を判断したがる子もいます。メールでもある程度相手の傾向が出ますし、メールでだめなら会ってもだめ。義務的な意味ではなく、「この子は自分とあうかな?あわないかな?」と試してみるようなつもりでやり取りしてみるのもいいですよ。

 

深く考えずに食事に誘ってみる

良いなと思ったら、付き合うかどうかなどを深く考えすぎずに、まず食事に誘ってみましょう。一度デートしてみてあわないなと思ったらやめればいいだけ。友だちになるのもいいですし、そこからまた世界が広がるかもしれません。

食事してみると、女性ならではの価値観、喜ぶお店の傾向などが見えてきます。

飲食店の話題は、年齢によるところが大きいです。
20代の女の子だと、男性にカッコいい店へ連れていってもらえるだけでうれしいもの。
年齢を経るに従い、女性同士で行く店も増え、同世代のお酒を飲まない男性と比べると、女性のほうが詳しいことは珍しくありません。
年齢問わず女性にとって理想なのは、飲食店に詳しくて、会話も楽しく、店員さんとの対応がスマート、そしてご馳走してくれる男性。
第405号 知らないお店に連れてって

デートにいいお店を選ぶのは大変ですよね。雑誌やサイトなどでチェックしておいて、「ここ、良さそうだから行ってみたいんだけど、一緒に行かない?」などといって誘ってみるのもいいですよ。

付き合わないとデートしちゃいけないという決まりはありません。交流を広げるようなつもりで、軽くデートに誘ってみましょう。断られても、それならあまりつらくないです。そうしているうちに、いつの間にか恋人ができているかも?(かなこ)

関連記事

  1. 第59回 女性の好きな男性像を探ろう

  2. 第60回 効果的にプレゼントしよう

  3. 第26回 恋を進展させるワザ

  4. 第48回 ほめることに慣れよう

  5. 第62回 告白のベストタイミングを見分ける3つのポイント

  6. 第76回 好感度高く色気のある男性になろう

  7. 第22回 職場や学校以外で親しくなるコツ

  8. 第5回 「どこでもいい」のウソ

  9. 第68回 イベントシーズンに彼女と距離を縮めるために

人気記事

最近の記事

PAGE TOP