記事の詳細

つい、この前までは連絡がとれていたのに、いきなり連絡がつかなくなった。LINE(ライン)も返事が来ないし、スタンプも送ってくれない。どう思っているんだろう…。そんなふうに不安に思ったことはないですか?

音信不通になるには、必ず原因があります。そして、音信不通になる直前よりも、ある程度の期間で積み上げてきた原因があるケースが多いです。原因をパターン別にみていきましょう。

1)冷めた。連絡が面倒。距離を置きたい。別れたい

まだ仲良くなっていない状態なのか、お付き合いしているのかで多少状況は違いますが、ストレートに「距離をおきたい」というケースは多いのではないでしょうか。

好きな相手からのメールであれば、メールのやり取りが続くことは無条件にうれしいもの。でも、「好きでも嫌いでも……」という、これからが大事な段階の人であれば、逆効果になりやすいです。
第235号 質問メールが続くのは…

ここでいっているように、知り合って間もないときの質問メールや、「元気?今日は何をしていたの?」という毎日のお伺いメールは控えたほうがいいです。聞くなら、デートのときに話しながら聞くこと!メールで詳細をやりとりするのはかなりストレスだし、まだ好きになりきれていない男性に説明するには、時間がもったいないと感じてしまう人も多いのでは……。

男性は真剣かもしれませんが、女性にとって楽しい内容ではなく、どうでもいいやりとりを長々とするのは苦痛になります。メールで仲良くなるのは、かなり難易度が高いと覚えておきましょう。それよりも食事に誘って、いろいろ話したほうが親しくなれます。具体的なお誘いのメールなら、返事をくれるかもしれません。

お付き合いしているなら、メールが返ってこないことよりも、そもそも通常の相手の連絡頻度を見直してみてくださいね。相手と同じくらいのスタンスで連絡し合うことも大切です。

2)気を引きたい。駆け引きしたい

次は、駆け引きとしての無視です。いろいろな恋愛本やセミナーのなかで、彼の気を引くために連絡を絶つことをすすめるものが少なからずあります。本当は連絡したいけれど、好きになって欲しいために、それを真に受けてやってしまう人もいます。

自分に無関心になっていると感じると、女性は連絡を断つという手段を使います。1週間は、男の人にすれば、仕事に追われていると、あっという間に過ぎてしまうかもしれない。…略…「もう一度、あのころに戻りたい。戻れ!」と連絡を断つのです。
第158号 突然、連絡を断つ女

特に20代前半、30代でも恋愛経験の少ない女性や、女子校育ちなどで男性とあまりコミュニケーションした経験がない人がやりがちです。
そういう恋愛本には、連絡を経ってしばらくして、思い出したように連絡することが効果的と書かれていることが多いので、1週間くらいだったら待ってみるのもいいかもしれません。駆け引きをしたいのであれば、あなたのことが好きだということ。こちらからの連絡をするのであれば、
「体調悪いかな?お大事にね」
「何か気に障ることをしちゃったかな?」
「またあえるのを楽しみにしているよ」
など、気づかいの気持ちをいれるといいかもしれません。

3)本当に事情がある

最後は、本当に忙しい、携帯を壊したなどの事情があって返せない場合です。
先日、友だちに送ったメールなかなか返事が返ってこないなと思っていたら、旅行先で携帯をなくしたとのこと。それは返せませんよね!
ただ、これは見分けることができます。つながっているSNSで投稿しているかどうか、ちょっと見てみたらわかること。

彼氏や好きな男性から返事が返ってこないときに、彼がSNSにちゃっかり投稿。しかも、他の女の子のページでコメントをしていたのを見てしまうのは、かなりショックです。自分よりも、その他の多くの友人のほうを優先しているからです。
第432号 SNSには投稿しているのに…

もし、SNSには投稿しているのに、自分には返信をくれないようだったら、潔くほかの人にいくのも手です。あなたのことを大切にしてくれる人は、きっと他にいくらでもいますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。