記事の詳細

好きだな、付き合いたいなという女性がいても、男性は基本的には告白しないと先には進みません。
ただ、告白してどうなるかを考えると、「ドキドキして心配で告白なんて無理!今のままでいい!」と思ってしまう気持ちもわかります!

でも、その一歩を踏み出す勇気を出せば、「彼女とのもっともっと楽しい未来が待っている」と思えたら、ちょっと頑張ってみようかなという気持ちになりませんか?

男の人、特に若い人は、「イイ!」と思うと突進しちゃう人も多いのかもしれないけど、女の子はそうでもないです。見た目がどんなによくても、すぐにはなかなか好きになれない。友だちから、好きになるまでって、結構長いんですよー。
第80号 好きになる温度差

ここでいっているように、女性と男性では好きになるスピードが違います。女性の方が一般的にゆっくり好きになるので、告白はタイミングがとても大事です。タイミングさえつかめば、成功率は格段に上がりますよ〜!
では、タイミングを見分けるためのポイントを解説していきますね。

1)デートの回数

みんなで会うことが数回、次は2人だけで軽くお茶や食事に誘って、楽しいおしゃべりをすることが3回目…。
女性としては、「もうそろそろ、ハッキリしてくれるかな」と期待し始める頃ではないでしょうか。

男性もそうかもしれませんが、異性慣れしていない女性であれば、特に素直ではない可能性が高いです。
「うれしいな、好きだな」と思っても、ハッキリ言わないし、言えない。恋愛から遠ざかっていればいるほど、自分の気持ちに疎くなり、ドキドキする気持ちに戸惑ってしまうということもあるかもしれません。

基本的に女性は、1度目のデートをOKしてくれるのは、様子見。でもそのときに楽しくなかったら、2度目はないのが一般的。3回目をOKしてくれたら、好意を持ってくれている証拠。きっと告白してもうまくいくはずです。思い切ってチャレンジしてみましょう!

ちなみに、3回もデートしているのに、告白してうまくいかないようなら、本当に友だちと思っているか、ただご飯をごちそうしてくれる人と思っているか、何か他の目的があるのかも。どちらにしても別の人に行ったほうがいいかもしれません。

2)LINE(ライン)の返事はスタンプよりメッセージで返ってくることが多い。相手からメッセージが来る

逆に言えば、好意を持っていない相手に対して、スタンプだけで返答する女性が多いということです。
一般的に、女性は基本的に嫌われるのが嫌いなので、好きではない相手にも嫌いと言わずに、なあなあにしようとします。もしくは「空気を読んでくれて、離れていってくれたらいいな」と思っています。だから、相手には余計わかりにくいんですね。

メールよりラインが一般的になってきて、便利だなと思うことは、「この人嫌だな、面倒だな」と思っても、スタンプを送るだけなら簡単だし、送られた側もそんなに嫌な気はしません。面倒な相手に対して、スタンプを適当に送ってごまかした経験がある方も多いのではないでしょうか。

女の子がとても気にするのが「好かれているかどうか」。「控え目が美徳」と考える女性は、自分が好きか嫌いかよりも、嫌われないことを気にしています。第129号 嫌われるのが怖い?

本当に気になっている相手であれば、スタンプひとつよりも、いろいろ相手のことを知りたいはず。メッセージのやりとりができていて、返事だけではなく、女性発信のメッセージがくるようになっていれば、大分確率は高いです。

3)会っているときにこれからの恋愛の話ができている

そもそも3回のデートが、彼氏候補として会っているのか、ただの友達として会っているのかでは、その先の進み具合が全然違います。ぜひ、3回目のデートの前までに、恋愛や結婚、どんな彼/彼女が欲しいと思っているかなど、分かってあげられるといいですね。

男性は一目ぼれが多く、好きになるのが早いから、初対面のときに気に入ったことを話しておくと、その後がスムーズ。合コンやパーティなど出会いの場では、初対面のときが勝負です。女性は男性の好意を感じたあとに、その男性を気になり、好きになることが多いので、男性は女性の脈があるかどうかは気にせずに、自分の気持ちを素直に表現して、デートに誘って反応を見るのがおすすめです。
第308号 上手な告白の仕方

今までの恋愛を話すのもいいですが、ここで嶋津さんがいっているように、初対面で「かわいいね!」など好意を示す言葉をいっておくと、その後が楽です!ホントにタイプじゃない人に言われたら、警戒するので、デートの誘いも断っちゃいますしね。好きな感じの人にいわれたら、うれしくてテンションが上がります。初対面はお互い緊張しているけれど、頑張ってほめてあげると翌日、喜んでくれると思いますよ!

「前の彼はこんな感じだったんだ〜」
「なるほどね〜。今度はどんな彼がいいの〜?」

こういう感じで、男性が女の子の好みを聞いてみるのもいいです。それが自分とある程度当てはまっていれば、「あれ?それって俺のこと?」なんて軽めにいってみて。案外サクッと付き合えちゃうかもですよ。

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。