記事の詳細

プレゼントに何を選ぶか
プレゼントに何を選ぶかは、相手との距離感で変わってきます。知り合って間もないときは、前回も書いたおすそ分け程度がおすすめです。
第60回 効果的にプレゼントしよう
そういう時期をすぎて、手をつなぐぐらいの関係になったら、「あなたのためのプレゼント」として贈ると効果的。次に進みやすくなります。

女性との距離を縮めるのにプレゼントは有効ですが、つき合っているのか、いないのかによって商品選びは異なってきます。高価なプレゼントは妻や彼女には喜ばれても、つき合ってもいない女性に贈っても、驚かれたり、警戒心を持たれたりするだけ。距離を縮めるどころか、喜ばれることはないといっていいでしょう。

第31回 プレゼントのススメ

こちらの号にもおすすめのプレゼントがいくつか書いてあります。

使ってなくなるものでいうと、紅茶やハーブティ、パーソナルケア製品がいいでしょう。紅茶なら、マリアージュ・フレールといった有名店のものは、ものによってすごく高くてびっくりしますが、もらうととてもうれしいプレゼントの一つです。シャンプーや化粧品はこだわりがある女性が多いと思うので、プレゼントは避けたほうが無難。バブルバスやバスソルト、バスオイルなど、いろいろな種類を試せるものがいいでしょう。また、香りは本物のエッセンシャルオイルでないと安っぽい香りがしてしまうので、オーガニック系のものがおすすめですよ。お菓子でもいいと思いますが、女の子がダイエットしているかもしれないので、短期間で食べなくて済む、日持ちするものを選んでくださいね。

参考:マリアージュ・フレール:紅茶 ロンネフェルト:ハーブティ、紅茶 ルピシア:ハーブティ、紅茶 ヨックモック:クッキー オーガニック系バブルバス  アロマ系バスオイル オーガニック系アロマキャンドル
オーガニック系メイクパレット

何が好きなのか、好みのリサーチを

消費してなくならないものをプレゼントするのなら、事前のリサーチは必須です。ものにこだわりがある女性だと、気に入らなくて使ってくれないということとにもなります。一方、気に入ってもらえれば、それを使うことであなたのことを思い出すきっかけになりやすいでしょう。

(女性同士では)ひとりが一方的に決めるということはありません。お互いに希望を出し合い、合意のうえで、行動をともにします。好みを聞かれないで、男性が一方的に決めるのは、特別扱いされていない気がするのです。…略…好みと合致していれば非常にうれしいのですが、“にわか仕込み”だと失敗しやすいといえます。

第78号 好みを聞かれるのは、うれしい

恋愛コンサルタントが、女性向けにオススメなプレゼントとして、いくつか挙げていた中に、スワロフスキー社のボールペンがありました。5000円程度のボールペンは自分ではなかなか買いづらいけれど、もらったらうれしいし、何本あっても困らない。しかも、使うときにプレゼントしてくれた人のことを思い出す。ということで、かなりいい線をいっています。

ただ難点といえるのが、スワロフスキー社のボールペンは、シンプルなものから、ギラギラの凝ったデザインのものまで幅広いこと。私はシンプルなものが好きなので、いくらボールペンでもあまりギラギラしたものは持ちたくない派。それに余計なものを持ちたくないミニマリストなので、気に入らなくて、そんなに好きでない人からもらったものなら、使わないかもしれません。

いずれにせよ、「これで間違いない!」というプレゼントを選ぶには、本人に聞くのが一番です。「プレゼントをあげるため」ではなく、「どういうものが好き?」「どういう目線でモノ選びをしているの?」など、聞いてみてしょう。こだわりがある女性であればあるほど、喜んでたくさん話してくれるはずです。

値段が手ごろのものでは、今治タオルのタオルハンカチなどもおすすめです。可愛い柄がたくさんあるし、普段使うものなので、きっと使うたびにあなたの顔が思い浮かぶはず!(笑)

参考:スワロフスキー社 今治タオル

彼女がしてほしいプレゼントのタイミングを見つけよう

一番喜ばせられるのは、相手が頻繁にやることをやり返すことです。…略…誕生日やバレンタインデーといった特別な日以外にもプレゼントを贈られていれば、同じことをする。どんな人を紹介しようが、安いプレゼントであろうが関係ありません。その行為自体に愛情を感じられ、うれしいのです。

第22号 オンナノコが喜ぶ言動って?

プレゼントに何を選ぶのほかで、ポイントなのは「いつ渡すか」。彼女がどんなタイミングでプレゼントを普段しているのか、お土産や何かのお礼やお返しをしている人ならそのタイミングなど、観察してみてください。彼女がやっているタイミングでそれができると、自分と同じ感覚がわかってくれたんだなと思って、なお一層うれしくなるはずです。(かなこ)

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。