記事の詳細

第36回 気軽な誘いのススメ

ここ数年、本サイトの「人気バックナンバー ベスト25」で、毎回上位に入っ
ているのがこれです。

第248号 脈があるかどうか、気になる?

男性が女性を誘うときに、脈ありの有無を考えて、あれこれ悩む人が多いとい
うことでしょう。異性を誘うときには、相手の反応が気になって仕方がないの
かもしれません。

それこそ、ここでマッキーが書いているように「誘うのは挨拶代わり」ぐらい
の心構えでも、悪くありません。なぜかというと、誘っても断られることがあ
るからです。どんなにうまく誘っても、断られることはあります。そのため、
相手の気持ちがわからなくて、悩んでいるくらいならば、誘って確かめたほう
が早いのです。

最初のうちは断られるのが怖い、断られると傷つくかもしれません。しかし、
日ごろから誘っていれば、断わられても気にならなくなります。精神的に強く
なれば、「次に行こう、次」という前向きな考え方ができるようになります。

重要なのは、誘うときに脈があるかどうかを気にするよりも、食事の当日どの
ように楽しませようかを考えること。男性は自分の話で女性を楽しませようと
考えがちですが、これだと次がなくなりやすいです。相手に話してもらうこと
を考えましょう。いずれにしても誘うことは、関係をつくる第一歩にすぎませ
ん。重く考えないことです。

ところで、会うよりもメールのほうが簡単で、面倒がないと思う人が多いよう
ですが、メールで何度もやりとりするよりも誘ったほうが早いし、好意は伝わ
りやすくなります。誘う側は「気があること」が相手に伝わったほうが前進し
やすくなります。

第358号 メールはそこそこに、とにかく会う!

繰り返しになりますが、誘って終わりではなく、会っている時間をどうつくる
かのほうが大切です。共有した時間をお互いに楽しむことがなければ、次はあ
りません。二度目に誘って断られることもあれば、二度と誘わないかもしれま
せん。

私は性別関係なく、サシで会って飲みながら話すのが好きなので、誘ったり、
誘われたりしますが、脈の有無などまったく考えません。誘うときには「飲み
に行かない?」と使っています。飲食店はあらかじめ決めておいて、お店で待
ち合わせをします。

誘われるときには「ご飯に行こう」が最近増えているような気がします。「飲
みに行く」では、お酒を飲まない人だと抵抗感があるようです。

第228号 お誘いの裏に何が見える?

知り合って間もない関係だと、シンプルに「ご飯に行こう」では、「どうして
私を誘うの?」といった疑問を抱きやすいため、「~だから」「~だけど」な
ど、理由をつけるのがおすすめです。

ここでかなちゃんが書いているような
「新宿においしいお店を見つけたら、行かない? この前よく帰りがけに新宿
に行くっていっていたから^^お返事待ってます」とか、
「恵比寿で農家レストランを見つけたんだけど、ご一緒しませんか?」
といった誘いがいいでしょう。以下もご参考に。

第304号 お誘いは具体的に

2015年4月20日 嶋津典代

photo by Scott

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る