第35回 スキンシップを意識する

第35回 スキンシップを意識する

アメリカでは、友だちと会ったときや別れるときに、ハグしたり、頬にキスしたりするのに、日本ではこういう挨拶はありません。
別れるときに「またね~」と手を振るぐらい。

恋人がいれば手をつなぐ、小さな子どもがいるお父さんであれば、抱っこしたり、ひざに乗せたりすることは日常茶飯事です。
触れ合うことで安心したり、くつろいだりできるのに、恋人がいない独身男性だと、スキンシップをすることが、非常に少なくなります。

セクハラといわれるのが怖くて、好きな女性にも一歩踏み込めないという男性もいるかもしれません。

第149号 それもセクハラです

しかし、2~3回デートしているのに世間話ばかりで、何もほめないし、口説かない。
手もつないでこないとなると、「この人は私のことを好きではないんだわ」と女性は思い、友だちとしてつき合うか、自然消滅になります。

第50号 男友だちと彼氏の違い

会っているだけでは、2人の距離は縮まりません。何度も会っているから、つき合いに発展するということは、皆無。
受け身の女性が多いため、一般的に男性からのアクションが必要になるのです。

第186号 女が一番嫌がること

スキンシップは、お互いの仲を深めるきっかけになります。
関係を深めるため、デートしているときに肩を触ったり、二の腕を触ったりする男性もいるようですが、ボディタッチだけでは、女性は戸惑うだけ。
何もいわずに触るのは、子どもっぽい行動です。

大人の男性ならば、帰り際に「階段、気をつけて」と手をつなぐ。「次の店も考えてあるんだ。こっちだよ」といって手をつなぐ。
食事した店を出るときに、言葉をかけながら手をつなぐのは自然であり、女性にも受け入れられやすくなります。何もいわずに触るのと比べて、紳士的ですよね。

第187号  スキンシップの印象

食事するときには、対面の席ではなく、肩やひじなどが当たりやすい横並びの席やL字型の席を選んでおく。
店の中で触れ合っておけば、店を出るときに手をつなぐこともスムーズにできるはずです。

LoveLoveメール必勝法
大人のためのネット恋愛講座
第46回 座る位置で親密度を演出する

ボディタッチをするのも、気持ちを伝えるのも、徐々に行うことがポイントです。
少しずつ距離を縮めていくことで、女性は安心しますし、抵抗感も少なくなります。
「この人に好かれているかも」思っているうちに、いつの間にか好きになっている、という女性はとても多いです。

第384号 口説きのメリットを知る

最後に、「いい人」と思われる男性に、おすすめの方法があります。それはデートの別れ際、「今日はありがとう。次も楽しみにしているね」といいながら、握手を求めるのです。
握手を拒む人はほとんどいませんし、気に入っていることや、次のデートをほのめかすこともできて、効果的。
女性をドキっとさせることができるはずです。ぜひ試してみて!

2015年3月20日 嶋津典代

photo by Michael Coghlan

関連記事

  1. 第27回 女性をドキッとさせよう

  2. 第11回 デートの待ち合わせ

  3. 第79回 彼氏がいる子を好きになったらどうする?

  4. 第5回 「どこでもいい」のウソ

  5. 第62回 告白のベストタイミングを見分ける3つのポイント

  6. 第58回 付き合いはじめに気をつけたいこと

  7. 第45回 「気になっている」合図を受け取って

  8. 第18回 距離を縮める会話術

  9. 第64回 初めてのデートで女の子に喜ばれるポイント

人気記事

最近の記事

PAGE TOP