第30回 きちんとプロセスを踏もう

第30回 きちんとプロセスを踏もう

モテる男性とモテない男性の違いは、マメかどうかが大きいけれど、女性の考
えていることが読み取れるのかということもかなり影響します。男性と女性で
は反応の仕方が違うので、「女って、わからない」ということになりがち。

第244号 女の子の特有な表現

女性に慣れている男性のほうが有利です。特に、お姉さんがいる弟。幼いころ
から、お姉さんのうれしいときや喜んでいるときの反応を見ていますから、意
識しなくても女心がわかりますし、女性を喜ばせることもうまいのでモテます。

男兄弟ばかりの男性や、男性ばかりの職場にいる男性よりも、自然に女性と接
することができるはずです。

女性に慣れていない人がよくやりがちなのが、強引にすること。たとえば、親
しくないのに突然電話して、いきなり誘う。いきなり告白する。いきなり高価
なプレゼントをする……。ただし、女性に嫌われることを恐れていると、行動
を起こせなくなります。

第225号 いい人はどうでもいい人?

女性が男性に声をかけたり、誘ったりすることはめったにないことなので、男
性は行動を起こすことが重要です。そのときに意識することは、少しずつ距離
を縮めていくこと。徐々に行うということです。

第220号 「好き」と「好かれている」の違い

これを読んで面倒くさいと感じた人は、玉砕覚悟で告白するのも手ではありま
すが、「少しずつ距離を縮める=きちんとプロセスを踏む」ということなので
す。初対面のときから馴れ馴れしく触れたりすることは、女性のガードを高く
します。

その一方、「ボディタッチ→手を握る→腰に手を回す→抱き寄せてキス…」と
いったプロセスを踏んでいれば、嫌われることはありません。いきなりボディ
タッチは、ダメですよ。

第149号 それもセクハラです

数時間話して、女性がよく笑ったり、自分のことを話していたりいたら、嫌わ
れていないサイン。「自分のことが好きかもしれない」と考えていいでしょう。

女性は愛想笑いをすることも多いので、カギとなるのは「私は○○なの」など
と、「私は」「私の」などの話を女性がしているかどうか。女性は警戒心が強
いので、嫌いな男性、親しくない男性には、自分のことは話さないものです。

第135号 女性の警戒心

女性の「私・私トーク」が多ければ、次のデートを誘っても、断られないはず
ですし、「だよね」などといって、女性の肩や腕にボディタッチするのは、恋
愛のいいきっかけになります。肩に手を触れたときに、女性がイヤそうでなけ
れば、手をつなげます。

第187号  スキンシップの印象

慣れないと恥ずかしいかもしれませんが、勇気を出してチャレンジを。デート
で食事するときには、テーブル席よりも、肩などが触れやすくなるカウンター
に座るのがおすすめです。

もし抵抗があるようなら、カップルの観察をしてみるのがいいかもしれません。
ラブラブなカップルは、触れあっていることが多いものです。親しい同性の友
人同士も結構ボディタッチをしています。

2014年10月20日 嶋津典代

photo by electricnude

関連記事

  1. 第16回 うまくリードできる?

  2. 第26回 恋を進展させるワザ

  3. 第46回 自分を最大限に活かす服装をしよう

  4. 第64回 初めてのデートで女の子に喜ばれるポイント

  5. 第41回 理想どおりの恋人と出会う方法

  6. 第42回 自分の感情に敏感になろう

  7. 第9回 自分のことを語れば語るほど興味を失う

  8. 第43回 学校、職場以外の友だちっている?

  9. 第54回 ネットで出会った子と仲良くなるには

人気記事

最近の記事

PAGE TOP