記事の詳細

第21回 男性は恥ずかしがらない!?

「女性と目を合わせて会話をしない」
「パーティなどで女性に声をかけられない」

こういう男性は、いまだと「恥ずかしいから」「照れているから」「緊張して
いるから」「慣れていないから」などだと理解できます。私がパーティの幹事
をしていたときには、ひとりでいる男性がいたら、声をかけて会話の輪の中に
入れたり、知人の女性を紹介したりしてきました。

しかし、20代のときには、女性に対して恥ずかしいと思う男性がいるなど知り
ませんでした。男性は堂々としていて、女性をカッコよくエスコートしてくれ
る。そして、好きな女性には「好き」「つき合ってください」というものだと
思い込んでいたのです。私が少女マンガを読んでいたときに登場するのはそう
いう男性ばかりでしたから、刷り込まれていたんですね。

そのため、合コンや飲み会のときに、隣に座った男性が私に話しかけないのは
「私に興味がないから」「好みではないから」だと感じていました。特に若い
女の子はこのように考えがちです。年齢問わず、こういう女性のほうが多数派
だと予想します。

男性と2人で会ったときに、「男性は緊張してるみたいだから、私が会話を盛
り上げなければ」なんて女性は考えません。「私は好みではないのね」、ある
いは「つまんないな。早く帰りたい」と愛想笑いを浮かべながら、その場を耐
え、二度と会わないということになりがちです。

第42号 女性に慣れているヒトが好き・会話編

第43号 女性に慣れているヒトが好き・行動編

第59号 女性に慣れている人が好き・職業

男性が恥ずかしがったり、緊張していたら、女性に好かれません。嫌われるだ
け。好きな女性に好かれたいのであれば、上記のバックナンバーにあるように
女性が喜ぶことを行えばいいのです。

好みのタイプの女性を目の前にすると、恥ずかしくて目を合わせて会話できな
かったり、冷たい態度をとったりする男性であれば、ルックスがいまいちの女
性とつき合うというのも、女性に慣れるという意味では悪くないでしょう。女
心を勉強させてもらうのです。ただし、女性には冷たくしないで、やさしく接
してくださいね。

慣れるということでは、女性が多く参加する料理教室や陶芸教室、1日バスツ
アーなどに参加して会話をするのも有効です。若い子でもオバサンでも、初対
面の男性と話す内容には、ほとんど差がありません。オバサンだと気軽に話を
してくれますから、特に「女性と話していない」という男性や、女性と何を話
してわからないという人にはおすすめであり、デートの練習に最適です。

最後に最近気づいたことで、女性と会話するのに慣れていない男性の言動につ
いて触れます。名刺交換をしたときに、女性の名刺の裏表をじっくりと見てい
て、なかなか話さない男性って少なくないのです。

たぶん名刺をじっと見るのは雑談ネタを探しているからだと思うのですが、名
刺からそれが見つからなければ、目の前にいる女性の洋服やネイル、アクセサ
リー、バッグなどを見たほうが話のネタは見つかりやすいのに、それをしない
で名刺を見続けているのです。

たとえば、持っているバッグと着ているカーティガンがピンク色ならば「ピン
クがお好きなんですね」、あるいは「素敵なネイルですね」などといえます。
恥ずかしがっていたら、こういうことはいえませんよね。さらりといえる男性
のほうが好感度は高いです。

2014年1月20日 嶋津典代

photo by Matthias Ripp

関連記事

ページ上部へ戻る