記事の詳細

第13回 言葉に敏感になろう

 

男性は相手の言葉をそのまま受け取るのに対し、女性は相手の言葉から、さまざま
な推測をします。例えば、恋人と出掛けたときに、彼氏が「スタイルいいよな、あの女」
と言うと、彼女は「私は太っているから、やっぱり彼は不満なんだわ」などと思いがち
です。

それゆえ、男性に慣れていない女性は、男性の言葉に敏感(裏を探ろうとする、男性
が単に言っただけということがわからない)、女性に慣れていない男性は言葉を選ば
ない(女性は言われた言葉で傷つくことがわからない)傾向にあります。その性差を
わかりやすく解説しているのが、これです。

LoveLoveメール必勝法
大人のためのネット恋愛講座

第9回 ひと言の重みを知ろう

女性視点で見ると、このコラムで最も大切なのは「女性は、たった1行のメールから、
時としては接続詞から、いろいろなイメージを浮かべるほど感性豊かです」。
では、どのようにいろいろなイメージするのかを見てみましょう。

第191号 もらってうれしいメール

第98号 外見に自信がないの

第148号 ほめられますか?

第196号 女は気まぐれ?

第202号 私のこと好き?

この5本からわかることは、女性はほめられると男性から「好かれている」と感じ、けな
されたり、体型のことを言われたりすると「好かれてない」と感じるということ。表現を変
えると、次のようなことになります。

男性が彼女のことを気に入っているからメールを5回送ったとしても、内容が「好かれ
てない」と彼女が感じたとしたら、1回のメールで「好かれている」と彼女に感じさせた
男性のほうが好かれるということ。

言葉の力は非常に重要であり、男性視点でいうと、言葉に弱いのが女性なのです。逆
にいえば、外見が普通以下でも、女性を言葉で喜ばせることができればモテるのです。
モテたいのであれば、女性を喜ばせることです。「ほめ言葉」は喜ばせることができま
す。女性も男性も、喜ばせてくれる人には弱いです。絶対に嫌いにはなりません。

ほめ言葉は学ぶことができます。学んだほめ言葉は、リアルでは恥ずかしくても、ネッ
トで試すことができます。効果があることがわかったら、リアルでも自信をもって言える
ようになった――。冒頭に出した「大人のためのネット恋愛講座」を執筆していた岩崎り
んたろうさんは、そのように言っていました。

言葉を学ぶには、『ほめ言葉ハンドブック 』(本間正人・祐川京子著、PHP)『できる大人
のモノの言い方大全
』(話題の達人倶楽部編、青春出版社)などがおすすめです。

2013年5月20日 嶋津典代
photo byRCabanilla

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る