記事の詳細

こんにちは、かなこです。
CMで有名な某洗顔料を使ってみたら、
なんだか最近顔がひりひりします。

私はあまり敏感肌ではないと思っていたので、
「普通」に売られているもので、こんなに違うものかとびっくり。

この間は酔っ払ってないのに「顔が赤いよ、酔ってるの?」と
いわれてしまいました。洗顔は基本だし、気をつけなくちゃ。
男の子も、体洗う石鹸で顔を洗うのはダメですよーw

第84号 まずは女の子の観察

いいな、と思う子がいたら、次にどうしてる?

いきなり声をかけたい衝動はこらえて、ちょっとその子を観察。何を着ている
か、その服はどういう感じか、アクセサリーはつけているか、髪形はどうか、
表情はどうかなど、ちょっと見るだけでもその子に関する情報はたくさん入っ
てくるよね。

でも、外見じゃなくて、その子がどういう行動をしているかに気づけると、す
ごくいいのです。

ちょっと観察して気がついた彼女の行動を、「***、いいねー」と軽くほめ
てあげると、すっごく好感度上がります。たとえば、

「いろんな人と積極的に話しているよね」
「的確なアドバイスしているよね」

こんな感じ……。そうすると、女の子は「この人、私のこと見ていてくれたん
だ!」と思って好印象の可能性大です。相手からの好意もすごく感じるし、ほ
められると素直にうれしいしね。

女の子を観察できるようになると、いろいろ気づくことも増えると思うのね。
外見ならば
「この子は今日はメイクが濃いみたいだな」
「この子は黒い服を着ていることが多いな」とか。

行動だと、
「この子は初めての場だと緊張するのかな」
「この子はいつもちょっとしゃべりすぎるな」とか。

そういうのに気づける人は、素敵です。簡単なようで、できる人はなかなかい
ないんだよね。いつも観察していないと、なかなか気づけない。普段の生活の
中で感覚を磨いていきたいものですね。(かなこ)

ほめるには、観察を

昨年8月の第1回オフ会の翌日、幹事としての私の行動を見て、その感想をメ
ールで送ってくれた男性が2人いました。感激しました。

ひとりは山田さんの友人で、以前から山田さんからお聞きしていましたが、お
会いするのははじめて。オフ会ではちょっと話しただけだったのに、見ていて
くれたのが、うれしかったです。

もうひとりは、ある会の仲間で、何度か会っているうちに「親しくなりたいな」
と思い、オフ会にお誘いしました。すぐに参加申し込みをしてくれ、当日は二
次会まで。おおらかな方で、かなちゃんをはじめ私の友だちとも、すぐに打ち
解けていました。

2人とも40代後半で余裕が感じられます。女性に慣れていて、喜ぶことをいっ
てくれるわけです。

「どう見られているのか?」と自分のことが気になる人は、なかなか他人を観
察できません。観察できないと、ほめることもできないのですね。

「髪切ったんだね。似合うよ~」
「黒もよかったけど、ピンクの服も似合うね」
「ヴィトン、好きなんだね」
など、すべて観察していなければ、いえないことです。

また、観察できない人は、自分中心の話題になりがちです。そして、相手がつ
まらなそうな顔をしていても気がつかないで、ひとりでしゃべりまくり……。

でも、「いいな~」と思う人がいれば、無意識のうちに目で追っかけているは
ずです。目から得た情報を本人に伝えるだけ、ほめ言葉になります。

ほめ言葉は、人との関係を強くします。観察して、気がついたことを素直に言
葉にする。それが人の心をつかむのです。女性もどんどん男性をほめてね。

山田さん、女の子の好きなブランドにも詳しいし、よく観察していますよね。
昔からそうだったんですか?(嶋津典代

根性です!

ほめるってのは、なかなか根性いるんだよなぁ~。
シャイなおいらは、昔は全然ダメ。
だから、モテなかったんだね(T^T)

会ったとき、
一番最初に、ほめるのがオススメ。
会う前の心の準備と、そして観察が大切。

「髪切ったね」とか、
さりげなく自然に、ちょっとほめるのが、コツだよ。

愛読書は『JJ』、おかしいかなぁ~。(咲道

photo by Vince Speelman

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。