記事の詳細

こんにちは。かなこです。
最近、エンジェルカードをよく使ってます。
悩んでいることや困っていることに意識を集中させてカードを引くと、自分に必要な答えがわかるというもの。

最初は信じられなかったけど、的を得た答えが出たり、一日のうちに何度も引いても、何度も同じカードが出たりするんですよ。

第430号 男女差のある(笑)

メールを書くときに、「(笑)」は使いますか? 顔文字や絵文字には抵抗があるけど、(笑)は使うという方、多いんじゃないかしら。これが入ることで、文章のみよりも印象が柔らかくなる気がします。ただ、たまに「どうしてここに(笑)が入るんだろう?」と不思議に思うこともあります。笑うどころか、ちょっとイラっとしてしまうときもあります。

「渋谷でいいですよ。店は全然知りませんけど(笑)」
この(笑)は、単なる照れ笑い、もしくは苦笑のつもりなのかもしれないですが、「お店を知らないから探しておいて」と暗に命令されている気がして、ちょっと嫌な印象を受けます。まだ(笑)がない方がましかな。あると、すごく上から目線な印象を受けるんですよね。

「ぜひ、お会いしていろいろ話したいです♪ 飲みながら(笑)」
これも2人きりという緊張感を和らげようと気づかってくれたのかもしれません。でも(笑)があることで飲んだ後のことをいろいろ画策しているみたいな感じがして、下心を感じます。もうお互いがわかりあっている2人なら、ともかく、はじめてのデートのお誘いメールにはあまりよくないのではないかな。

「体育会系にあまりお洒落なことは期待しないでくださいね(笑)」
はじめて会う前に、こんなメールが来てしまったら、読んでいてなんだか気持ちが萎えます。(笑)に「あなたとの時間はどうでもいいよ」といわれているみたいで、がっかりしてしまいます。メールでの短文のやりとりが多くなってきたからこそ、安易に顔文字や(笑)に頼らず、文章の表現力を付けることが必要になってくるのかもしれませんね。(かなこ)

  困ったら(笑)

(笑)という表現でも、「笑、w、わら、ワラ」といろいろあります。大学生の後輩、20代前半の同年代の友人とメールで使う(笑)は、あまり括弧がついたものは使いません。

かなさんは、(笑)がつくとイラッとしてしまうことがあるみたいですが、同年代の友人とメールの話題になったときには「困ったら笑だよね!!」という意見が多数でした。自分が誘うにしても、男性が誘うにしても(笑)が入ることで、軽く考えられるし、もし断るとしても「遠慮しとくわ!わら」という感じで、あまり重たくとらえられないからです。

逆に、あまり仲が深くない男性から「来週の水曜あたり飲みに行かない?」とストレートに誘われるよりは「来週の水曜飲みに行かない? この間○○ちゃんが焼き鳥好きって言ってたから探しちゃったんだよね!笑」のほうが返信はしやすいです。

本当に興味がない人から誘われたら返事すらしない場合もあると思いますが、(笑)が入っていることで、断る場合も誘いに応じる場合も返信率は高いのではないかと思います。

かなさんが挙げた「体育会系にあまりお洒落なことは期待しないでくださいね(笑)」については、最初にそう伝えておくことで、もし彼が選んだ店があまりおしゃれな場所ではなくても「選んでくれてありがとう! いつもこういうとこで飲んでたんだ?笑」と好感をもって接することができそうです。

仲が深くても深くなくても、困ったら「笑、w、わら、ワラ」を使うことで、2人の間の壁を取り除くことができるのではないでしょうか。(春菜)

心情を察してくれるとうれしいかも

男性(特にオヤジ)が顔文字や絵文字を多用すると、女性に気持ち悪がられるのは百も承知。よって、ボクの場合「使うものを厳選した上で時折出す」にとどめています。厳選というのは大げさかな。まぁ、3個ほど使っています。

このメールマガジンでも毎回1回位使うのが「(笑)」。
「あはは」「うふふ」「だはは」「ニコニコ」程度に使っています。

この他は、メールやBlogなどに「(^^;」や「(^^)v」を使うこともあります。
(^^; は「ちょっとやばい(まずい)」「ひやひや」、(^^)v は「やったね」
「イェーイ」って感じで使っています。

まぁ、多頻度にならないよう適度に使っていればいいんじゃないの? と思うんですけどねー。

「ねー」と「ね~」の違い、要は「ーと~」の違いなんですが、これも自分なりに意識して使い分けています。
相手にどの程度伝わっているかは疑問なんですけどね(笑)。(マッキー)

2011/12/27

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。