記事の詳細

こんにちは。かなこです。
飲み会が続いて、ちょっと太ったかなと思ったら、
早めに戻すのが太らないコツ。

最近やっているのが、朝だけフルーツ。
フルーツは食べたら直後は満足するけど、
またすぐおなかがすくし、
カロリーも少な目なので、
おなかに負担がかからないみたい。

食べ過ぎた日の翌朝はフルーツだけ。
おすすめですよ。
第422号 友だちに応援してもらおう

友人のM美は、よくカップルのキューピッド役をやっています。M美いわく、
好きな子ができたら、まわりからの協力をもらうと進展しやすいとのこと。

「A美ちゃん、かわいいよね」
「あーいう子、彼女だったらなぁ」

男性がこのようにA美ちゃんの女友だちに話をしておくと、女性は進んで協力
します。特に好きな子と親しい女友だちとほど、進展が早いそうです。その理
由は、会うきっかけをつくりやすいから。

男性が女性を遊びに誘うのは、親しくない限り、勇気がいることだと思います。
でも、女友だちに協力してもらうと、その勇気が必要ないんです。たとえば、
D助くんがM美に「A美ちゃんと仲良くなりたいから、今度何人か誘って遊び
に行こうよ」と伝えます。M美は明るくて社交的な女性なので、彼女が声をか
ければ、ほとんど女の子はOKします。男性はD助くんに集めてもらいます。

実際に男女数人で遊びに行ったときにも、M美は話のきっかけをつくったり、
仲良くなってきたら2人っきりにしたりと気配りを欠かしません。1日だけで
も相手の素顔を知ることができ、共通の思い出になり、仲良くなります。

それから先は本人次第ですが、2人がいい感じになってきたら「A美ちゃん、
D助くんのこと、ちょっと気になったみたいだよ」とM美がD助くんに後押し。
それで自信を持ったD助くんが告白して、上手くいったということが多々ある
とのこと。

今回は親しい女友だちに協力してもらうバージョンでしたが、男女関係なく友
だちに応援してもらうと、いろいろな情報を教えてもらえたり、彼女の行って
いる飲み会に声をかけてくれたり、メリットがたくさんあります。まずは親し
い友だちに相談して、ちょっとずつ応援してもらってくださいね。(かなこ)
恋愛に友だちを巻き込もう

仲の良い学生時代からの友だちや会社の同期の仲間なら、こういう応援がもら
えることもあるかもしれません。でも、好きになった人がネットでの出会いだ
たり、合コンやパーティの出会いだったりすると、そもそも共通の友だちがい
ないから難しいですよね。

そんなときにおすすめなのは、早いうちに自分の友だちを巻き込むこと。飲み
会を主催して、友だちに参加してもらったり、自分の趣味で彼女が興味があり
そうなものがあれば、連れて行くのもいいでしょう。たとえば、フットサルや
マラソン、マリンスポーツ、音楽が好きならバンド練習などもいいかも。

あなたのいいところを知っている仲間の中にいれば、自然とあなたの良さは彼
女に伝わっていくはず。同じ仲間と何度も会う機会を増やしていくのがポイン
トです。

これを逆手にとって、出会いがあったらいいなという下心を持ちつつ、新たな
趣味にチャレンジするのもいいでしょう。たとえば、テニスやゴルフなどのス
クールに通うこと。

スクールに入れば、何度も会う機会ができますし、複数で行うスポーツは、や
っているうちにお互いのことが理解できるので、無理なく楽しく仲良くなれ、
スクールの友だちに、応援してもらえる可能性も高くなります。(嶋津典代
出会う機会を増やせばチャンスは来る

友だちに一肌脱いでもらう作戦、懐かしいなぁ。学生時代を思い出しちゃう。
年齢もそこそこいってくると、ほとんど単独行動になっちゃいますからね。

そんな中でも、趣味のサークル、スクールなどは異性の友だちがつくりやすい
ので、出会いが少なくなってきた方には特におすすめです。

唯一の難点は、何らかの意思表示をしていかないと「仲間」「いいお友だち」
で終わってしまうことです。メアドを聞かなくても、お互いfacebookをやって
いれば、友だち登録してもらったら個別にメールが出せますのでデートの誘い
などもしやすいですよね。

そういえば、知り合いの男性がセミナーか勉強会に参加した際、隣の人としゃ
べるセッションがあったそうです。それをきっかけに、携帯のメアドを交換し
て、2週間以内に初デート。現在は交際中に発展という話を聞いたばかりです。

キミにとっての運命的な出会いは必ずあります。本当は今までもあったけど気
づかなかったのかもしれませんが、引きこもりでない限り、出会いは何度も訪
れますから逃さないでね。。

あっ、そういえば今度うちの近くにABCクッキングスクールができるんだって。
入ろうかなぁ?(笑)(マッキー)

2011/10/31

photo by Pearl

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。