記事の詳細

こんにちは。かなこです。
クセっ毛で髪を伸ばすと“うねって”しまうので、伸ばすときは髪を束ねたり、まとめ髪にしたりしていました。

最近、美容師さんに教えてもらって、ブローするようにしたら、髪がまっすぐまとまるようになってびっくり。

きれいな髪形にするため、毎日ドライヤーと格闘しています。

第410号 好意があるときのサイン

男性と話していて、「この人いいな」と思い始めると、女性は自分でも気づかないうちにOKサインを出していることがあります。そういうサインに気づいてからデートに誘えば、断られることは少なくなります。

まず、女性が自分のことを楽しそうに話していること。女性は相手を警戒していているときや楽しくないときには、自分のことは話さないもの。特に、女性が自分の気持ちや内面、苦手なことを話していれば、心がオープンになっている証拠。楽しくなくてもニコニコしている女性はいるので、笑顔だけでなく行動を見てみてくださいね。

無意識にやっていて、最近気づいたのが、相手に許せる距離が変わるということです。他人が近づいてきたときに、その人を警戒しないでいられる距離ってありますよね。話していて楽しいと、その男性と自分との距離が近くても、あまり気にならなくなります。その男性に好意があれば、むしろ近づくのがうれしくなります。

たとえば、カフェで2人で話していたときに、テーブルに男性が乗り出したとします。いきなり男性が近くなるので、警戒心があれば女性はぎょっとして引いてしまうでしょう。でも、女性が心を許していれば、ちょっと手が触れそうになったり、肩が触れたりなどして、女性への距離がぐっと近くなっても、引かないと思いますよ。

もっとわかりやすいのは、手をつないだり、肩に手を置いたりといったボディタッチです。なかにはイヤでもイヤといえない女性もいますので、好意を確信してからにしてね。(かなこ)

自分ならばどうかを考える

相手に好意や親しみを感じている人と話すときと、あまり好きではない「ちょっと距離を置きたいな」と思う人と話すときでは、何が違うでしょうか?

まず、相手の目をまっすぐ見て話す気にはなりませんよね。次は、会話を発展させたくないので、聞かれたこと以外のことについてはしゃべりません。また、表情もこわばったり、笑顔がなかったりと自然と態度に出ているものです。

あなたが頑張って話題を提供して女の子に話しかけても、聞かれた以上のことを答えないのであれば、苦手意識を持っているのかもしれません。

かなさんが書かれている手をつないだり、肩に手を置くようなボディータッチは、つき合いたいと思っている人とのデートでされたら、うれしいです。一方、数人で遊んでいるときに何とも思ってない人が行ったら、私は「何やってんだよ」と冗談っぽく手を振りほどくと思います。

男性と2人で遊びや飲みに行くのは、よっぽど仲が良い男友だちか、つき合ってもいいと思っている男性だけという女の子が多いと思います。「まだ予定がわからない」「空いてる日わかったら連絡するわ」は相手を傷つけないためのお断りの台詞でよく使われています。

あなたが反対に興味のない女の子からアピールをされたら、どういう態度をしますか? 自分だったら……と考えて行動すればすれ違いも少なくなってくるのではないでしょうか。(春菜)

2人の関係を前進させよう

女性だと、なんとも思っていない男性だけど、「平日の夜に誘われたから、食事したり、飲んだりする」ということもあります。初デートが楽しければ、2回目もあります。しかし、2回目で男性の気持ちが女性に伝わらなければ、3回目はないことも少なくありません。

逆にいえば、女性が心を開いている証拠である「自分のことを話したとき」には、男性はボディタッチをしたほうがいいということ。何もしなければ、「私には興味がない」「好かれていない」と女性が判断する可能性があります。関係を進めたい女性とは、手をにぎるなど、さりげなくボディタッチができるカウンター席に座りましょう。

好きな男性がなかなか手を出してこないときには、女性がボディタッチするのがおすすめです。(嶋津典代

2011/08/09

関連記事

ページ上部へ戻る