記事の詳細

こんにちは。春菜です。
大震災の直後はコンビニやスーパーの商品が品薄になり、
「このままどうなるんだろう」
と思っていました。

いつも当たり前だと思っている便利さは、
決して当たり前ではないんですよね。

時間も、物も常に大切にしないと
後悔することになるんだろうなーと思っています。
毎日全力で生きなくちゃ。


第401号 「どうする?」は負担

「どうする?」「どこ行きたい?」「何食べたい?」

何でもかんでも「どうする?」と他人任せな発言をしていませんか? あなた
は気をつかって聞いているのかもしれませんが、女の子にしてみれば、それが
負担になっていることもあります。

よく私を飲みに誘ってくれる男友だちがいます。予定が空いていれば、心よく
誘いには応じます。でも「誰か呼べる?」といわれると、気が重くなります。
彼にしてみれば、皆でわいわい飲みたいのでしょうが、気軽に行けなくなるか
らです。

それでも私が友だちを誘い、お店を決める段階になっても、「どこで飲む?
どこでもいいけど」と彼は相変わらず、自分で考えることをしません。結局、
飲み会のお膳立ては私が行い、彼はただ楽しくその場をやり過ごします。

私も楽しくないわけではありませんが、誘われたのに携帯のアドレス帳を見て
誰を誘うか考え、何人かにメールや電話をし、やりとりをするのです。「いま
○×にいるから暇なら来て」と誘われたら、丸腰で何も考えずに家を出れます
が、自分から誘っておいて、「誰か呼んで」「場所はどこでもいい」……。気
をつかうのは私です。またこのような誘われ方をしたら、断ろうかな。

彼は普通にいい人ですが、これだけでめんどくさい存在になってしまいました。
せめて、何軒かお店をピックアップしてくれ、自分でも友だちをあらかじめ誘
っておいてくれれば楽なのですが……。

「どうする?」って選択肢を与えているようで、実は違う。自分がめんどくさ
いことをしたくないから、逃げ道をつくっているようにしか見えなくなってし
まいます。(春菜)
三択を心がけてみる

「この人面倒だな」と女性に思われると、会ってくれなくなります。でも、勝
手に決めたら決めたで、「人のことは考えないで勝手に決めるなんて」と、文
句をいう女性も出てきます。おすすめは常に三択を心がけることです。

つき合う前なら、「普通の和食居酒屋と、『食べログ』で評価が高い焼肉屋さ
んとイタリアンのレストランだったらどれがいい?」「渋谷と、原宿と新宿だ
ったらどこが一番いい? ほかに便利なところある?」など、デートの場所を
決めるのにも三択は使えます。女の子が迷っているようなら「ほかに何か行き
たいところとかある?」と答えを促してあげれば、本音をいってくれるかも!?

三択のいいところは、余裕ができること。一度は行ったことがあるお店で、雰
囲気がわかっているほうが安心。気の置けない友だちと目星を付けたお店に行
き、お気に入りの飲食店リストをつくっておくのがいいでしょう。

さらに三択だと、相手に決めさせているようで、実は行きたいところに行けて、
金額なども設定できます。リードされたい女性は多いので、「この人頼りにな
るわ」とイメージアップにつながるでしょう。

晴れて恋人になったら、「雑誌で見て良さそうだったから」「インターネット
で見つけて、良さそうだったよ」などといって、2人でお店を開拓するのも楽
しいです。(かなこ)
努力してくれる男性が好き

春菜ちゃんの男友だち、面倒臭い。「誰か呼べる?」といわれた時点で私はア
ウト。利用されているわけだから……。お互いの友だちを集めた飲み会や合コ
ンを、その男友だちにいわれて企画した場合でも、「お店ぐらい決めてくれる
といいな」「お店、決まっていないの?」などといって、それでも何もしなけ
れば、二度と誘いに乗らないです。

ところで、女性と食事や飲みに行くことに慣れている男性は、誘い方からお店
の決め方、トーク、会計までスマート。「どうする?」なんていわない。慣れ
るまでは、かなちゃんが書いている三択を心がけるのはいいですね。

たとえ男性が不慣れでも、女性は「私を楽しませるために、努力してくれてる」
と感じることができれば、うれしいもの。逆に、女性に日程や店選びなどをお
任せにした男性に対して、好意を持つことはほとんどないはずです。

三択で慣れたら、二択でも、場所とお店を決めるのでも、女性に嫌われること
はないでしょう。(嶋津典代

関連記事

ページ上部へ戻る