記事の詳細

こんにちは。春菜です。
ついに社会人生活がスタートしました。
アルバイトと違い、責任感の大きさを研修で実感し
慌しい毎日を過ごしています。

仕事にやりがいは感じるし気合は十分!!
キャリアウーマン目指して
頑張るぞ!笑(≧∀≦)


第394号 音楽の趣味は架け橋

あなたが普段、通勤途中で聞いている音楽、いつもカラオケで必ず歌う曲、好
きな歌手……。音楽をキーワードにすると、関係するものがたくさんあります。
女の子が好きだという曲をあなたがそれほど好きではない場合でも、「この曲、
高校のときの……だった」とエピソードを話すことで、話を膨らませることが
できます。

音楽は、その歌手、曲そのものだけでなくバックグラウンドにそれぞれが思い
出を持っているので、音楽を通して会話が盛り上がると、妙に相手に親近感を
持つようになります。

私はロック系が好きで、いつも聞いているアーティストが似ていた初対面の男
性とは、その人おすすめの曲をiPodで聞かせてもらうなど、一気に壁がなくな
り、親近感を持ちました。

会話のネタに困った際には「普段どんな曲聞くの?」と何気なく聞いてみてく
ださい。もし、女の子の言った曲や歌手を知らなかった場合でも、「何かのテ
ーマ曲?」と話を広げることができます。

そして、女の子のおすすめな曲を聞いて、「今度聞いてみるね」といてってあ
げたら、気をよくしてくれることでしょう。

誰でも好きなものを肯定してくれたら、悪い気はしません。音楽ひとつで女の
子との架け橋になり得るのです。(春菜)

相手のこだわりを共有しよう

好きな音楽やジャンルって、好きであるほどマニアックで、人に伝えたくなる
ものだと思います。そういうこだわりを共有できると、親密さが一気に深まる
んですよね。

私はプロとしてピアノを教えたり、自分で曲を作ったり、ライブをしたりして
います。でも、初対面の人に音楽について話すのは、マニアックになりすぎる
ので大体聞く側に回ります。

音楽が好きで、趣味でバンドを組んでいるという人は多いし、そういう人に話
を聞くと、すごくおもしろいですよ。話がバンドで演奏する曲、バンドの人間
関係などまで飛んで、楽しい会話になるじゃないかな。

ここで気をつけてほしいのは、「自分」ではなく、「相手」のこだわりを共有
しようとしたほうがいいということ。どんな曲、アーティストが好きか、どう
いうときに聞くのか、どんなところが好きなのか、ライブには行くのかなど、
音楽のことだけでなく、かかわりまでを聞くようにすると、その人のことが見
えてきます。

また、音楽はそのときの雰囲気や、感情を思い起こさせる力がありますよね。
たとえば、失恋したときによく聞いていた曲を聞くと悲しさを思い出したり、
うれしいときに聞いていた曲を聞くとなんとなく楽しくなったり……。そんな
話ができたら、その人の内面が見られるかもしれませんね。(かなこ)
音楽よりも仕事の話が中心へ

20代のときには「普段どんな曲聞くの?」という会話をよくした記憶がありま
す。しかし、生活の中に占める仕事の比重が高まるにつれて、音楽の話が少な
くなり、仕事の話が増えていくようになりました。音楽関係の仕事をしている
友人に、音楽やアーティストの話をたまに聞かせてもらうぐらいです。

音楽は10代や20代のときには中心の話題になるけれど、それ以降は個々人によ
って大きく異なるのかもしれません。(嶋津典代

2011/04/19

photo by Eri Mowmow Heryawan

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る