記事の詳細

明けまして、おめでとうございます。春菜です。
今年もご愛読、よろしくお願いします。

就職活動が無事に終わってから、
毎日バイトと遊びの大学生らしい生活をしています。

そろそろ卒論やらなきゃなぁ。
まぁ、どうにかなるか笑!
卒業までもう少し。
今のうちにたくさんの友だちと飲みまくらないと♪

第379号 待ち時間こそ気を使おう

友だちとたまに話すことが、「最初のデートでディズ○ーランドは行きたくな
いよね」。これは、女友だちだと気を使わないからです。

土日や祝日などにアミューズメントパークに行くと、長いときでは1時間以上
も、立ったまま待つことがあります。最初は、テンションが高く、ノリノリだ
った男の人でも、待ち疲れて、一気に不機嫌になる……。

待ち疲れるのは女の子も同じです。せっかくのデートなのに、女の子の前で疲
れた顔をしていては、失礼ですよ。気を使って「大丈夫? 疲れてない?」と
声をかけてあげたり、何か明るい話題を提供してあげると、女の子は喜ぶはず。

さらに、乗り物やアトラクションを楽しんでいる間は、特に気をつけなくても
自然と会話はできますが、あまり親しくない男の人と一緒だと、待ち時間の沈
黙が気まずいと感じます。

あなたが女の子をアミューズメントパークに誘ったときには、意識的に待ち時
間のテンションを高くし、女の子にも元気を分けてあげたり、「この人と一緒
にいるとラク」と思わせるように努力してみてください。

そうすれば、待ち時間もあっという間に感じて、「待ち時間中の沈黙が気まず
くて疲れた」と思わせないことができるはずです。(春菜)
恋人になったら行きましょう

春菜ちゃんが書いていることは、40代以上の男性だと自然にできる人は多いと
思うけど、20~30代だと難しいのではないかしら。恋愛経験が少ないと、ここ
まで気が回らないはず。

一番いいのは、「最初のデートでアミューズメントパークに誘わないこと」で
す。それなりに恋愛している20代後半以上の男女は、そもそも誘わないし、誘
われても断るでしょう。

恋人同士ならば、待っている時間も楽しいのですが、親しくない人と一緒だと、
気づかれする。だから、避けたほうが無難というわけです。恋人になってから
デートする場所でしょう。

映画も避けたほうがいいです。恋人同士ならば、「これが見たいなぁ」などと
女の子は主張できますが、最初や2度目のデートでは遠慮しているもの。見た
い映画があっても「なんでもいい」といいがち。その結果、男性の好みで選ん
で女の子が見たくない戦争映画になったら、彼への印象が悪くなることも考え
られます。

また恋人同士ならば手をつないで映画を見たり、途中でちょっと会話すること
もできますが、これらもできにくい。さらに、映画が終わったあとにお茶して
いるときなどに、感想が合わないと、「もっーーダメ」。

恋人同士であれば、感想が合わなくても、それほど気にならないものですが、
その前だと、「えっ、信じられない。そんな感想なんだ」「感性が違うから、
一緒にいても楽しくなさそう」などとシビアに評価しがち。そのため、共感す
ることなどないと、そのデートで終わりになりやすくなります。

2度目のデートまでは食事やお茶、飲みにいくのが無難です。(嶋津典代
 楽しく会話が続いていれば大丈夫

立って待っているより、歩いているほうがいいので、たーくさん並ぶところは
苦手です。彼女とたくさんおしゃべりできるドライブでの渋滞中は、歓迎して
いました。

つき合い始めって、お互いのことをよく知りたい時期だと思うので、公園や街
中のお散歩でもボク的にはOK。当然、お茶したり、ごはん食べたり、飲みに
行ったりするので、それだけでも初期のコミュニケーションとしては十分です。

自分のことは聞かれたら話す程度にして、女性にたくさんしゃべってもらう作
戦を実行すると、そのデートは成功といえるでしょう。

ボクは「自分が楽しかったら、相手も楽しいと思っているに違いない」と思う
タイプですが、当たっていたように思います。

逆に映画だと黙っている時間が長いので、行かなかったな。(マッキー)

2011/01/04

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る