記事の詳細

こんにちは、はしこです。
最寄り駅の前に、たい焼き屋さんができました。
オープン当初はびっくりするほどの行列。
1カ月近くたったいまでも、いつ見ても4~5人は並んでいます。
寒い冬は温かい、たい焼きがよりおいしく感じるのでしょうか。

そんなことを考えつつ、
たい焼きを焼いている店員さんをちらりと見てみたら、
色白のかわいい女性でした。
もしかしたら人気の秘密は、彼女かも!?
第377号 誘われ上手になろう
彼女・彼氏をつくりたいのなら、まずは異性と知り合える場に積極的に参加し
て、出会いを増やすこと。知り合える場といえば、異業種交流会や合コン、飲
み会が浮かびますが、こういう会に参加するには、自分が主催するか、自ら参
加するか、誘われるのかの3つにひとつ。主催するのは別にして、あまり参加
したことがない人は、誘われにくい人だからかもしれません。

誘われやすい人になるには、特別なスキルは必要ありません。ごくごく普通の
ことをするだけで、誘われ上手になれるんです。

まず、返事をなるべく早めにすること。そして曖昧な返事をしないこと。誘う
側にとって困るのが、参加するのかしないのかが曖昧な返事です。特に人数を
調整しなければいけない場合、その人の返事を待って、その後の対応を考える
ことになります。

仕事などの都合で、どうしてもはっきりと答えられないことは確かにあります。
その場合には、返事をしないのではなく、事情を伝えたほうが誘う側にとって
はありがたいです。

次に、約束を守ること。ドタキャンされれば、「またドタキャンされたら嫌だ
な」と思って、次に誘いづらくなるのは当たり前。当日になって来ないという
パターンより、せめて参加できないことがわかった時点で連絡をもらったほう
が、ずっと印象がいいです。

第三に「また誘ってね」などの一言。都合が悪くて断る場合に、ただ「ごめん
なさい。行けません」と伝えるよりも、「残念ですが、先約があるため参加で
きません。また誘ってください」と、行きたかったことをアピールするほうが
次回につながりやすくなりまい。

また、誘う側は、誘った人が楽しんでいるかななどと気にするもの。飲み会で
も、交流会でも、終わった後に、「誘ってくれてありがとう」「楽しかった」
などの感想を聞くとうれしくなり、「また誘おう!」という気持ちになります。

そして最後に、自分でも人を誘うということです。何かと誘ってくれる人は、
誘いやすいですよね。(はしこ)


誘いたい人、誘いたくない人

私は誘う側になることが多いのですが、何度も誘っているうちに気づいたのは
「一度目の反応がすべて」ということ。つまり、最初にドタキャンする人は何
度もドタキャンするし、返事を前日や当日にする人は毎回そう。NGの返事だ
と返答が遅いけど、OKならばすぐ返事をくれるという人も多いです。NGだ
と返事がしにくいんでしょうね。

私が誘いたいなと思うのは、まず誘う側のことを思いやる気持ちがある人。誘
ったことに感謝してくれ、誘う側の手間が増えないように考慮して対応してく
れる人。はじめて誘ったときの返事と、参加の様子を見ればわかります。

こういう人はなかなかいないので、誘ってうれしくなっちゃいます(笑)。だ
からまた誘う。私だけじゃなく、会を主催する側としてはとてもうれしい存在
なので、どんどん誘われるというプラスの循環になっているんじゃないかな。

具体的には、返事が早いこと。参加の可否にかかわらず、翌日までに返事する
のがベストです。本来、メールを読んだらOKかNGかはすぐ判断できるはず
なんです。返事がないというのは迷っている、予定がなかったとしても優先し
たい予定が入るかもしれないと思っているということ。優先順位が下げられて
いるんです。

私が誘うときは、返事がなかなか来ない人はNGとみなして、どんどん別の人
を誘います。要するに、誘う側もその人に対する優先順位を下げるわけです。

そういう人はだんだん誘わなくなったり、人数が限られている場合は声をかけ
なかったりということになります。どうしてもその人に可否を確認したい場合
は、確認の電話をすることもあるかな。でもこういう人は「電話をする」とい
う手間を幹事にかけさせていることに気づいていないんですよね。あっ、自分
かもと思った方は、ぜひぜひ次回からは幹事さんに協力してあげてね(笑)。

そして、もっと大事なのが、誘ったパーティを楽しんでくれること! 楽しん
でもらえているかどうかは見ていれば大体わかりますが、パーティの感想や誰
と知り合いになった、誰と仕事を一緒にするようになったなどをメールで教え
てくれたりするとなお、うれしい。それだけでも十分なんだけど、フォローし
なくても進んでいろいろな人と話す人や、盛り上げに一役買ってくれる人はも
う別格。来てくれたことに本当に感謝です!(かなこ)
幹事は役得も多くてオイシイかも

誘われる側の上位の座を維持するのは、慣れている人にとってはそれほど難し
くないかもしれませんが、そうはいってもねぇという男性諸君も多いんじゃな
いかな。

ここでは、逆転の発想と申しましょうか、いっそのこと、自分が飲み会やオフ
会の幹事になっちゃいましょうよ、というお話をします。

幹事になると参加するだけよりも、ちょっと面倒なことが増えますが、その分
メリットもあるんですよ。まず、まんべんなく女性の情報を知ることができる
のが、ひとつ。うま~く活かせばライバルの一歩先を行くことができるかも。

皆が楽しく過ごせるように配慮すれば、女の子たちからの信頼も得られるのは、
大きいよ。次の飲み会では女の子から幹事の補佐を出してもらい、お店探しと
称してご飯を食べに行くこともできるし、ちょっと頭を使えば楽しいアイデア
がたくさん出てくることと思います。

経験則として、こうした「皆のために」という行動をしていくと「いいこと」
がどんどん舞い込んできているようです。不思議ですが、本当だから人生って
おもしろいねぇ(笑)。(マッキー)

2010/12/21

関連記事

ページ上部へ戻る