記事の詳細

こんにちは。かなこです。
この間、駅で走ったら、つるっと滑って、
漫画みたいに、ざーっと転んでしまいました。

「いたたた……」とすぐに立ち上がれないでいたら、
金髪のお兄さんが「大丈夫ですか」と心配してくれて
転んだ恥ずかしさが少し和らぎました^^;


第375号 今の自分をアピールしよう

先日、交流会で出会った女の子が、その会の間中、ずっと同じ男性と話してい
て、ちょっと困っている様子……。後で話してみたら、お相手の男性が今まで
どのような仕事をしてきたのか、自分はどういう人なのかなどを延々と語って
いて、いつ終わるのかばかり考えていたそうです。

その場をやり過ごすため、おもしろくないけれど、とりあえず話を聞いていた
そう。このような女性は多いです。本当に会話を楽しんでいるのかどうかは、
女性同士でもわからないくらいなので、男性は特に見分けがつかないかもしれ
ません。

初対面で、話すことがなかなか見つからないとき、自分をわかってもらいたい
ときには、ついつい自分のことを話しがちです。それは、仲良くなりたい気持
ち、場を盛り上げたい気持ちからですよね。そういう心がけは素晴らしいです。

しかし、今までどのような仕事をしてきたか、どの大学で何を学んだか、どの
ような功績を上げてきたかなど、いつのまにか過去の自慢話ばっかりになって
しまっていたら、それはちょっと待って。厳しいかもしれないけれど、初対面
の男性の人生に興味がある女性は、多くありません。

仲良くなってからならば、どういう生い立ちなのか、どのような過去があるの
かすごく興味がわくし、聞きたくなります。でも初対面ではNGです。

正確には、初対面でも女性があなたに興味を持っていればNGではないのです
が、仲良くなっているかどうかの見極めが難しいので、初対面のときには話さ
ないほうが無難です。

ぜひ、今の自分のことについて話してみてください。今何をしているのか、こ
れから何をしたいかを話しているあなたの方がずっとキラキラしているはず。
今を楽しんでいる、イキイキと毎日を送っている男性だということがわかるだ
けでも、すごくいいアピールだと思いますよ。(かなこ)
親しくなりやすい3つの話題

初対面の女性に昔の話なんてしたら、アウトです。好かれることは決してなく、
嫌われるだけです。過去よりも今のほうがまだマシですが、共感を得られない
ければ、女性にとっては楽しい会話になりません。

女性は男性に語られるよりも、質問されて、楽しく話すことができたほうが、
「この人、いいかも」と思うもの。こうした会話ができれば、デートに誘って
も断られることが少なくなります。

「第374号 自己アピールの前に相手を知る!
この中で、かなちゃんが書いている会話がまさにそうです。
では趣味以外で、盛り上がり、親しくなりやすい話題にはどんなことがあるで
しょうか。それは、血液型、きょうだい、高校の話を聞くことです。

以前だと女性への男性の定番の質問は「どこに住んでるの?」でしたが、いま
は警戒されますし、「どこの大学?」というのは、初対面ではぶっきらぼう過
ぎるのに対し、「どんな高校に通っていたの?」と聞くのは、抵抗感がないは
ずです。人となりを知るには、この3つがいいよといった男友だちがいます。

その彼と一緒に交流会の2次会で4人で飲んでいたときに、彼がひとりの女性
に聞くと、「イギリスの高校に通っていたんですよ」という返事。「留学して
いたの?」「帰国子女?」など、男友だち、私、知人の男性とも3人質問がわ
っと出てきました。お父さんの仕事の関係でイギリスに行き、いまでは、ご両
親はフランスに住み、お姉さんはドイツにいることなどがわかりました。

異性と2人での会話が弾まないときにも、この3つの話題をぜひ試してみてく
ださい。(嶋津典代
暗唱すべし。必殺技2つ大公開

初対面にも大きく分けて3通りあります。
1.共通の趣味や嗜好、同好の士が集まったオフ会などの場合
2.共通の友だちつながりなど、多少なりとも相手の情報を聞いている場合
3.相手の事前情報もまったく知らない、交流会や名刺交換会などの場合

最も難易度が高いのは「3」。そのときには、ボクは挨拶をしたあとに、
「今日はどういうキッカケでこちらに来られたのですか?」と、聞くことが多
いです。この話題から、相手の答えを元にいろいろと話を広げていってます。

相手を気持ちよくして懐に斬り込んでいく手口も使っています。たとえば、
「最近体重が気になっているんですけど、○○さんはどうやってそのプロポー
ションを保っているのですか? 何かいい運動やコツがあったら教えてくださ
い」。

こういうと多くの女性は「そんなことないですよ。私ももっと痩せたいと思っ
ているんですよー」などといいます。女性の皆さん、結構謙虚です(笑)。

この話題から話を広げていくと、食べ物の好き嫌いから、旅行で行くとしたら
どこに行きたいのか(その理由も)など、個人的な好みや嗜好・趣味の話題に
簡単に持っていけるので、話題は尽きなくなります。

嶋津さんが教えてくれた3つのキーワードと併せて、暗記しておきましょうね。
そして、できればスグ使ってみましょう。(マッキー)

2010/12/07

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。