記事の詳細

こんにちは。かなこです。
遅ればせながら、最近Twitterを始めました。
やってみると確かにおもしろい。
有名人も普通の人も、社長でもバイトでも関係なく、
フラットにリアルタイムで情報交換できるのがいいですよね。
ニュースを見るだけなら、Twitterで十分だなあ。

「Twitterをまとめてブログに自動で投稿できたらいいのにな」
「画像も添付できたらいいのにな」など
「できたらいいな」と思うものは、
たいてい誰かが開発しているので、
いろいろなアプリを入れて活用しています。

  第347号 座談会1・瞬時の判断は難しい

「出会いパーティのススメ」の4回までで書くことができなかった話や本音を、
今回から2回に分け、かなちゃんと嶋津の座談会にして、お送りします。

■つき合いが前提では男性は選べない

かなこ(以下か):「カップルになったら、つき合うんだろうな」と嶋津さん
は3回目で書いていましたよね。私はカップルになったあとに、お茶や食事を
してから、つき合うかどうか考えるものだと判断していました。

嶋津(以下し):女性の多くはそうなのかな。

か:なんとなく参加して「いい人いないかな?」という女性は多いんじゃない
かな。でも、そういう女性はカップルになれないか、カップルになっても、つ
き合いまでいかない……。

し:女性は外見よりも、話が合うかに重点を置くよね。短時間でそれを判断す
るのは難しいから、軽い気持ちではないと、男性を選べないのかな?

か:つき合いを前提となると重く考えざるをえないから、短時間では選ぶのが
難しい。出会いパーティは、どうしてもハイテンションになるし、私はその勢
いで前半に話した男性の番号を記入していました。そのため、カップルになっ
ても、つき合うというイメージができなかった。

■勝負はパーティ後

し:カップルになったら、その日に初デートするものだと想像していたなぁ。

か:カップルになった男性は、二度とも仕事があるからと帰りました。これで
は何のために参加したのか疑問。出会いパーティは知り合う場でしかないから、
親しくなるには2人、もしくは複数でもいいけど、じっくり話す場が必要。

し:普通のパーティや飲み会は、盛り上がれば二次会があるよね。一次会で帰
ったら、「楽しかったな」だけで、次につなげにくい。出会いパーティでも、
仕事は前日までに片付けて、その後は空けておくのが正しいマナーでしょう。

か:50対50のパーティに参加したときに、私が席近くの人に声をかけて男女グ
ループで食事に行くことにしたんです。男女グループで出て行ったのは、私た
ちともう一組くらいで、みんな散り散りになっていた。カップルにならないと
居心地が悪いから、そそくさと帰るといった印象でした。

し:31歳の友だちは、出会いパーティで37歳の男性とカップルになり、その日
のデートで、すぐにでも結婚したいようなことをいわれた。平日休みの彼女に
合わせるようなことを彼がいっていたのに、その後のデート誘いは週末ばかり。

週末は彼女の仕事が忙しくて疲れているため、メールの返事をしないと自然消
滅。感じがいい男性だったけど、結婚を焦っているようだと、友人はいってい
た。初デートでは、女性は「好き」という感情がなかなか生まれないし、そん
な男性との結婚は考えられない。彼は同じことを繰り返しているのかも……。

 

■常連と挨拶の関連性

し:出会いパーティに参加して驚いたのは、定期的に参加する常連がいること。
私たちが主催しているメルマガのオフ会だと、常連が新しい人に声をかけたり、
いろんな人を紹介したりするけれど、出会いパーティは違うのよ。

か:なかなか恋人ができないから、常連になっちゃうのかな?

し:何度も参加していれば要領がつかめてカップルになりやすいみたい。しか
し、恋人になれないか、恋人になっても続かないから、常連になる……。

か:私が気になったのは、挨拶しない人がとても多いこと。

し:挨拶は基本だといわれているけれど、できない人は多い。オフ会を始める
前に、異業種交流会の受付をしていたときがあるけど、挨拶はなく、無言で立
っている人が大半。お店のように「いらっしゃいませ」といわれるのを待って
いるみたい。海外だと、お店に入るときには「ハロー」というのにね。

か:「ハロー」といわないと、不審者ですよね。出会いパーティでは席があら
かじめ決められているから、席が近くの人に「こんにちは」と挨拶して着席。
席が変わって自己紹介するときにも「こんにちは」というだけで印象がアップ
するから、絶対にしたほうがいいですよ。

し:挨拶の重要性がわかっている人は、普通の出会いを生かせるから、出会い
パーティには参加しないかも。

か:それはありますね。「こんにちは」「ありがとう」「ごめんなさい」など
がいえるようになったら、私は親しくなる人が変わってきました。社交的な人
が友だちに増えてきたのです。

 

■疲れてムッツリの男性は印象悪いけど

か:私がもうひとつ気がついたのは、大人数のパーティのほうがガッツがある
というか、「カップルになる!」って意気込んでいる人は多いということ。

し:大人数だと選ぶの大変じゃあない? 曜日や時間帯によっても違うみたい
だけど、後半になると、疲れるよね。

か:先述した50対50は週末でした。20人を超えると、誰が誰だかわからなくな
りますが、頑張っている男性がいる一方、疲れて、ずっとムッツリの男性もい
た。印象は悪いけど、その人の本当の姿が見れた感じがしました。

し:良い印象を持たれたい人が多い中、ずっとムッツリの男性は、ホントは誠
実な人かもしれない。交流会のように何度か会えれば、他の人の意見も聞ける
し、判断できるんだけどね。私は実家の静岡で参加したときに、住まいを東京
と書いたら、「東京で探せばいいのに」といわれた。

か:どっちでもいいし、そんなの人の勝手なのに……。いい方にもよるけど、
思わずムッとしちゃうかもしれない。

し:その場では余計なお世話だと思うよね。時間があれば、いい人だと判断で
きるんだけど、瞬間で判断せざるをえない出会いパーティの一番難しいところ。
料理するパーティやバスツアーはどう?

か:グループに分かれてパズルをしたパーティでは、同じグループの人と親し
くなれました。その後、友だちになった人はいないけど……。

し:スポーツサークルなどに入ったほうが友だちはできるよ。ただし、サーク
ルや交流会は、定期的に参加していないと親しくなれない。

か:「定期的に参加する人は確実」という意識は、慣れていないとわからない。
料理するパーティに参加する人は、「なんか楽しそうー」くらいで参加してい
るんじゃないかなあ。正直いって、私は行かないです。
次回に続く)

 

2010/05/25

photo by daisuke

関連記事

ページ上部へ戻る