記事の詳細

こんにちは、はしこです。
友人の結婚式に出席しました。
新郎も新婦も10年来の友だちで、
新郎とは、仕事や恋愛の相談もしてきた仲。

いろいろな変遷はあったにせよ、
彼がずっと彼女を想っていたのを知っているので、
片思いだったとき、2人がつき合い始めたときなどを
思い出して、胸がじーんとしました。
第338号  約束はその日のうちに

一回目のデートの帰り際、駅に向かいながら、「じゃぁ、次に会う日を決めよ
うか?」といわれたことがあります。不意打ちだったので、ちょっとびっくり
したものの、その場で断る理由は何もなく、二度目のデート日が決まりました。

そのときに思ったのは、後日、次のデートに誘うよりも、会っている間に誘っ
たほうが断られる可能性が低いということ。相手がどういう表情をしているの
かが見えるので、本音がわかりやすいというメリットもあります。

実際は、会っている間には伝えず、別れた後の帰り道に「今日は楽しかったね。
また食事に行きましょう」なんてメールを送る人が大半ではないかな。

「楽しかった」と相手に伝えることはいいことだと思うけれど、メールの場合
は相手の反応がわかりにくくありませんか? 「そうですね、また行きましょ
う」と返ってきたとしても、本当に行きたいのか、とりあえず返信しているだ
けなのか、読みにくい。それはメールをもらったほうも同じで、「とりあえず
いっているだけなのかな」と思うと、受信ボックスに埋もれて終わります。

「また会ってくれる?」
「次はいつ会える?」
「(会話に出てきたものに絡めて)次は、○○に行こうよ」
「このまま帰るのが、なんだかもったいないな。また近いうちに誘うね」

次につなげる言葉はいろいろあります。恋愛上手な女性は、「また誘ってね」
と笑顔で伝えるなど、誘われやすくしているそう。あとからメールでフォロー
するよりも、会っている間に「仲良くなりたい」「また会いたい」とアピール
するほうが絶対に効果的ですよ。(はしこ)
次のデート話で盛り上がろう

女性がデートを楽しんでいるかどうかは、男性はなかなか見極めにくのではな
いかしら。よくありがちなのが、女性がニコニコ聞いているから、楽しんでい
ると男性が勘違いすること。男性が話してばかりで「つまらない」と思ってい
るのに、それをいえないで、作り笑顔をして、その場を凌いでいる女性も少な
くありません。

楽しそうに聞いていても、本当は楽しくないという場合は、次の誘いをしても、
断るか、「わからない」「忙しくなるから、どうかな」と曖昧にするはずです。
本心はわかりにくいため、気に入っている女性には、デートが終わってから誘
うのではなく、デート中に誘って反応をみたほうがいいんです。

「次、どこに行こうか」「焼き鳥って好き?」「今度映画行かない?」などと
切り出すのは、そんなに難しくないはずです。デート時間の4分の1以上は次
のデートの話をしてもいいくらい。過去より、将来の話のほうが楽しいもの。

女性は「イマイチかな」と思っていたとしても、次の話をされると、「気に入
ってもらえたのかな」と感じてうれしいし、男性の好意を感じて好きになるこ
ともあります。次の話で盛り上がることもあるし、ぜひ次のデートの話を話題
にしてみて。

さらに、はしこちゃんが挙げているお誘いの台詞の「また」を「来週の日曜」
「来週の水曜の夜」など、具体的な日時にするとさらに効果的。「また」「今
度」「次」だと、社交辞令っぽくなるのに比べて、具体的な日時が入ると本気
度が伝わるし、相手も返事がしやすいです。(かなこ)
「気に入っている」サイン

つき合うまでは、男性のリードに任せている女性が大半なので、男性が気持ち
を曖昧にすれば、女性も曖昧になります。そうすると、「この人は私に興味が
ないんだわ」と感じて、フェードアウトしがち。

「好き」「つき合おう」とはいえなくても、次のデートの話ならば恥ずかしく
ないですよね。次の話は「気に入っている」サインだと、女性はすぐにピンと
くるはずです。それまで聞くだけだった彼女が、しゃべり出すきっかけになる
かもしれません。

男性は先送りしないで、会っているときに次のデートを決めましょう。面倒が
ないうえ、好意が伝わります。最初のデートでぜひ試してね。(嶋津典代

2010/03/23

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。