記事の詳細

こんにちは、はしこです。
デパートのカードのポイントが気づいたら貯まっていて、
この間、ショッピング券に交換してきました。
大きなものは買えないけれど、何を買おうかなと
ワクワクしているところです。

宝くじは、当たっていることに気づかず、
換金しない人が多いと聞きます。
デパートなどのポイントカードも、チェックしてみてください。
期限がある場合も多いので、後から知って後悔しないように……。

第337号 ガツガツしたくない?

「ガツガツしていると思われたくないから……」
いいなと思う人に出会ってもなかなか行動に移せない。そんな男性、女性がよ
く口にする言い訳のひとつです。

あえて「言い訳」と書いたのは、この裏には、「カッコ悪い自分を見られたく
ない」「相手にされなかったら恥ずかしい」「他の人から冷やかされそう」と
いった自己弁護の気持ちが見え隠れするから。私もそう思って好意をあえて隠
してしまったことが何度もあるので、気持ちはわかります。誰しも自分がかわ
いいので、ええかっこしいになってしまう。

ところが、相手に好意が伝わらなければ恋愛は進展しません。男性も、自分に
まったく興味がなさそうな女性よりも、「好きなのかな」と思わせる女性のほ
うが気になりませんか?

一方で、「彼、ガツガツしているな」「ガツガツしている女性はちょっと……」
とマイナスな印象を受けることがあるのも事実。こうした場合に共通している
のは、「誰でもいいから恋人がほしい」という感じが見えてしまうことではな
いでしょうか。

たとえば、同じ飲み会で知り合った複数の異性にアプローチをする、会う女性
みんなに「かわいいね~」と伝えている、「彼女(彼氏)がほしい」を露骨に
繰り返しているなど。ただし、「彼女(彼氏)がほしい」と周囲に伝えておく
ことで、誰かを紹介してもらえるというメリットもあるので、言い方にもより
ます。「○○を一緒に楽しめる彼女(彼氏)がほしい」と形容詞をつけたり、
「彼氏(彼女)」を「パートナー」と言い換えるだけでも、印象が違うかもし
れません。

ポイントは「誰でもいい」感を出さないこと。このことさえ意識すれば、「ガ
ツガツした人だな」と相手に引かれることはないはずです。(はしこ)

わかりやすい男性のほうが好かれる

パーティで会った男性が「ガツガツしていると思われたくないから……」と帰
り際にいっていました。そう考えているから、気に入った女の子とだけ話すの
は避け、いろんな人と無難な会話をしたそうです。それで親しくなったのは、
男性ばかりだとか……。

一方、明るくて、積極的な女性が好きな男友だちがいます。私が誘って、彼が
09年12月のオフ会に初参加したとき、好みの女性と話していると、顔が緩んで
デレーっとしている。男性同士で話している顔とずいぶん異なりました。

前者の「ガツガツしたくない」男性と後者の男友だち、どちらが女性にとって
わかりやすいでしょうか。当然、後者です。男友だちは、私の女友だちと親し
くなっていました。

女性は「好き」という自分の感情よりも、「男性に好かれているかどうか」を
重視します。男性が「ガツガツしていると思われたくないから……」と考えて
いると、「この子いいな」という気持ちを隠すことになりますので、女性に気
持ちが伝わらない。これでは、自分で恋愛を放棄しているようなものです。

では、どうすればいいのでしょうか。気に入った女の子とじっくり話して、デ
ートに誘えばいいのです。こうした行動に対して、誰もガツガツしている男性
なんて見ません。女性も気に入った男性には、「今度、誘ってくださいね」と
伝えましょう。

男性にとって、やっかいなのが女性2人組。パーティに女友だち2人で参加す
る女性は、とても多く、ずっと離れないのです。3人で話すことになったとき
には、男性は女性2人を平等に扱うよりも、「A子ちゃんのほうを気に入って
いるよ」と視線や言葉で伝えたほうが親しくなれます。そうすれば、B子ちゃ
んにも伝わりますし、こういうときの男性の積極性に対し、女性は好意を持つ
ものです。「二兎を追う者は一兎をも得ず」のとおりです。(嶋津典代)

二兎を追うから二兎を得られるという事実

飲み会、オフ会、合コン、パーティ……。それぞれに特徴や共通点があるから、
それらのツボをうまく押さえることが大事なんだよね。

飲み会や合コンだと、女の子のリアルなお友だちが参加するわけだから、そう
いうところでは「ひとりに決め打ち」するのが王道だね。その後、玉砕しても、
まぁ、それはそれ。次行こう、次!です。間違っても、複数の女の子を口説こ
うとしてはいけません(笑)。

オフ会の場合は、情報がオモテに出てこない部分でこっそり進行中になってい
ることもあったりするので、人間模様の様子を見ながら、気になる女の子と楽
しく歓談。その後はメールで進めやすいのが特徴だよね。

パーティの場合は、ひとりで来ているのか、2人組なのかを最初にさりげなく
チェックしておきたいところ。ひとりで来ている女性の場合、知り合いに誘わ
れて……など、どういういきさつで来たのかも押さえておくといいよ。

キミが気に入った女性が2人いたとして、お互いに接点のない女性同士であっ
た場合には、2人にアプローチしていっても大丈夫。キミのことをガツガツし
ている男とは思わないでしょう。

だって、この機会を逃したら、お互い次に会えるかどうかわからないもんね。
こういう場合に限って「一粒で二度おいしい」思いができることもあるんだよ
ねぇ。効率いいでしょ(笑)。

まず、よ~く観察して、攻めるときは一気に……という作戦が功を奏します。
おいしい思いがたくさんできるように、がんばろうね。(マッキー)

2010/03/16

photo byRussell James Smith

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。