記事の詳細

こんにちは、はしこです。
大学の仲間との恒例の飲み会に、一人の友人が5歳の娘を連れてきました。私とは久しぶりの再会。

いつの間にか大きくなり、かわいい女の子になっていて、びっくりしました。
時が経つのは速いなぁ。

第332号 つき合うまでのデートの回数

3、4回楽しくデートを繰り返したのに、いつの間にかメールの返信が遅れがちになったり、彼女の対応が素っ気なくなったりしたことってありませんか。
もしかしたら、告白するまでに時間をかけすぎたのかもしれません。

「この人、好きだな」「彼とは話が合うな」という感覚は、1、2回会って話をすれば大抵わかるものです。私は1、2度デートをして、つき合う気がなければ、次のお誘いはお断りします。

逆にいえば、嫌いな男性と3~4回デートを重ねることはありませんから、女性も「いいな」「つき合いたいな」と考えている可能性が高いわけです。「彼から何かアプローチをしてくれないかな」と期待しながら待っていますが、恋愛の話のような甘い会話がなく、手をつなぐわけでもなければ、「この人は私に興味がないんだろう」と判断しがちです。

そんなときに別の男性にデートに誘われれば、当然、「あきらめて次の人を探そう!」という心境になります。これって、もったいないですよね? お互いに印象はよかったはずなのに、タイミングの問題で、すれ違ったわけです。

2~3回目のデートで告白してつき合うのが一般的なパターンだと思いますが、相手の反応がよければ最初のデートで告白してもいいのではないでしょうか。
好意を抱いている相手であれば、「(告白が)早すぎる」と嫌がることはまずありません。それよりも、回数を重ねすぎるほうが機を逃しがちなんじゃないかな。

変な誤解を生まないためには、早い段階から好意を示して、意識させるほうがおすすめ。そして女性も、「いいな」と感じたのであれば、デートの誘いに乗るだけではなく、自分からも誘ってみるなど、もっとわかりやすい形で好意を示せれば、男性も告白しやすくなるのではないかな。(はしこ)

わかりやすいアプローチをしよう

デートに誘われるだけでは、「女性」として気にしてもらっているのか、単に「友だち」としてなのか、女性からしたら、わかりにくいんですよね。特に、はじめてのときは「私はどう思われているのかな?」と探りながらデートしている女性も多い。

デートしているときに大切なのは、具体的でわかりやすいアプローチをして、「気に入られている?」「この人、私のこと好きなのかも」と女性に思わせ、その気にさせること。これができれば、デートを繰り返すうちに女性もテンションが上がって、2~3回目のデートで告白できるような雰囲気になります。

逆にできなければ、いつまでもお友だちのままか、フェードアウトすることになりがち。「この人、どういうつもりで誘うだろう……」と女性が疑問に思いはじめ、別の人が現れなくても、だんだん面倒になってデートを断るようになります。これでは、なかなか恋愛には発展しません。

女性をその気にさせるのは、そんなに難しいことではありません。「○○ちゃんとデートできてうれしいな」など、単純に相手を気に入っていることを伝えればいいだけ。こういわれたら、女の子は喜びます。

言葉にしないと相手には、気持ちはなかなか伝わらないものです。フェードアウトするのは、女性に気持ちが伝わっていない証拠です。恥ずかしいかもしれませんが、ちょっとの勇気を出して、伝えてみて!

「旅行に行ったから、○○ちゃんにはお土産を買ってきたよ」など特別扱いする、「きれいだね」「ワンピース、よく似合っているよ」とほめるのも効果的。
バックナンバーにも詳しく書いてあるので参考にしてみてね。(かなこ)

★関連バックナンバー
第45号 この人いいなと感じる瞬間
第61号 この人好きかもと感じる瞬間
第186号 女が一番嫌がること

そのとおりですが…

はしこちゃんや、かなちゃんがいっているとおりだよね。

でも、当たり前のことがわかっている男って、意外と少ないよね。
デートの数を重ねていけば、レベルアップできると考えている男、シャイで、なかなか告白できない男も多いと思う(^^;

「○○さんは、私のこと、どう思っているの?」
ってな感じで、うまく呼び水してくれるとうれしいなぁ~。

結局、相性なんだよなぁ~。(咲道

2010/02/09

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。