記事の詳細

こんにちは。かなこです。
最近、夜ご飯をつくる気力がないときは、近所の回転寿司に行きます。

常に回転しているのはメニューだけ。
頼んでから握ってくれるので、普通のカウンターのお寿司と変わらないし、おいしくて安くて、お気に入りなんです。

お寿司は胃にもたれないので、ついつい食べ過ぎちゃうのが難点かな。

第319号 男性として意識するとき

2人で飲んだり、遊んだりするけれど、なかなかその先に進めない──。そういうときって、実は両思いなんだけど、きっかけがつかめないだけ、ということもあるんじゃないかな。そのきっかけづくりにオススメなのが、手をつなぐこと。手をつなぐだけなら、簡単にできそうな気がしませんか?

手をつなぐのは相手をすごく近くに感じるし、仲良しの象徴ですよね。友だちとしてしか思えない、友だち以上に仲良くなりたくない男性だと、手をつなぐのは、かなり抵抗がありますが、ちょっとでも「いいかな」と思っている男性だと、相手の体温を感じて、すごくうれしいんです。

たとえば2人で飲んだ後の帰り道に、「なんかちょっと酔っ払っちゃったなぁ」といって、さっと手を握ってみる。もし、彼女が嫌がったり、振り払ったり、離したらNG。握り返す、あるいは、そのまま何もしなければ、OKと思っていいかも。

ただし、イヤだけど何もしない(できない)女性もいるので、その後の行動で見極めてね。仮に彼女が「友だち」としか思っていなかったとしても、こうすれば「この人、私のこと好きなのかも」と意識させることができるはずです。

手をつないでOKなら、告白もぜひしてみてね。きっとOKをもらえるはず。場合によっては、そのままキスしたり、ホテルに行ったりと一気に関係が深くなれるかもしれません。

そのほか、初デートは避けたほうがいいけど、二~三度目のデートであれば、居酒屋の個室を予約して、飲んでいる途中で彼女の隣に行って少し密着するようにしてみたり、肩に腕を回してみたりするのもいいかも。

また彼女が自分と違う飲み物を飲んでいれば、「それ、おいしい?」といって同じグラスで飲んでみるのもオススメ。これ、異性にされると、すごくドキッとします。そこまでできない! という人は、手を握ることの布石として、飲みながら、彼女の手を触る。「きれいな手だね」なんていわれて手をなでられると、好きな人なら、ドキドキしちゃいます。(かなこ)

相手の気持ちを測りやすい

女性と仲良くなるのがうまい人、モテる人は、相手との距離を縮めるのが上手ですよね。かなちゃんが書いているような、手をつなぐ、肩に腕を回すといった、友だち以上の関係でなければしないことをさりげなくすることで、グッと距離を縮めることができるのです。

こういった行動は、相手の反応によって、自分のことをどう思っているのかが一発でわかります。友だち以上の関係を求めていなければ、手を引っ込めるなど嫌がります。逆に気があれば、ぎゅっと握り返したり、手をつないだまま肩に寄り添ったり……。飲んだあとに、好きな男性と手をつなぎながら、歩く帰り道は、私も好きです。

また、対面で食事をしていて、お手洗いなどに行って戻ってきたときに「こっちに座ろうかな」と隣に座られると、確かにドキッとします。このときに、彼女が自分と逆側に寄って距離をとろうとしていたら、まだ彼女は友だち以上の関係は求めていないのかもしれません。

好きな相手であれば、うれしくて自然と彼側に重心が傾くはずです。特にお酒を飲みながらであれば、感情がストレートに行動に表われがち。うれしいと思ったら、女性もさらにくっついたり、じっと見つめたりと、好意を示します。

飲みながら手を触られたとき、頭や髪をなでられたときも同じ。NGであれば手を引っ込めたり、すっと相手と逆側に体を引いたりと、行動に表われます。一方で、そのままにしながら、ちらりと顔を見たり、彼女が笑顔だったら、相手も好意を持っている証しです。

言葉よりも、行動のほうが気持ちが素直に表われやすいので、「友だちとしてしかみていないのか? 男性として好意を持ってくれているのか?」と測りかねているときには、ぜひ試してみてくださいね。(はしこ)

「ふれあい」は良い結果の前兆です

手相をかじった友人がいます。飲んだりしているときに、話の流れで「ちょっと手を見せて」というと、女性の手に自然に触れることができ、成功率100%。おまけにいろいろと彼女の情報を収集できるので重宝したそうです。

また、握手と称して、右手の人差し指を折り曲げ、相手の手の平をコチョコチョして笑わせて、一気に女性のフトコロに飛び込んでいくヤツなど、男という生き物は女性に気に入ってもらおうとあの手この手を考えるんですよね(笑)。

歩くとき「手を握る」「腰に手を回す」のほかにも、男性の左腕に女性の右手を絡めてもらうなどの方法もありますね。「肌と肌がふれあう」「密着度が高くなる」と親近度もグッとアップするのは確かなようです。

男性はそうなるシチュエーションを想像し、いろいろなアプローチをして女性の反応を確かめましょう。「女性の拒否がない」のはゴーサインと思って構いません。

いい思いをしている男性は、ちょっとの勇気と好奇心を持って行動しているのですから、キミもしない手はありません。(マッキー)

2009/11/10

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。