記事の詳細

こんにちは、はしこです。
仕事で使っているノートパソコンが突然、壊れました。

時折、嫌な音を立てていたりと、確かにあやしげな様子はあったものの、
まだ新しいパソコンだったので、大丈夫だろうと高をくくっていました。
おかげでデータが取り出せなくなり、週末をつぶして、終わりかけていた仕事を一からやるはめに。
皆さんも、データのバックアップはこまめにとりましょう!

第311号 一歩踏み込めない?

先日出会った男性から、「彼女がほしいんだけれど、できないんだよ」と相談を受けました。この彼、どんな人かというと、とにかく社交的で、飲み会、交
流会の幹事役はお手の物だし、知り合いも男女問わず多い。読書家で、好奇心も旺盛なので、誰とでも気さくに会話をすることができます。外見もスマート
で、決して女性から遠慮されるタイプではありません。

これだけ聞くと、「どうして彼女ができないんだろう?」って思いませんか?

私も不思議に思ったので「すぐにできそうなのに!」と率直に感想を述べたら、「みんなにそういわれるんだけれどね……」とぼやいていました。

ただ、その後の彼の言動を眺めていて気づいたことがありました。それは、彼女がほしいといいつつも、恋愛につながる行動をまったく起こしていないとい
うこと。他愛のない会話、趣味の話はできても、「彼氏はいるの?」など、相手に異性として意識させるような会話は全然していなかったんです。

気に入った女性に対して、積極的に話しかけたり、荷物を持ってあげたりといった、ほんの少しのことで、相手に特別な印象を与えることができるのに、そ
ういうことがまったく見られなかったのです。

別の友人にも同じタイプの男性がいます。彼も知り合いはとても多く、頭の回転が早くて会話もおもしろいのに、ずっと彼女がいません。本人は「彼女がほ
しい」とぼやいていますが、女性を紹介しても自分から積極的に連絡をとったり、デートに誘ったりということはまずしない。

つまり、2人とも待ちの姿勢なんですよね。棚からぼたもちのように、自分を好きになってくれる女性がひょいっと現れたらいいなあと、待っている感じ。

とはいえ、現実は、どちらかが、相手のいいところを見つけて、「好きだな」「いいな」と関心を持ち、好意を示さなければ、なかなか恋愛には発展しませ
ん。ここで、「どちらかが」と書いたのは、先に仕掛けるほうが男性でなければならないということはなく、女性にも同じことがいえるからです。

男女問わず、「いいな」と思ったら、ちょっと意識して行動したほうがお得です。ただ「恋人がほしい」と漠然と願うのではなく、他人に関心を持ち、いい
ところをどんどん見つけられるようになることが先決です!(はしこ)

頭で考えすぎないで

私の男友だちも、どうしても一歩引いてしまい、なかなか女性と仲良くなれない。「いいなと思ったらデートに誘ってみればいいじゃない」といった答えが
これでした。
「嫌がられたら相手に悪いし、いきなり誘ったら引かれそうでできない」

繊細なんですよね。でも、遠慮してばかりでは、なかなか恋愛は思い通りにはいかない。誘われるのがイヤかどうかなんて相手にしかわからないし、逆に喜
ぶかもしれません。

誘わなければ絶対嫌われることはないけれど、好かれることもない……。相手に興味を持ってもらえる、好きになってもらえるためには、相手にどう思われ
るかなど、あれこれ頭で考えすぎずに、何かしら行動を起こすことが大切です。

行動というのは、相手との距離を縮めるようなことです。デートや飲み会に誘うことはもちろん、私がよくやるのは、相手に何かニックネームをつけて呼ぶ
こと。たとえば、中山さんだったらヤマちゃんとか……。このとき、「ヤマちゃん」と呼んだら、馴れ馴れしいと思われるかな、と考えたら、呼べなくなる
ので、常識の範囲内で嫌がりそうなニックネームじゃなければ、そのまま呼ぶようにしています。

女性だったら、名前にちゃん付けして呼ぶことが多いかな。私も「佐々木さん」と苗字で呼ばれるよりも、「かなちゃん」と名前で呼ばれたほうが、初対面でも親しさを感じます。

最近、よく飲み会を企画してくれる男友だちは、「以前は嫌がられるかもと思って誘えなかった。最近は断られてもいいやと思って声をかけると、想像して
いたよりも喜んでもらえることが多い」といっていました。

相手に遠慮してどちらかというと受け身だった以前と比べて、見違えてイキイキとしてきた彼を見ていると、行動に移せるかどうかは紙一重だけど、全然印
象が違うなぁと感じます。(かなこ)

ボヤボヤしてたら先を越されます

キミは、いままで何回、告白されたことがありましたかぁ?
そうねぇ、おそらく限りなくゼロに近いんじゃないかなぁ。。。(笑)

ということは、じーっと待っているだけでは、おそらく将来も告白される可能性は限りなく低いってことだよね。

ということは、彼女をつくるためには、
「自分からアプローチする」
「デートに誘う」
「告白する」
といったプロセスを経ないといけないことが、おわかりいただけるでしょう。

「断られたらイヤだから……」「この先気まずくなるのも避けたいし……」な
どと、まだ起こってもいない先のことをあれこれ考え過ぎるのもいただけませんねぇ。

もし万一、断られたら、素敵な女性はもっとたくさんいるんだから、「次行こう、次!」の精神で突き進んでいっている人が、ナイスな彼女をゲットしてい
るというのが現実です。

好印象を与えたら、「いい人」「友だち」で終わっちゃダメだよ。
もったいない(笑)。(マッキー)

2009/09/15

photo by Tristan Schmurr

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。