記事の詳細

こんにちは。かなこです。
最近、坦々麺作りにハマっています。
近所の中華料理屋さんの坦々麺がとてもおいしいので、
同じような味を目指して試行錯誤……。

白練り胡麻とコチュジャンをスープに溶かして、
鶏ひき肉を使って、胡麻の風味を生かします。
あまり辛くなくて、胡麻が濃厚でおいしい。
でも、あのお店の味に近づくには、もう少し時間がかかるかなー。

第309号 家族のことを聞きますか?

友だちや恋人と話すとき、家族のことを話題にしますか? 私は家族について
よく話すけれど、自分から話さない人には聞かないようにしていました。

家族の話題って、とてもプライベートなことですよね。だから、自分で話すの
はともかく、たずねるのはタブーなのではないかと思っていたんです。家族の
ことを誇りに思っている人もいれば、嫌っている人もいる。相手が聞かれたく
ないと思っているかもしれないし、プライベートなことに首を突っ込んでイヤ
な思いをさせるのは怖い……そんな思いがあったんですね。

最近は、仲が良い人には積極的に聞いています。家族のことを知ると、その人
が成長の基盤としてきた部分が多かれ少なかれ、わかってきます。そうすると、
考え方や気持ちがより理解できて、より仲良くなれるんです。

ただ、とてもデリケートな話題だし、聞かれたらイヤだと思っている人もいる
かもしれないので、聞く内容や聞く相手はとても気をつけています。たとえば、
「きょうだいはいる?」「お姉さんや妹がいそうだよね」ならば、初対面の相
手にでもOK。「お父さんのお仕事は?」「お母さんはお料理は得意?」「お
兄さんはご結婚してるの?」など家族の個別な質問は、抵抗がある人も増えて
くるのではないかしら。

私が聞くときは、きょうだいの有無から聞いてみて、「お姉さんいるんだ。ど
んな人なの?」と聞いてみる。あまり話さないようなら、いいたくないんだと
判断して、それ以上は聞きません。楽しそうに話をしているようなら、自分の
きょうだいの話を重ねたりします。一人っ子なら、「私は小さいときは一人っ
子がうらやましかったなぁ。うちは3人きょうだいで……」と話を続けます。
うまくいくと、きょうだいの話だけでも盛り上がります。

親のお仕事、どういう家庭だったかなど、もっと細かな話については、何度か
会っていて、もっと仲良くなりたい人や実際仲がいい人にしか聞けないかな。
恋人に聞いてみたら、いままで腑に落ちなかった考え方や行動が理解できて、
より仲良くなれるかもかもしれません。(かなこ)

親密さを示すバロメータ

家族との関係は、それぞれ違うからおもしろいですよね。私もかなちゃんと同
じように、自分の家族について話すことにはまったく抵抗がないので、他の人
に比べて家族の話題が多いかもしれません。私の印象では、女性のほうが家族
について話す人が多いように感じます。

私が家族の話にためらいがない分、あまり意識していませんでしたが、改めて
思い返すと、仲良い友人でも、きょうだいの構成は知っていても、親の職業ま
では知らないという人が結構いることに気づきました。「家族について、どこ
まで知っているか?」が親密性を表す1つのバロメーターになることは間違い
ないですね。

以前に仕事を通して知り合った男性と個人的に仲良くなり始めたときに、「関
係が変わったな」と実感したきっかけのひとつが、彼が「オレの母親はね……」
と、何気ない会話のなかで母親の仕事について教えてくれたこと。そのときま
で家族の話を聞いたことがなかったので、「そういう話もしてくれるようにな
ったんだ」と、すごくうれしかったです。

女性は「自分にだけ特別」というシチュエーションが大好き。他の人に比べて
優しい、自分のことをかまってくれる、よく話しかけれくれるなど。これらと
同じで、家族の話はプライベートな話題だからこそ、「私には話してくれた」
というのは、信頼されている証しのように感じたのです。(はしこ)

やっぱり控えめに

家族の話題は、難しい、
というのが正直な実感。

もちろん楽しい家族関係の人はいいけど、
うまくいっていない人も、多いよね。

家族関係が親密がちな女性と、
疎遠がちな男性の価値観の違いもあるよね。

家から出てしまうと、なしのつぶてで、
年に3回ぐらいしか、連絡もしない男も、
多いのではないだろうか(^^;

積極的にお話しする話題でないね~。

仲良し家族は、いいなぁ~。(咲道)

2009/09/01

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。