第308号 上手な告白の仕方

こんにちは。かなこです。
今年こそは浴衣は着られるようになろうと、着付けを練習しています。
先日、浴衣を着て髪をアップにして、駅で電車を待っていたら、外国人観光客の方にパシャパシャ写真を撮られてびっくり。
うちの近所はお寺が多いせいか、外国人観光客が多いんですよね。
日本人らしい!と思われたんだろうなー。でも一言断ってほしいですよね!

第308号 上手な告白の仕方

好きな気持ちを温めていると、どうしても相手に伝えたくなる時期が来ませんか。一人で悶々と悩んでいるのがつらくなってきて、相手に打ち明けて白か黒かはっきりさせたくなる。

そういう勢いで告白したとき、私は大抵うまくいきませんでした。その原因をいろいろと考えてみると、OKがもらえるかどうかは、告白の仕方・伝え方ではなく、告白前の行動にかかっているのがわかってきました。

片思いの気持ちを打ち明けたい! というのはあくまで自分の都合。上手に告白するには、相手の都合を考えないといけません。いくら告白したくても、相手がOKをくれなさそうなら、してはいけないんだと思うんです。

たとえば、出会って2~3日で相手のことをよく知らない状態、連絡はとるけれど電話やメールがいつも遅く、たまに忘れられている……つまり自分に興味がなさそうな状態で告白しても、驚かれるだけで断られてしまうでしょう。

このままでは勝算がないので、まずは自分のことを恋愛対象として見てもらわなくてはいけません。それはそんなに難しいことではないです。要は「この人、私のこと気にしてるのかな? 好きなのかな?」と女性に思わせることができればいいのです。

具体的には、出会ってすぐなら、会えてうれしかったことをメールや電話で伝える。その後も何度かメールや電話をしてみる。これで全然返事が来ないようなら脈なしですが、何度かメールが往復したり、電話も楽しく話せるようなら、デートや複数の飲み会に誘ってみる。

直接顔を合わせる機会を増やすと、より身近に感じられるし、女性は徐々に男性を好きになる傾向があるのでオススメです。会ったときには、「○○ちゃん、いつもかわいいよね!」「今日のワンピース、すごく似合ってるよ」などのほめ言葉を忘れずにね。

こうして告白の準備を進めて、女性がたくさん話す、あるいは女性から連絡が入るようになれば、告白のOKサイン。告白するまでが長い道のりですよね。

こうやって相手の気持ちを考えながら、告白できれば、恋愛をコントロールできるようになるんじゃないかな。(かなこ)

初対面のときが勝負

男性は一目ぼれが多く、好きになるのが早いから、初対面のときに気に入ったことを話しておくと、その後がスムーズ。合コンやパーティなど出会いの場では、初対面のときが勝負です。

女性は男性の好意を感じたあとに、その男性を気になり、好きになることが多いので、男性は女性の脈があるかどうかは気にせずに、自分の気持ちを素直に表現して、デートに誘って反応を見るのがおすすめです。

いまどきの肉食男子は、初対面のときに「最初に見たときに気になったから、近くの席に座った」「こんなに話の合う女性ははじめて」などと、口説くようです。こういわれて悪い気がする女性はいないでしょう。その後、メールでデートの日時を決めれば、うまくいくはずです。ちなみに、「オレはこんなにすごい」という口説きは昔っぽく、女性の反応は良くないようです。

初デート後、つき合いに発展するかどうかは女性のタイプによります。自分の直感を信じる行動的な女性ならば、告白しなくても恋人になることは可能ですし、控え目な女性だと2、3回ぐらいデートして、告白したほうが恋人になりやすいでしょう。

恥ずかしくて、その場で口説けないという男性は、かなちゃんが書いているように会えてうれしかったことをメールしていくのがおすすめです。ただし、初対面のときに、女性が「この人は私に興味がないんだな」と感じていたら、よほどメールがうまくないと、難しい。逆転させるのは大変です。

慣れればそれほど難しくないのが、最初に会ったときに、女性をいい気分にさせるトークをすること。口説きほど敷居が高くなく、これができれば、デートに誘っても断られないはずですし、メールで仲良くなる手間を省けます。

女性も20代後半以降になったら、また会いたいと思う男性には、いい気分にさせたほうが、「オレに気があるのかな」と思われて、誘われやすくなります。いまの時代、女性が男性をその気にさせることも重要です。(嶋津典代

★関連バックナンバー
第186号 女が一番嫌がること
第261号  いい気分にさせるトークとは
第270号 気持ちを悟られたくない?
第286号 「興味がないんだな」と感じる瞬間

基本はシンプル。どんどんアプローチしよう

ホント、このメルマガ読者の男性、ラッキーだよなぁ。だって、実際にいろいろな男性から好意を持たれたり、口説かれてたりしている女性が執筆しているんだからさぁ。

時間のあるときは、バックナンバーを読み返すのも良いお勉強になりますよ。
少なくとも、いまどきの肉食系男子のささやき言葉くらいは暗記しておくといいかもね。

ボクも「学んだことは実践で試す」というのをこのメルマガの読者の方には、やって欲しいなぁと思って書いています。

難しく考えると行動できない人も中にはいるかもしれませんが、行動そのものはいたってシンプルなんだよね。

「楽しく歓談する → 次につなげる」

基本はこの繰り返しなんだもん(笑)。

「相手をいい気分にさせるためのトーク」練習なら、友人や会社の同僚・家族相手にだってできるんですから、リスクはないし、やらない手はないでしょう。

失敗は将来の成功のために必要なものですから、恐れることはありません。
それよりも、失敗を恐れて何もしない方がキミを退化させますよ。アプローチを待っている女性、世の中にはたくさんいるんだしさ。(マッキー)

2009/08/25

 

関連記事

  1. 第120号 夢見る初めてのデート その2

  2. 第381号 声をかけるのに苦手も得意もない

  3. 第65号 初対面って苦手?

  4. 第269号 気持ちを高めるデートの日程

  5. 第435号 冗談なの?

  6. 第202号 私のこと好き?

  7. 第232号 男性の良さがわからない

  8. 第289号 行動する前に考えちゃう

  9. 第150号 メールの返事をくれない彼

人気記事

最近の記事

PAGE TOP