記事の詳細

こんにちは。かなこです。
収納つきのソファーベッドが欲しくて、
いろいろ探していたのですが、
狭い部屋を考えると幅は160センチ台が限界……。

座面収納のついた小さいソファーベッドでなかなかなくて、
見つけられたのは180~200センチ以上のものばかり。

結局、幅と収納は妥協できなかったので、
オーダーメイドにすることにしました。
高かったけど、シンプルで長く使えそうなので、
届くのが楽しみです。

第301号 返事をするタイミング

携帯メールの返信は早いですか? それとも遅い? 私は、そのメールの内容
や送ってくれた相手にもよるけれど、大好きな人からのメールにはすぐ返すこ
とが多いかな。もちろん、即座には返せないときもあるけれど、気づいたらな
るべく早く返すようにしています。

携帯メールはすぐ受け取れるし、送ったらすぐ確認してもらえることが多いと
いう認識もありますよね。返信にそんなに時間がかからないようであれば、メ
ールをくれた人を優先して、仕事や何かほかのことをしている最中に返信する
ことも私はあります。

返信のタイミングについては、人によっていろいろな思いがあるようです。友
だちに聞いてみると、自分が仕事中であることが相手にわかっている場合に、
「仕事中に返信するなんて、責任感のない人と思われないか」などと心配にな
るので仕事中は返信しないという人や、一部の恋愛本にある「駆け引き」の視
点で返事をわざと遅らせているという人もいました。

仕事が忙しいときは、メールなど構っていられないこともあります。でも、メ
ールした人を批判するのは良くないですよね。私は「暇な人なのね」「仕事に
ヤル気がないのね」などと思ったことはありません。仕事ができる人は何事も
テキパキしているし、仕事中でも返せるのなら返してもいいのではないかしら。

また、個人的には「駆け引きのためにわざと返事を遅らせる」ことは反対です。
自分がメールしたときに、早く返事がもらえたらうれしいから、無理のない範
囲で、好きな人への返事は早くしたいと思うんです。

確かに、返事が遅いと送った側はやきもきしたり相手のことを思い浮かべたり
するから、駆け引きとしては成功することもあるかもしれません。でも、その
相手とのおつき合いを長い目で見たら、駆け引きがいい結果を生むようには思
えないのです。それよりも、もらって自分がうれしいと思えるようなメール、
相手が喜んでくれるようなメールはどんなメールかを考えたほうが、楽しくお
つき合いできるのではないかな。(かなこ)

素直に表現できれば人生は豊かに!

私もかなちゃんの考えに全面的に賛成です。相手をやきもきさせるためにわざ
と返事を遅らせるなんて面倒くさいことは考えずに、メールを送りたいと思っ
たら、そのときに送ればいい。

好きな人からメールが届いていたらうれしいので、その場で送りたくなります
よね。その気持ちをそのまま行動に移すのが一番。「返信が遅いということは
優先順位が低いのかな、後回しにされたのかな」と相手に誤解されたら、元も
子もありません。

メールの返信に限らず、気持ちを素直に表して行動に移すのが一番ではないで
しょうか。以前に、このコラムを一緒に書いている、のりよお姉さんに「感謝
を表現する術を多く持っている人ほど、人生が彩り豊かになる」ということを
教えてもらいました。素敵だなと思って、すごく印象深く残っています。「あ
りがとう」をいろんな言葉で表現できるといいですよね。このことって、恋愛
においても当てはまるんじゃないかな。

「感謝」を「好き」に置き換えてみてください。しっくりきますよね。まわり
の目を気にして気持ちを隠したり、照れくさいから素っ気ない振りをしたり、
あるいは駆け引きで想いとは裏腹の行動をとってみたり、いずれも誰でもやっ
てしまいがちかもしれませんが、気持ちを素直に表現して相手と向き合ったほ
うが、すんなりいきやすいと思うのです。といっても、私自身、照れてうまく
行動に結びつかないことは多々あるのですが……。だから、「チャンスに照れ
るな」を心がけています。

話をメールに戻すと、「3日以内に返信すればいいと思っている」「平日はつ
い返信せずにたまってしまう」という人もいれば、「即レスが基本」という人
もいて、メールのタイミングは人によってさまざま。ただ、「すぐに返信がき
たらイヤ」という意見は男女問わず、聞いたことがありません。(はしこ)

無理のない範囲で早いお返事を

仕事で「ちょっと調べてからお返事しますね」という場合、返事が早ければ早
いほど短い答えでも相手は満足し、時間が経過すればするほど相手はどんな回
答が来るのだろうか、と返事の質だけでなく量も期待する傾向があるようです。

携帯メールだと、もともと長文を書くという代物ではないし、送ったメールは
まず確実にメールは読まれているものと解釈されているのが普通ですから、手
元に携帯があるのであれば、できる限り早く返事をするのがベターでしょうね。

ちなみにボクは、土・日・祝日は携帯を書斎兼仕事部屋に放置している場合が
多いので、返事が遅れることしばしです(^^;
とはいえ、そういうことをあらかじめ知っている人も多いので、困った事態に
陥ったことはありませんけどぉ(笑)。

携帯メールでチャット状態になっているときって、実は電話で話した方が早い
よなぁと思いつつも、メールしちゃうようですね。不思議だ~。(マッキー)

2009/07/07

photo by Emily Poisel

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。