第295号 スマートな声のかけ方

こんにちは。はしこです。
近所に新しくジャズ・カフェができました。
駅から家までの道すがら、
ビルの前を通るたびに気になってはいるものの、
窓に大きく貼られた看板がどうも気に入らない。
あのセンスはどうだろうと思いつつ、
入ってみるべきかまだ悩み中です。

第295号 スマートな声のかけ方

先日参加した母校の同窓会ですごく印象的な出来事がありました。皆がワイワ
イやっているスペースから少し離れて、ドリンクを取りに行った友人をひとり
で待っていたところ、「何期生ですか?」とある人が声をかけてくれたのです。

私よりもひとつ上の先輩でした。有名な方だったので在学時から一方的に彼の
ことを知ってはいたものの、言葉を交わしたことはありません。でも、私が暇
そうにイスに座っていたので、声をかけてくれたんですね。

聞き取りやすいわかりやすい声で、答えやすくてその場にふさわしい質問を、
しかも感じのいい笑顔とともに投げ、その後も「その学年だったら知っている
人いるよ~」と私に合わせて話をしてくれました。

そのときに思ったのは、最初の声のかけ方って大事だなぁということ。彼の場
合はすごく感じの良い笑顔だったので、すぐに気持ちがほぐれたんです。おそ
らく、恋愛だけではなく、ビジネスも含めて人とのつき合いに慣れているんだ
ろうなぁ。

今回のような同窓会や異業種交流会など、知らない人の多い場で、誰かに声を
かけることって、慣れないうちは勇気がいりますよね。私もまだスムーズに第
一声を切り出せるわけではありません。特に複数で、すでに輪ができているな
かにすっと入り込むのが苦手です。でも、「お邪魔してもいいですか?」「こ
の会にはよくいらっしゃるんですか?」などとの一言と、笑顔さえあればいい
んだなと、最近、気づきました。

のりよお姉さんは、感じよ~く声をかけたり、会話に入ったりするのがうまい
ですよね。私も見習わなきゃ!(はしこ)

「こんにちは」から始めましょう

私もはしこの年齢のときには苦手でしたが、3年間毎月開催している交流会の
事務局を行ったため、声をかけることや会話に入ること、その場で知り合った
人と友人になることができるようになりました。

慣れれば、声をかけるのに勇気も恥ずかしさも必要なくなります。私はいつも
「こんにちは」といって、できるだけ笑顔で声をかけるようにしています。

「名刺交換いいですか?」「ご挨拶させてください」などと声をかけられるこ
ともありますが、最初にかしこまると親しくなるのに余計な時間がかかります。
「こんにちは」は、どこでも使えてベストです。山田さんに教えてもらって、
すぐに試し、習慣にしました。

挨拶して、名刺交換した相手が男性ならば、会話のリードは任せます。「アグ
ライアー」という社名の意味や業種、場所や「Writer&Editor」という肩書に
ついて、聞かれることが多いです。質問に答えるだけで、会話が発展しなけれ
ば「失礼します」といって離れます。

会話が楽しく続けば、接点や共通点を見つけて、親しくなろうと努力します。
会の前半ならば、ある程度話したところで「飲みにいきましょうね」などとい
うか、「友人を連れてきます」といって友人を残し、離れます。

会話している人に友人を紹介したいときには「お話し中、失礼します」といっ
て、会話の中に入っていくこともあります。

場数を踏んで、交流会やパーティに慣れたら、意識してほしいのが、数分話し
て、「親しくなりたいか」「なりたくないか」を判断すること。これを意識し
ないと、当たり障りのない無難の会話になり、その場を離れたり、深く話をす
ることができなくなります。

親しくなりたい人とはじっくり話し、「飲みにいきましょう」「合コンしまし
ょう」「飲み会に誘います」などとその場で伝え、その後、メールで日時を決
めます。シャイな人は、合コンで誘ってみてください。主催や関係している会
があると誘いやすいです。

なお、女性とメルアドの交換できても、その場でたくさん話していないと、メ
ール交換が続かないことになりがち。たくさんの女性と話してメルアドをゲッ
トすることよりも、きちんと会話することを意識してくださいね。(嶋津典代

★関連バックナンバー
第293号 出会いは職場?

とにかく仲間になろう

交流会の挨拶は、嶋津さんが書いているとおり、
「こんにちは」から、始めることにしています。

会話は結局、感性だし、まずは挨拶しなくちゃ、
始まらないよ。合コンでも何でも、
ともかく仲間に入らなくちゃ、進まないぜ(^^)ゝ

誰でも声をかける必要はないよ。
まわりを見回して、これはと思える人に声をかける。
そして、ゆっくりお話をするのがコツだよ。
まんべんなく話していたら、いくら時間があっても、
足りないからね。

最初は、なかなか声をかけづらいけど、
いい友だちをつくるきっかけだと思って、がんばってくださいね。

端っこで、たまにブルーになってるんだなぁ~。(咲道

2009/05/26

photo by Marina Aguiar

関連記事

  1. 第276号 PCメールと携帯メールの違い

  2. 第349号 合コンの出会いを活かす

  3. 第390号 携帯メールは恋愛に必要?

  4. 第307号 気持ちは携帯で伝える?

  5. 第415号 メールからつき合いに発展しない!?

  6. 第265号 自分とは不釣り合い?

  7. 第111号 いつ告白すればいいか?

  8. 第124号 ターゲット、合ってる?

  9. 第359号「どこ行く?」がうれしくない理由

人気記事

最近の記事

PAGE TOP