第294号 いつまで敬語?

こんにちは、はしこです。
お店でかわいいワンピースを見つけたものの、
サイズを確認したら、私にはちょっと大きそう。

店員さんに違うサイズがないか聞いてみたら、
「ワンサイズしかつくっていないんです」とのことでした。
平均身長よりも随分ちっちゃい私に
ぴったりなわけがないじゃないですか!
と、ちょっと残念に思った週末でした。

第294号 いつまで敬語?

社会人になって変わったことのひとつが、敬語で話す機会が増えたこと。正し
い敬語を使うことは、もちろん基本的なビジネスマナーですが、プライベート
での使いすぎは要注意です。

相手を寂しくさせるんだなと気づいたことがあります。それは、高校時代の友
人の結婚式で、卒業以来はじめて会った友人と話したときのことです。

彼は、私も含めて女性全員に敬語で話していました。他のみんなは、昔どおり
にタメ語で話していたので、当然、彼の言葉だけが浮いてしまう。見かねて誰
かが尋ねたら、「仕事でいつも敬語だから、敬語のほうが話しやすくて」と弁
解していました。そのときに、彼との間にすごく距離を感じたんです。そして
「中学・高校を一緒に過ごした同級生なのに距離をつくられているな」と寂し
かったです。

そういっておきながら、私も敬語を引きずりがち。特に年上の男性だと、たと
え2~3歳の差で数回会う機会があっても、最初のまま敬語で話し続けること
が多いです。もちろん、堅苦しい会話をするわけではなく、相手の話にツッコ
ミを入れたりもするものの、「○○だよね?」とはいえず、「○○ですよね?」
といってしまう。

まわりを見ていると、敬語からタメ口に変わるタイミングは人によって全然違
います。たとえ5歳以上離れている相手であっても初回から自然と敬語トーク
を脱出できる人、私のようにずるずると敬語のまま話す人……。

どちらが相手にとって親しみがもてるか、相手と仲良くなりやすいかといった
ら、やっぱり自然にくだけた言葉に移行できる人、ですよね?(はしこ)

うまく使い分けましょう

男性の皆さんは、初対面の女性と話すときに、女性が敬語かタメ語かは意識し
ていたほうがいいでしょう。タメ語になっていれば、警戒心が緩んでいる。メ
ールでも同じで、敬語を使っていたら、まだ警戒しています。警戒しているう
ちは、女性は自分のことをなかなか話したがりません。

「自分のことを話さない=彼女の情報収集ができない」であり、その場で親し
くなりにくくなります。自己紹介を簡単にしたあとに、趣味などから共通点を
探していくためには、男性がずっと敬語だと女性も堅くなりますので、徐々に
フレンドリーにしていくのがいいでしょう。

具体的にどうしていけばいいのかはマッキーに任せて、私が男性と話すときに、
意識している2つのことをお話します。

まずは、私、オレ、ボクの違いです。男性は公的な場では私と使いますよね。
しかし、初対面の打ち合わせや取材などでも、打ち解けてくると、私ではなく、
オレやボクになります。ボクだけよりも、ボクとオレを混ぜて使う男性のほう
が多いです。無意識に男性は使い分けていると思うので、私はこのことを親し
くなれたかどうかの判断材料にしています。

もうひとつは、私が親しい男性2人、たとえば55歳のA男さんに、40歳のB男
さんを飲み会などで紹介するときは、意識的にタメ語で話すこと。B男さんは
A男さんに「私は~です」などと、かしこまって話しているところに、「ねっ、
A男さん、そうだよね」と私がタメ語で話していると、だんだんとB男さんも
引きずられて、A男さんにタメ語で会話することが増えていくのです。このよ
うに引き合わせると、A男さんとB男さんは打ち解けるのが早くなります。

ちなみに、女性同士の場合、警戒しないので、初対面でも同世代で服の好みな
どが似ていると、すぐに親しくなれます。男性には数年来の友人に見えるよう
です。それに対し、男性同士だと堅い雰囲気が漂いますが、そうした男性の中
に女性が加わると、空気ががらりと変わります。にこやかにしていると、会話
が盛り上がります。(嶋津典代

フレンドリーに話す2つの方法

まったくの初対面といっても下記のケースがありますよね。

●いままでまったく知らなくて、はじめて会った
1.お互いの共通の知り合いから紹介された
2.その場で、会ったばかり
●相手がキミのことを少しだけ知っていて、はじめて会った
●キミが相手のことを少しだけ知っていて、はじめて会った
●お互いの存在などは知っていたが、会うのははじめて

ボクが多用している「どの場合でも応用できる方法」は次の2つ。

●簡単な自己紹介を終えたあとに、「○×さん(相手の下の名前)と呼んでい
いですか?」といってOKをもらえたら(ほぼ100%もらえます)、そのとき
を境に普通にしゃべり始める。そうすると相手も普通にしゃべり始めます。

●会話の頃合いを見計らって「普通に話していいですか?」とか「普通に話し
ませんか? 疲れちゃって(笑)」というと場も和み、普通のおしゃべりへと
移行できます。

まぁ、きっかっけは自分からつくる、ということですねぇ。

ちなみに、このメルマガでは「ボク」を一貫して使っています。
日ごろは「オレ」とか「自分」とかを使っているかな。
仕事のときは「私」ですけど、キミはどうかな?

女性へのメールでは「ボク」を使う男性、結構多いみたいだよ。
あっ、こういうのは女性に聞いたほうが早いし正確だね(笑)。(マッキー)

2009/05/19

photo by Ryan

関連記事

  1. 第352号 飲み会と合コンの違い

  2. 第423号 脈ありの確信

  3. 第301号 返事をするタイミング

  4. 第272号 年の差を気にする?

  5. 第162号 今度っていつ?

  6. 第441号 もう一軒誘う? 誘わない?

  7. 第150号 メールの返事をくれない彼

  8. 第157号 メール派? 電話派?

  9. 第382号 きれいに食べてる?

人気記事

最近の記事

PAGE TOP