記事の詳細

こんにちは。はしこです。
箭内道彦さんの『サラリーマン合気道』(幻冬舎)と
いう本を読みました。
そのなかで書かれていた言葉で一番印象的だったのが、
「チャンスに照れるな」。

シャイな日本人は、つい気になっていないふり、関心のないふりを
してしまうのは、すごくもったいないこと。
実はこの言葉、今回のテーマにも関係しています。
箭内さん流のおもしろい本だったので、
気が向いたら読んでみてください。

第290号 軽い人、積極的な人

異業種交流会や合コン、飲み会などで、第一印象で気に入る人がいたとき、あ
なたならどんな行動に出ますか? というよりも、行動に出ますか?

初対面に近い人に対して、「気に入りました」とアピールしたり、食事に誘っ
たりすると、軽い人と思われるのではないかと躊躇する人がおそらく多いので
はないでしょうか。多くの日本人はシャイですから!

確かに、いきなりのアピールに対して女性は「この人、軽いのかな?」と、警
戒心を持ちます。そのときに気にするのは、「誰に対してもこうなのかな?」
ということ。

女性は、早かろうが、遅かろうが、好意をもたれること自体は決して悪い気は
しません。逆に予想もしない相手からの好意はドキッとします。

以前に仕事で出かけたセミナーでプレゼンをされていた方から、後日、メール
をいただいて食事に誘われたことがありました。セミナー当日、私は一番前の
席にいたので、一言二言話す機会はあったのですが、まさか誘ってくださると
は思わず、びっくりすると同時に、実はすごくうれしくなりました。

彼に対して「軽いのでは?」と勘ぐったことは事実。でも、そのときに考えた
のは、会って話して判断すればいいじゃないかということ。軽いようにも見え
た行動は、見方を変えれば「積極的」「行動力がある」というプラスにも、と
れます。その見極めは話してみなければわかりません。

出会えたというチャンス、誘われたというチャンスに照れずに積極的になれた
ほうが人生おもしろくなるはずです!(はしこ)

理由を伝えて女性を誘おう

受け身だと、待っているしかありませんが、積極的になれば自ら人生を切り開
くことができます。その際、「軽い」「わがまま」などと思われることを気に
したり、他人の気持ちをあれこれ推測したりするよりも、先に自分の気持ちを
伝えたほうがうまくいきます。

「一番前に座っていて、熱心にメモをとる姿が記憶に残っています。食事しな
がらでも、セミナーの感想を聞かせてくれるとうれしいです」などと伝えると、
女性は悪い気はしません。紳士的な人だと感じて、印象がグッとよくなり、断
る女性はいないのではないかしら。

はじめて会ったときに会話が弾んだ男性は別として、「一度食事しませんか?」
といった理由がない誘いだと、私は「軽い人」というよりも「好意を感じられ
ないのになぜ? 2人で会うのは気づかれして、楽しくなさそう」と感じます。

初対面での女性との会話が苦手で、女性に興味がないと思われるような言動を
している男性は少なくありません。このような素っ気ない誘いも、そのひとつ。

男性が女性を誘うときには、「笑顔が素敵だったので」「会って話したほうが
もっと楽しいと思うので」などと「~ので」という理由を入れてくださいね。
良い返事が届くことでしょう。

一方、男性の好意は感じるけれど、なかなか誘われないときには、女性が「今
度、誘ってくださいよ~」といってみてね。(嶋津典代

★関連バックナンバー
第81号 好きには理由がある
第286号「興味がないんだな」と感じる瞬間

女性を誘うのが自然の摂理

何もしないとゼロのまま。年月が経っていくと、ゼロではなくてマイナスにな
っていきます。グズグズしていると他の男たちに気に入った女性をさらわれち
ゃう確率は確実にアップしちゃうしね。

キミがよほどの悪印象を持たれていない限り、誘われてイヤな女性はいません
から、誘ったほうが良い結果をもたらすことが多いです。なぜなら、誘う男が
相対的に減ってきたし、女性から誘う人は増えていますが、受け身の女性はま
だまだ多いからです。

妙齢の女性から聞いた話ですが、誘われない女性は寂しいそうです。女性だっ
て出会いを求めています。誕生日、クリスマス、バレンタインデーをひとりで
過ごすのに慣れたくないのは、男女共通のようですし。

真剣につきあっていける相手かどうかを見極めたいというのも男女共通。なら
ば、お互い話す機会を持って、お互いのことを知っていく過程を多く持ったほ
うがお互いのため。

だから、男性は積極的に誘っていくのが正解なの。キミからの誘いを待ってい
る女性はたくさんいるのは確かなので、どんどん誘いましょう。個人差はあり
ますが、ある程度の数をこなせば、抵抗なく上手に誘えるようになりますから
ね。楽しみながら、がんばれ。(マッキー)

2009/04/21

photo by poolski

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る