記事の詳細

こんにちは、はしこです。
喫茶店で、電車の中で、ふと気づいたら、前の席の人が持っている携帯電話が自分と同じ。
たまにありますよね?
いくつも種類があるなかから選ぶものだから、きっと趣味が似ているんだろうな。
なんとなく親近感が湧くんですよね。

第277号 2度目のデートを断られたら?

勇気を振り絞ってデートに誘って、楽しい時間を過ごしたつもりだったのに、「また食事に行きましょう」といったら、あいまいな返事。2度目のデートにつなげられなかった経験ってありませんか?

私は食事や飲みのお誘いであれば、気軽に出かけます。異性として相手に好意を持っていなくても、友人として、人として好きであれば、基本的にOKします。ただ、2度目のデートになると、話は別なのです。

最初のデートが楽しくて、もっと話をしたい、もっと相手のことを知りたいと感じれば、もちろん次のデートも喜んでいきます。自分から誘うこともあります。でも、相手が好意を寄せていることを感じつつも、「友人としてはいいけれど、異性としては好きになれない。つき合う気はない」という場合、変に気をもたせるのもどうだろうと考えてお断りします。

1回目はすんなりデートに応じたのに、次に誘ったらメールの返信が遅い、態度があいまいという場合、彼女は返事の仕方に困っているということ。「その気はない」ことを無言で示しています。はっきり断られていないから、まだ可能性はあると考える気持ちはわかるけれど、彼女としては態度で示しているつもりなんです。

多くの女性は直接的に言葉で表現することは苦手です。特に、否定の言葉の場合、表面上、取り繕って遠まわしな表現になるため、男性からはわかりにくいこともあるかもしれません。ところが、行動を見ると結構、正直なんです。いいなと思う男性に対してはメールの返信が早くても、その気がない人に対しては遅くなる。

そういうときには気持ちを押しつけるのではなく、一旦、引いてみることも大事です。すぐに「あきらめて次にいこう」という気分にはなれないと思うけれど、デートではなく、複数で会う環境をつくるとか、ゆったり構えてみてはどうでしょう?(はしこ)

女性のタイプを知っておこう

女性は、ゆっくりつき合いを進めたいという気持ちがあるようです。2度目のデートを断ったとしても、人として嫌いではない。友だち・知人としてのつき合いが続いたら、徐々に好きになるかも……。

一方、2度目のデートを断られた男性は、2度と誘うことはなく、せっかく知り合っても、関係がなくなることが多いのではないでしょうか。あきめきれない男性は、数人の飲み会やパーティに誘ったり、毎月一回でも定期的にメールしたりして、関係を保っておくのは、かなり効果的です。

ところで、女性は気軽に誘いに乗るタイプと慎重なタイプの2つに分けることができます。

●気軽に誘いに乗るタイプ
お酒が好き、飲む雰囲気が好き
男友だちが多い
明るく、誰とでも話せて積極的
1回デートして考える

●慎重なタイプ
そんなに飲めない、まったく飲めない
女友だちが多い
人見知りで、控え目
デートする前に考える(何度か誘われないとOKしない、ランチデートならば応じるなど)

パーティや飲み会などで知り合った女性を誘うときに、前者は簡単、後者は面倒になります。後者は誘うまでに手間がかかる分、メールのやりとりがうまければ、つき合いに発展する可能性が大きいような気がします。(嶋津典代

グリーティングメールを活用しよう

2度目のデートを断られた男性は、
・2度と誘うことはなく諦める
・たまたま都合が悪かったのだろうと考え、また頃合いをみて誘う
・近況報告+αメールをたまに出す
などの行動を取るのが普通かと思います。

他の男性と差をつけたかったら、特別に教えちゃうけど、楽天などのグリーティングメールサービスを活用するのがいいんだなぁ。これらのメールサービスは携帯メール・PCメールのどちらもOKだけど、早い返事を期待したいのなら、携帯のほうが良いでしょう。

どんなときに送るのかというと、「誕生日」「クリスマス」「お正月」「もらう予定がなくてもバレンタインデー」「もらってなくてもホワイトデー」「暑中見舞い、寒中見舞いなどの季節モノ」「ありがとう」など。

これらのサービスの良いところは、配信日を指定した予約ができるという点。
これで誕生日の日をうっかり忘れた、ということがなくなります。

そうなると、当然彼女からのポイントが高くなるし、今までとは違った返事が来ることが期待できます。

誘うときも、たまにはグリーティングメールを使ってみたりするのもおもしろいと思うよ。いろいろな種類のメールが出せるので、もらったほうも楽しくなるのは間違いないからさ。

では、キミの成功を祈ります。
早速グリーティングメールを検索して登録しておこう。(マッキー)

2009/1/20

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。