記事の詳細

こんにちは。かなこです。
引越しをしました。
新居は収納がほとんどなく、あまり広くありません。
そのため、収納家具の購入はやめて着ない衣類・履かない靴をネットオークションに出品することにしました。

ネットオークションは手続きはちょっと面倒だけど、捨てるのが惜しいものがあるときによく利用しています。
どれもまだ十分使えるので、気に入ってくれる人が見つかるといいな。

 

第273号 デートに遅れたときの対応

デートを積み重ねると、つい気が緩んで遅刻してしまうこと、ありませんか。
私は遅れそうなときには、すぐに連絡するように心がけています。
「来ないな」と不安に思う前に連絡があれば、焦ることもなく気楽に待てますよね。

良くないのは、時間が過ぎてから連絡すること。
もっと悪いのは心配になった相手から連絡が来るまで放っておくことです。
待っているだけで手持ち無沙汰なのに、その連絡もしてもらえないと「大切にされていないな」「軽く見られている」という印象が強くなります。

そして、会ったときに、急に断れない仕事を振られた、電車が遅れたなど遅刻の理由を説明されると、ムッとした気持ちは消えずにくすぶり続けることにな
ります。
素直に「遅れてほんとごめんね!」と謝られると、それまで長い待ち時間にイライラしていても、不思議と「まぁいっか」と思えるんですよね。

どうしても長い間相手を待たせなくてはならないことになってしまったら、喫茶店や本屋など待ちやすい場所を提案することがおすすめです。
私は待つ側になったら、自分がいたいところで待つことが多いです。
「近く本屋さんがあるから、雑誌のコーナーにいるね」
「駅の向かい側にある雑貨屋さんにいるから」
「駅ビルの中をぶらぶらしてるから、着いたら連絡して」

遅刻常習犯(笑)と待ち合わせるときは、あらかじめ遅刻されるのを予想して、待っていても苦にならない待ち合わせ場所を選ぶこともあるかな。(かなこ)

 

遅刻常習犯はご用心

初デートの待ち合わせが「渋谷のハチ公前」「池袋西口」などで、相手が遅刻したら、それだけで印象が悪くなりますよね。
本人は10分前に到着していて、待ち合わせ時間を過ぎているのに、相手からの連絡がなかったら、最悪です。

ずっとキョロキョロと探すことになるうえ、まわりで待ち合わせをしていた人はどんどん去っていく。待つのにも疲れて、相手の携帯電話へ連絡。
言い訳ばかりだったら、そのあと会えても挽回するのは、かなり大変です。

それに寒い日、雨の日、暑い日など屋外で待ち合わせして、遅刻されたら、待たされる側は、時間を奪われたうえ、たまったものではありません。

私が待ち合わせをするのは、直接お店か、ドトールなどのコーヒーショップです。
遅れそうなときには、早めに連絡し、早く着いたときには、本を読みながら、コーヒーやビールを飲んで待っています。待たされても苦にならないかな。

最近では、待ち合わせが「渋谷のハチ公前」「池袋西口」などと指定された場合、「お待たせすると申しわけないので、直接お店に行きます。場所を教えて」
などといっています。あらかじめ伝えておくと険悪にならずに、会話を楽しむことができ、良い関係を保つことができます。

お互い、その気があったから、デートするわけで(女性は「誘われたから」という場合もありますが……)、印象を悪くしたら、次はなくなります。
待ち合わせの場所、および時間感覚は、その後の関係を左右しやすいので、大切にしてくださいね。(嶋津典代

★関連バックナンバー
第119号 夢見る初めてのデート その1
第195号 遅刻はいけませんか?
第236号 段取りがいい人が好き

大事な相手なら遅刻できるわけがない

仕事で先方の会社に訪問するとき、何らかの事情で遅れるのが確定的になった場合、その場で即、先方に遅れる旨を連絡するのが常識だよね。
こうした常識はプライベートでも守っています。待つ立場になった場合、たいてい本を持っていますから、読書して待っています。

まだ携帯がないころ、渋谷の某所でお互い目と鼻の先の距離にいながら、1時間過ぎても気づかなくて、お互いヤキモキして待っていたという経験がありま
した。
待ち合わせ場所の目印が2つあったのに気づいていなかったのが、失敗の原因でした。あ~、懐かしい(笑)。

デートの時、お互い遅れたら1分につき100円の罰金、というルールを決めていた友人もいました。
実行するかしないかは別として、遅刻も楽しんじゃうというという発想はおもしろいなぁと思いました。

今は携帯で手軽に連絡が取れる分、時間にルーズな人が多くなってきたと聞いています。ともかく初デートでは、男性は早めに行くのがベターです。
キミの業績を左右する、と~っても大事な商談だと思えば何が何でも絶対遅刻しないはずだよね(笑)。(マッキー)

2008/12/23

photo by The JH Photography

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。