記事の詳細

第270号 気持ちを悟られたくない?

大好きなのに、それをまわりの人に知られて冷やかされることがイヤで、気のないフリをしてしまったことありませんか。私は、お恥ずかしながらたーくさんあります。最近、これはとてももったいないことだったと気づきました。

私は好きな人の前で緊張すると、目を合わせなかったり、そらしたり、声が大きくなったり、自分のことばかり話したり……。男性は無口になってしまう人も多いのではないかしら。でも、これでは好きよりも、嫌いなのをアピールをしているようなものですよね。恋愛には逆効果です。

確かに、気持ちを悟られないまま、好意を知られないままであれば、周囲にからかわれることも、振られた惨めさなを味わうこともありません。本当に自分がその人を好きなのかどうか、じっくり考えることもできます。でも、肝心の思いが伝わらなければ、恋愛にはつながらないんですよね。

女性だと「あの人、私のこと好きなのかな?」と気づくと、だんだん気になって、いつの間にか自分も好きになっていることはよくあります。逆に、「この人は友だちだな」と一度認識してしまうと、男性として意識しなくなり、ドキドキしなくなる。恋愛感情を抱くまでには、なかなか至らないのです。そうならないためにも、気持ちは悟られるほうがおトクです。

では、好意が伝わるような行動とは、具体的にはどのようなこというのでしょうか。女性からすると、一番わかりやすいのはデートに誘われること。特別な好意がなければ誘わないと思うから、相手を男性として強く意識します。

いきなりデートに誘うのが難しいのであれば、まずは相手の目を見て、話すこと。また、話しているときによく話を聞き、話の内容に質問をすること。緊張していると、なかなかできていないことが多いんです。また、メールや電話をするのも良いですよ。

友人・知人を観察していると、モテる人ほど、積極的に気持ちをアピールしているんですよね。好きな気持ちを伝えることは、つき合った後でも大切なことだし、伝えられる側はうれしいもの。ちょっと勇気を出すだけで、すんなりう
まくいくかもしれませんよ。(かなこ)

素直になりましょう

「気持ちを悟られたくない⇔気持ちは伝えなければわからない」です。大人は冷やかすことなんてありませんし、気持ちを隠している人のほうが、幼く感じるものです。

自分では気持ちを隠し、平常心を装っているつもりでも、好意をもっている相手には、言葉や態度が違います。飲み会などで、必ずその人の隣に座ったり、会話しているときに笑顔が多かったり……。他人から見ればわかりやすく、どうして誘って距離を縮めないのかが不思議です。

性別問わず、大人ならば「好きだ」「いいな」という自分の気持ちに素直になり、目的を果たすためにじっくり考えて、行動する──。

その際、女性は男性に比べて警戒心が強いことを忘れないでください。男性ならば、見知らぬ女性から「これからの飲みに行きませんか?」と誘われたときに、その女性が魅力的であれば「はい」と答える人が多いでしょう。女性は、どんなに魅力的な男性でも「はい」と答える確率は1割もいないでしょう。

女性が親しくないと感じているとき(女性が敬語で話しているとき)に、男性が「今度の週末デートしようよ」などと誘っても、断られるだけです。週末デートがNGワードなのです。

断られないためには、徐々に近づいていくこと。メールのやりとりをして、まずは平日に誘う。食事や食べ物の話から、うまく食事や飲みにつなげてくださいね。デートするまで、メールから電話へと手順を踏む男性もいるようです。

誘うときには、「デートしよう」ではなく、「もしよかったら、来週でも食事にいきませんか」「飲みに行けたらいいですね」などと伝える。軽く誘って、女性の反応を確認してください。男性は「好きにさせよう」ではなく、「楽しませたい」という気持ちでいたほうがうまくいきます。(嶋津典代

携帯アドレスの交換から

普通は、みんなシャイだよね。
ちなみに、おいらもちょ~シャイ(^^;

しかし好きな子を、ゲットしようと思ったら、アピールしないとダメだよね。
人前では、どうにもならないので、まずは2人きりになること。

そのためには、勇気を振り絞って、恥ずかしくても、ダメモトで、「メールアドレス教えてください」っていうこと。

あとは、うまく誘ってくださいよぉ。
詳しくはバックナンバーを、じろじろ見てください~(^^;

おいらの携帯アドレス、教えましょうか~。(咲道

2008.12.02

関連記事

ページ上部へ戻る