記事の詳細

こんにちは。かなこです。
最近、携帯電話を新しくして、
遅ればせながら「おさいふケータイ」デビューを果たしました。
使い方がわからなくて、

今までは見たこともなかった携帯電話の取扱説明書を熟読したり、
おさいふケータイユーザーの友だちにいろいろ聞いてみたりして、
最初は大変……。

使い慣れてくると、ちょっとしたときに小銭を用意しなくていいので
とても楽ちんです。みなさんは使ってますか?
第256号  彼女の心をつかむタイミング

仲がいいけれど、どうもあと一歩が進まずにつき合うまで至らない……。そう
いうときは、常に彼女の近くにいる存在になって、楽しい時間だけではなく、
つらい時間もそばにいるのも、ひとつの方法です。女の子にとっては、つらい
時間に一緒にいてもらえるほうが、印象が強く残り、ありがたく感じるのです。

そのためには、まず彼女の状態を察すること。彼女の顔色、話し方、メールの
内容、メール・電話をくれた時間などから、「いつもと違うな?」と察するこ
と。いつもと違うと思ったら、恐れずに聞いてみましょう。

「今日は何か元気がないね。何かあった?」
「ちょっと疲れたような声だね」
「今日はちょっと眠そうだね。お疲れ?」

このような気づかいが、女性はうれしいのです。「今日、会社でイヤなことが
あって……」などと話しはじめたら、話を聞いてあげてね。このときに大切な
のは、彼女の気持ち、感情を理解することです。アドバイスをしたり、解決法
などを提案したりしないで、相槌をうまく打って聞いて、共感しましょう。

女性はつらいときには、自分の感情を理解してくれることを求めます。「それ
なら、こうしたらいいんじゃない」とアドバイスされると、否定された気持ち
になってしまうんです。

まずは、彼女の気持ちに共感してあげること。彼女の一番の理解者になること
を目的にして、聞いてあげてください。
「それは大変だよね」
「それは確かに難しいよね」
「なるほど、それはつらいね」
「何かあったら、いつでもいってね。ボクでよかったら聞くから」

このようにいってもらえると、
「この人は私のことをわかってくれているんだわ」
「この人だったら、私を受け止めてくれるかも」
と女性は思い、2人の距離を縮めることができるでしょう。(かなこ)
彼女から連絡が入ったときがチャンス

以前、お世話になっている会社を訪問したときに、
「橋口さん、今日元気ないですね~。お疲れですか?」
と男性の担当者にいわれて、きゅんとしたことがありました。確かにその日は、
上司との一悶着があったり、仕事でバタバタしていたりと、気疲れしていたん
です。

「それを社外の人に悟られるのは社会人としてどうなの?」という意見はさて
おき、つらいとき、疲れているとき、しょげているときに、人の優しさに触れ
ると、じーんと響きますよね。

彼女が彼氏と別れたタイミングや振られたときに、相談に乗りながら近づくと
うまくいきやすいとよくいわれます。これも、典型的な例ですよね。

かなちゃんがいうように、女性の心理を察してくれる男性って確かにモテるの
ですが、彼女の話し方や連絡の時間などの微妙な変化に気づくのは、なかなか
至難の業。女友だちと同じようには男性は気がつきませんし、気持ちや感情を
理解するのも難しいですよね。

そんな男性でも、気づきやすいのは、用事もないのに彼女から連絡が入ったと
き。「何?」「どうした?」など聞いても、女性は話しづらいので、「一杯、
飲みに行く?」と誘いましょう。「彼に連絡してよかった」と思うはずです。

飲んでいるときに「大変」「つらい」といった感情がポロっと女性から出たと
きには、「がんばっているね」と励ましてください。「話を聞くくらいはでき
るから、いつでも連絡して」といった気づかう一言があると、ふっと寄りかか
りたくなる女性は多いです。決め言葉として覚えておいてください。

ずっとグチや相談を聞いて共感するのは疲れますから、ある程度で終わらせて、
「ところで……」と話題を変え、楽しい時間を過ごしましょう。そして、「連
絡もらえて、うれしかった。今度、気が晴れるようなところに遊びに行こうよ」
などと誘うのも忘れずに! 話を聞いているだけだと、「いい人」で終わって
しまいますよ。(はしこ)
聞き上手になろう

つらいときや疲れたときに、
話を聞いてくれて、共感してくれる人。
そんな人といたくなる、
人情だよね。

男性諸君は、彼女の気持ちを、
しっかり聞いてあげようね。

聞き上手は、ビジネスでも喜ばれる。
何事も修業だ~(^^;

おいらの話も、聞いて欲しいなぁ~。(咲道

2008.08.26

photo by Moyan Brenn

関連記事

ページ上部へ戻る