第251号 恋愛が始まりやすい状況とは?

こんにちは、はしこです。
女性も男性も、浴衣姿って、色気があっていいですよね。
各地で花火大会が行われるこのシーズン、たびたび見かけます。
わたしは、高校生以来、着ていないなぁ。
機会があれば今年は久しぶりにチャレンジしようかな。

第251号 恋愛が始まりやすい状況とは?

男女が混ざったグループで仲良くなると、たいてい、そのなかで恋愛が始まりますよね。5~6人の仲間だったら、1組くらいはつき合いはじめそう。
こうした場合、おもしろいのは、第一印象で気に入った相手同士とは限らないこと。

一般的に女性は、合コンや飲み会で会った男性に対しては、最初の段階で、恋愛対象がどうかを振り分けがちです。
ビビッとくるものがない限り、恋愛対象外として遠のけて、なかなか相手の良い部分を見ようとしません。

一方で、グループで仲良くなることのよい点は、仲間として接するなかで第一印象だけでは見えない良さが自然と見えてくるところ。

そして、好きな仲間の一員ということで、信頼できるし、安心感も高まるので、好きになりやすい。

もしくは相手に好意を示された場合に、受け入れやすい。無防備な状態になりやすいんでしょうね。

私の友人に合コンで知り合った男性とつき合った子がいますが、知り合ってすぐに惹かれたわけではないんです。

出会ったきっかけは合コンだったものの、その後、みんなで鍋をしたり、遊びに行ったりと、仲間の一員として会うなかで、最初は軽そうに見えた彼が、誠実で気づかい上手なことに気づいたそう。

男女がラブワゴンに乗って、恋愛をしながら旅をする番組「あいのり」も、旅の仲間として仲良くなるなかで、恋愛感情も芽生えるというパターンですよね。

「でも、そんなグループなんて身近にないし!」と思っていませんか。グループの目的は何でもいいので、つくってしまえばいいんです。おいしいものを食べる会でも、みんなで集まって歌う会でも、珍しいビールを飲む会……。

そのときにぜひ、リーダー役を買って出てみてください。みんな幹事やリーダーはやりたがりませんが、気になる人にコンタクトをとりやすかったり、彼女の予定に合わせることができたりと、メリットは大きいです。(はしこ)

 自分から輪を広げていこう

「このメンバーで飲み会をしたら楽しそうだけど、仕切るのは面倒……」と考えがちですよね。誰かが企画するのに参加するのはラクですが、リーダーや幹事は面倒な分、トクなこともたくさんあるんですよ。

まず、「しっかりした人だ」「頼りになる」と信頼されます。リーダーや幹事には、女性が知らない男性に持つ緊張感が緩み、仲良くなりやすいです。男性の中で名前を覚えやすいのは幹事ですし、シャイな男性でも誠実さを行動で見せることができます。

次に、人の見る目を養うことができます。知り合ったばかりのときには、内面まではわかりませんよね。それがメールの返信や当日の行動で明らかになります。いくらかわいい女の子でも、次の飲み会の連絡をしたときに、催促しないと返事をしない、ドタキャンやドタサンが多い。

いつも30分以上遅れて平気な顔をしている、「お店がいまいちだよね」などと文句ばかりであれば、幻滅しますよね。つき合うと、同様なことをされるのではないかと連想するのではないかな。

ルックスは普通でも、すぐ参加・欠席の返事や、終わると必ずお礼のメールが届く。黙っていて話しかけられるのを待っているのではなく、積極的にみんなと話す女の子のほうが好感を持ちませんか?

いつも友だちを連れてきて、輪を広げてくれる人もいます。友だちの友だちは仲良くなりやすく、場も盛り上がります。幹事からすると、人を誘うことが一番手間がかかるため、とてもありがたいです。

このような幹事をよくしている人と親しくなると、友だちの輪をどんどん広がっていきます。信頼できる友だちの友だちは、信頼できます。(かなこ)

人柄よければすべて良し

見た目で判断しちゃいけないってことだよね。

外見を気にしない男が多いので、女性は見る目が必要。

カッコよくても、かわいくても、人柄がダメなら、すべてダメ。
人柄がよければ、なんでもOK。
結局、長くつき合える人が、いいんだよ(^^)

たまには役得したいなぁ~。(咲道

(2008/07/22)

photo by Pia Kristine

関連記事

  1. 第279号 理想よりもタイミング

  2. 第150号 メールの返事をくれない彼

  3. 第324号 電話は苦手?

  4. 第261号  いい気分にさせるトークとは

  5. 第423号 脈ありの確信

  6. 第264号 友だちと行く場所、恋人と行く場所

  7. 第311号 一歩踏み込めない?

  8. 第148号 ほめられますか?

  9. 第326号 気になると好きの境界線

人気記事

最近の記事

PAGE TOP