記事の詳細

こんにちは、はしこです。
恋愛中の人って、女性でも男性でも魅力が増しますよね。
この間、カフェで一人の女性と隣合わせになりました。

人の気配がしたので、ふと見たら、待ち合わせをしていた彼氏らしき男性が登場。
座っている彼女を見た彼は、「あっ! 彼女のこと好きなんだなぁ」というすごく素敵な笑顔をしたんです。
恋愛の力って、すごい。

第245号 出会いをつくる

「彼女(彼氏)つくらないの?」
「う~ん、出会いがなくって……」

この「出会いがない」という言葉、男女を問わず、恋人がいない人の常套句ですよね。確かに、自然と新しい出会いが用意されている学生時代とは違って、社会人は家と会社との往復の日々を過ごしがち。そんな生活だと、出会いがないというのもうなづけます。そうであれば、家と会社以外にちょっと外に出かけてみればいいんです。

たとえば、行きつけの飲み屋、バーをつくるのもひとつの方法です。私も月に一度程度、顔を出す飲み屋さんがあって、そこでは隣に座った人やマスターを介してなど、はじめて会った人とも自然と会話が始まります。お酒が入っているので話が弾むんです。もちろん、よく顔を合わせる人とは友人のような関係で、仕事の話もすれば、恋愛の話もします。どうやら常連さん同士の間で「実は彼は彼女が好きで……」という関係もあるみたいです。

この間は、マスターを介して名刺交換をした男性と「今度、ゆっくり飲みましょう」という話になって、携帯電話の番号を交換しました。行きつけのお店で、特に信頼しているマスターを介していると、「悪い人じゃないはず」と思うので、信頼しやすいんですよね。

英会話やテニスなど、習い事を始めるのもおすすめです。週に1回など、定期的に会うので仲良くなりやすい。出会いを求めるのなら、なるべく異性が多そうなものを選ぶのがコツです。私の友人は、現在、テニススクールのコーチとの恋愛を満喫中です(笑)。

「習い事はお金がかかるし、定期的に時間をとるのは難しい」という人は、社会人サークルはどうでしょう? 学生時代からバドミントンをやっている私の姉は、最近、仕事を通じて知り合った人の紹介でバドミントンサークルに顔を
出しているそうです。

私も去年、友人に連れられて、「月に一度集まって、歌を歌おう」という趣旨の会にたまに参加していました。その会は2時間ほどみんなで歌った後、飲みに行くというスタイルで、毎回顔ぶれは違うし、それぞれ仕事もバラバラなので普段とは違う人に会えて楽しかったです。残念ながら今春で終わってしまいましたが……。

そろそろバーベキューや花火大会の季節。普段は仲間内でやっているイベントごとでも、それぞれが友人を連れてくるだけでも、ちょっと輪が広がります。

こうやって考えてみると、出会いなんていろいろあるものです。人生は一度きり。職場と家の往復で終わらせちゃうなんて、もったいないです! (はしこ)
ちょっとの勇気

はしこが書いているように「どこかに通う」ことで、ムリなく出会いがつくれて友だちもできます。人間というのは不思議なもので、しゃべったことがない人でも顔なじみになると、自然と会話するようになります。

私は月1回のボートクラブがそうで、だんだんと会話する人が増え、前からいるメンバーが名前を覚えてくれるようになりました。

飲み屋や社会人サークル、習い事でも、ひとりで新しいコミュニティに入るのは、敷居が高くなります。「どうしようかな」と迷い、さんざん迷って参加したのに、最初のうちは親しい人もいなくて居心地が悪い。年をとればとるほど、こういう状況が少なくなるので、苦痛になります。

しかし、合コンや出会いパーティのような1回の出会いとは違って、そんなに話せなくても何度も通っていれば、顔なじみになれます。私が新しいコミュニティに入ったときに心がけているのは挨拶をきちんとすること。そして、主催者や幹事、中心人物などの人間関係はつかみ、名前を覚えるようにしています。
3回ぐらいで通うと慣れ、仲間ができて居心地が良くなっていきます。

気心が知れた人だけとつき合うのはラクな一方、刺激がなくなります。いい人と出会えれば感動がありますし、恋人ができるかもしれませんし、メンバーが紹介してくれるという可能性も生まれます。加えて、習い事やスポーツだと向上心がわくというメリットもあります。

時間がない、仕事に追われている、お金がない。初対面が苦手、面倒など、出会いがない理由をいいだせばキリがありません。ちょっとの勇気を出して、参加してみましょう。職場以外のコミュニティがあるのは、いいものですよ!

嶋津典代

とりあえず来てください

出会いは、きっかけだけじゃなくて、
心がけも大事だと思う。
意外と近くに素敵な人がいるものですよ。

おいらのまわりには、素敵な男性も、
女性もたくさんいるけど、
なぜか彼女や彼氏がいない人が多いですね。

咲道

 

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。