記事の詳細

こんにちは、かなこです。
最近、チャイにハマっています。
といっても、いろいろなハーブを煮出して作るのではなく、チャイ用にブレンドされたティーバッグを試しています。

チャイはこってり甘めなものをちょっとだけ飲むのが好き。
たくさん作り過ぎると太ってしまうから、ティーバッグがちょうどいいのです。

今のところ一番おいしいと思うのはスタバのタゾ・チャイですが、外国もののお茶を置いているスーパーなどに行くと、もっと手軽でおいしいものはないかと、つい物色してしまいます。
第233号 自然に仲良くなるには

合コンやパーティなどの出会いを次につなげるには、そのとき、いかに女性をほめて、気づかうことができるかにかかっています。そうすると女性はうれしくなって「この人は私のことを気に入っているのかな?」とちょっと相手のことが気になります。そして、アプローチが続けば、「デートしてもいいかな」と考えます。

それでは、女性をほめたり、会話で楽しませたり、気づかうことができない男性に対して、女性はどう感じるのでしょうか。

物静かで話が続かずに疲れる、ひとりでしゃべっていてつまらない、印象が薄い、頼りなさそうなど、ネガティブな印象を持ちます。こういう男性からデートの誘いがあっても、「2人で会うのは楽しくないかも」と感じて断ったり、はぐらかしたり……。ひどい女の子はドタキャンをします。

このような初対面のときに好印象を持たれない男性でも、女の子と仲良くなれる方法があります。それは何度も会う機会をつくること。グループで会うのがおすすめです。

何度も会って話す頻度が増えていくと、おのずと相手のいろいろな側面が見えてきます。たとえば、ちょっといっただけなのに誕生日を覚えていてくれたり、風邪を引いているといったら心配するメールをくれたり……。思わぬところで相手の配慮が見えたり、期待していなかった心づかいに感動したりするの。

そうして少しずつ「わぁー、この人すごいいい人じゃん」と思うことが増えてきて、自分から相手のいいところを探すようになって、だんだんと自分からも相手を知ろうとして、仲良くなっていけるのです。

私は、「おんなのこのキモチ…」のオフ会で知り合った仲間で何度か飲み会をしています。一度しか来ない人、たまに来る人もいますが、毎回来てくれる人とは、だんだんとその人の内面がわかってきて、仲良くなれるんだと実感しています。(かなこ)

初対面が苦手?

多くの女性は、ほめられたり、優しくされたりすると、「この人は私のことを気に入っているのかな?」と気になるもの。「好みのタイプではなかったけど、彼が強引で、つき合うことになった」と女性がいうのも、そのためです。

ところで、初対面が苦手という人は、けっこういますよね。初対面が苦手だと、なかなか親しい人はできないのではないでしょうか。

私は営業目的でパーティや交流会に参加していますので、参加する限り、必ずひとりとは親しくなることを念頭に入れて、会話しています。そうして取引先や取材先、外注スタッフの開拓をしています。取引先や取材先を紹介してくれる人や友だちつき合いをしている人も、たくさんいます。

取引先を探すことと恋人を探すことは、お金か愛情かの違いはあっても、基本的なプロセスは同じです。まずは「いい人」「親しくなりたい」と思われないと先に進みません。そう思われるには、雰囲気と会話に「明るさ、軽さ、調子よさ」が必要。戦略的に会話を進め、人の見極めをするので、疲れます。

話は飛んで、私は昨年の夏に地元静岡のボートクラブに入りました。冬を除いて月に1回レガッタの練習があり、40人ぐらいのクラブのメンバーとは毎月顔を会わせます。仕事ではないので積極的に話しかけずに受け身でいて、まず親しくなったのは母と同世代の70代の女性。次は50代の男性です。

そして、次は30~40代の男性・女性でした。顔を覚えてから、会話し、名前を覚えるんだなと改めて感じました。「時間をかけて親しくなる=自然に仲良くなる」のも、いいですね。

初対面が苦手な人は、このような出会いがおすすめです。自分で誘うという面倒なことをしなくても、何度も会え、自然に親しくなれます。料理教室は、最近男性が多いみたいですが、「男性のための料理教室」ではダメですよ。異性がいるような趣味のクラブや会に参加することです。(嶋津典代
ネットの活用も妙手なり

出会いの場が多ければ多いほど、自分好みの素敵な人に巡り会う確率は高まるのは当然ですよね。

「出会いの場が少ない」「口べた」という男性に超お勧めなのがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。mixiなどを行っている友人に招待してもらおう。

いろいろな人の日記を読んで、「自分なりの表現の仕方」「相手を思いやったコメントの書き方」などを学んでいこうぜ。そしたら、趣味や興味ある領域の「コミュニティ」にも入ろう。

友だちも増え、出会いの機会も高まるよ。オフ会も結構盛んで、ネットでは交流しているし、多少の気心も知れているので、
「初対面であっても、何度か会った人みたいにすんなりと話せる」のも魅力だよん。これってすごいこと。

うまく活かせば人生が変わっちゃうかもしれないよなぁ、くらいの想像力も働かせてみようよ。何の世界でも「行動を起こした者だけが、いい思いをする」んだからね。(マッキー)

 

photo by Courtney Carmody

関連記事

ページ上部へ戻る