第219号 うれしい誘い

第219号 うれしい誘い

合コンや友だち同士の飲み会などで出会いはあるけれど、その先になかなか進
展しない、ということありませんか。そういう人はもしかしたら、デートの取
り付け方で失敗しているのかもしれません。「いい子だな」と思ったら、なる
べく早く、10日前後くらいに予定を入れちゃいましょう!

「来週末あたり、飲みに行こうよ」と誘ってみて、もう予定が入っているよう
なら翌々週に、とりあえず日にちだけ決めておく。「じゃ、またメールするか
ら」とその会話を終えて、翌日か当日メールするのがベストです。

メールでは「昨日はとても楽しかったです。来週末、楽しみにしているね。最
近、友だちとよく食べに行くイタリアンのお店があるから、そこに行こう。楽
しみにしているね」など、会ってうれしかったこと、10日前後の予定を楽しみ
にしていることを書いてね。

たいていの女性は、行く気がなくても、そのときは断りません。10日前後くら
いの近い予定は、たくさんあるほうが楽しみが増えてうれしいの。ただ、その
まま10日放置してしまうと、ほかにもっと魅力的な予定が入ったり、行くのが
億劫になったりして、50%くらいの女性はドタキャンしてしまうかも……。

ドタキャンされないためには、予定のある10日間の間に「私のためにそんなに
一生懸命になってくれるんだ」と思わせるのが大切。一番いいのは「○○ちゃ
んのために、お店を予約したよ」とお店を予約してしまうこと。

ちょっと強引に感じるかもしれないけれど、誘われる側としては、お誘いをO
Kするいいわけがほしいのです。
「断ろうかと思ったら、もう予約してたっていうから」
「あんまり一生懸命探してくれたから、断るのが悪くて」
「そんなにいうなら、仕方ないか……」

押されたい願望の女性はすごく多いんですよ。相手の好みを聞いて、相手に合
わせてお店を探したよという姿勢をアピールするのもいいです。好みを聞きた
いときは「どんなお店が好き?」など相手に考えさせるのではなく、イエスか
ノー、もしくは一言で応えられるような質問にするのがおすすめ。
「お豆腐のおいしいお店なんだけど、お豆腐嫌いだったりしない?^^;」
「イタリアンか和食のお店を考えてるんだけど、どっちがいい?」
「銀座か渋谷なら、どっちが便利かな」

考えさせる質問をしてしまうと、考えている間に面倒になって、返事をしそび
れてしまうということにもなりかねないんですよね^^;これならば返答する
のがラクなので、「メールで聞いたのに返事がない」ということにもなりにく
いです。いきなり飲みのお誘いが気が引けるようならば、休日のランチデート
や美術館に一緒に行くのも楽しいですよ。

それでも「急用が入った」とドタキャンになりそうだったら「じゃあこの日は
どう?」とすぐ次の日程を提案して、もう一度頑張ってみて。それでダメなら、
もうあきらめて別の子にアピールしましょ^^(かなこ)

デートと構えずに、さりげなく

多くの女性にとって、男性の誘いはうれしいこと。程度の差こそあれ、少なか
らず自分に対して好意を持っているわけですから……。1回目のデートは気軽
に、さらっと誘えれば、かなり高い確率で良い返事がもらえるでしょう。2人
の盛り上がっている話の中で、自然に誘うことができれば、難なくクリアでき
るはずです。

たとえば映画の話になって「○○、まだ見ていないんだ。見たいな~」なんて
会話になったとすれば、即座に「オレも見ていないから、今度一緒に行こうよ」
とつなげれば、「見に行きたい」といった手前断りにくいですし、映画がもと
もと見たいわけだから、その場で断られる可能性はほとんどないはずです。

このように相手の好きなもの、本当に行きたい場所を探って、デートの魅力を
高めるというのもひとつの手ですが、合コンや飲み会などで一度会っただけの
相手に対して短時間で見極めるのは、慣れていないと難しいですよね。

飲み会であまり話せなくても、帰り道に「今日はほとんど話せなかったから、
改めてお会いしませんか」という誘い方もあります。そういう場合、“デート”
と感じさせると女性には警戒心や抵抗感が出ますので、ダメモトで気軽に誘っ
てください。

仕事でも、最初から営業色をムンムンにさせて近づくと、嫌がられますよね。
そして、「明日どうですか? 明後日は?」というのも、下心ミエミエ。逆に
日程が遠すぎると、その間に相手の興味が萎んでしまったり、競合他社がスッ
と入ったり……という危険性があります。あまり遠くも近くもないのが翌週~
10日前後。相手の都合を尊重していて、感じがいいです。

デートでも、相手の関心、ワクワク感が萎まない間に実現させるのが一番。そ
れがどうしてもムリなら、相手の関心を維持するために時折連絡を取るのは、
仕事も恋愛も同じ要領ですね!(はしこ)
2度目で勝負

合コンや友だち同士の飲み会などで、話が合って気に入った女性がいた場合、
携帯メールアドレスの交換をすんなりできれば、デートへの第一関門突破だよ
ね。ところが、なかなかいい出せない、タイミングを逃して聞けなかった場合
も多々あろうかと思います。そんな時どうしていましたか?

参加した仲間たちの反応も上々だったときは「2度目の飲み会」の開催を幹事
同士を通じてセッティングしてもらうというのがいい方法です。男女とも最初
の飲み会の時にお互い好印象を持っている人がいたら、まぁ間違いなく2度目
も参加しますから(笑)。

初対面の時と違って最初から全体が和気あいあいムードになるので、会話も弾
むし、楽しさも倍増間違いなし。個別に誘いたい女性の隣に最初から座ること
もできるしね。

そうなると、その場のノリも手伝って、メアドの交換も拍子抜けするくらいあ
っさりできることでしょう。
もちろん、その場でデートの約束を取り付けることだって十分可能だよ。

そういう姿を想像すると、簡単にできそうでしょ?
できます、必ず。楽しみながら、がんばってね~。(マッキー)

photo by Alessandro Valli

関連記事

  1. 第223号  メールは便利、でも…

  2. 第349号 合コンの出会いを活かす

  3. 第217号 女性を自然に誘うトークとは

  4. 第60号 誘ったあとでわかる彼女の反応

  5. 第199号 いいわけが欲しいの

  6. 第288号 もらってうれしい携帯メール

  7. 第381号 声をかけるのに苦手も得意もない

  8. 第358号 メールはそこそこに、とにかく会う!

  9. 第311号 一歩踏み込めない?

人気記事

最近の記事

PAGE TOP