記事の詳細

こんにちは、はしこです。
仕事柄、家にいる時間が長いので、よく音楽をかけています。
最近気に入っているCDのひとつが、
カラーボトルの「彩色メモリー」というアルバム。
若いメンバーで、音も言葉もまっすぐで
キラキラしていて、存在感のあるボーカルも素敵です。
もしどこかで見かけたら、聴いてみてください。

第217号 女性を自然に誘うトークとは

私は、昔から好きな音楽のジャンルやミュージシャンががかぶっていると、そ
れだけで「この人はいい人だ!」と判断しちゃいます。非常に単純ですが、音
楽好きな人はたいていそうみたいです。

音楽に限らず、共通の何かが見つかると会話が発展しやすいですよね。だから、
気になる女性がいたら、会話の中で彼女の好きなことや興味のあるものを探っ
ていけば、その後のデートにつなげやすくなります。

たとえば、ジャズが好きという女の子であれば、「この間、知り合いに連れて
行ってもらったジャズバー、すごく雰囲気良かったよ。今度、行こうよ」など
と誘われれば、きっと「行きたいな!」と思うはずです。私ならば「○○が好
きなら、今度、良いライブがあるよ。行かない?」と誘われたら、都合が悪く
ない限り、行くだろうな。

このほか、「韓国料理が好きなら、○○って店行ったことある? すごいおい
しいんだよ! じゃぁ、次回行こうよ!」など、今までにもそんなデートをし
たことが何度があります。

一方、誘うときに男性が「今度、連れて行ってよ」という、受け身だと失敗し
やすくなります。つき合うまでは、男性が常にリードするのが成功への近道。
女の子は、自分からは誘わなくても、誘われれば行くということは多く、それ
が自分の興味のあること、好きなことであれば、誘いに応じる可能性は高まり
ます。

「いいな」と思う人がいたら、彼女の趣味を聞きながら共通点を探したりして、
2人だけの会話を楽しんでくださいね。そうすると絶対に好印象ですし、デー
トにも発展しやすいですよ。(はしこ)

 トークを磨きましょう

女性を誘う、あるいは気に入られようとするとき、男性が失敗しやすいのは自
分の話が長いこと。誰でも自慢話や興味ない話を延々と聞かされるのは、楽し
くありません。女性は楽しくなくても、微笑んで聞いているので要注意です。

親しくなるまで女性は、男性に会話のリードを任せることがほとんどですから、
好かれるには、男性は女性が話すように会話をもっていっていくこと。自分の
話は3割、話を聞くのを7割にするのがおすすめ。

これは取材と同じで、取材の目的は初対面の人から話を聞き、記事にすること
なので、私が話すのは2割程度。それも相槌をうったり、良いところをほめた
り、共感するところを話すぐらいです。

私が定期的に取材しているのはベンチャー企業の社長で、ほとんど男性ですが、
困るのは、しゃべりすぎる人としゃべらない人。1つ質問して、10以上を答え
る人もいれば、1つだけの人もいます。10以上の人は本題に戻すように会話の
途中で「ところで、先の~ですが……」などいい、1~3ぐらいの人には、共
通点(紹介者や関連する仕事のことなど)を話して、親しみをもってもらうよ
うにしています。

女性と親しくなるには、まずは「どんなものに興味があるの?」「何が好き?」
などを聞く。スムーズに会話するには「最近、会社の女の子としか話す機会が
なくてね。女の子がどんなことに興味があるのかわかんないんだ(=彼女がい
ないと女性は連想します)」などと加えるといいでしょう。

デートにつなげるには、「食べ物で何が好き?」「どこで遊んでいるの?」な
ど食べ物やエリアの話にもっていき、「いい店、知っているんだ」などと女性
を誘ってください。食べることに興味がない女性はほとんどいないので、誘う
にはもってこいの話題です。

会社近くの渋い居酒屋でも、なんらかの特徴があれば、女性は乗ってきます。
反応が悪いければ「だったら、お互いの友だちと一緒に飲み会しようよ」など
と次に会う機会をつくってくださいね。

ちなみに女性の反応が悪いときは、話していても楽しくないとき。たいていは、
男性がほめたり、共感したり、同調したりしないことが原因です。トークを磨
いて会話の切り返しがうまくなれば、「本当の恋をしたことがないんじゃぁな
いの?」などの“異質”も利きます。(嶋津典代
好かれるコツは相手にたくさんしゃべらせること

よく「聞き上手は話し上手」といいますよね。
ついつい相手にうま~く乗せられてたくさんしゃべった時って、結構いい気分
なんですよね。そういう経験、キミもあるんじゃないかな?

女性に対して自信のない人は、あたかも面接試験のような自己PRをたくさん
してしまいがちですので、気をつけないといけません。女性はおしゃべりが好
きなので、ともかく女性にたくさんしゃべってもらえるように話を持っていけ
ば、「あの人と話していると楽しい」と感じてくれるようになるから不思議な
ものです(笑)。

キミのことが気になってくれば、女性からキミのことをいろいろ聞いてくるよ
うになりますから、自己PRはそれまで取っておいたほうが良いと思うな。

そういえば、1,000人以上の女性を採用してきた某社長(ほとんどが女性社員
の会社)は、面接時に「最近どう?」と必ず聞くそうです。

キミも時には意表を突いて「最近どう?」といってみるのも、おもしろいかも
しれません。スグに答えてくれる女性であれば、答えてくれた内容が現在の関
心事ですから、そのことについてもっと掘り下げていったり、話の幅を広げて
いったりしていけば、女性の気持ちを優先した楽しい会話が期待できます。

「えっ?」とか「どうってなんの?」などの反応が返ってくることも十分予測
されますから、「最近の男運のことだよ」とか「今の恋の進み具合は?」とか
「旅行はどこに行ったの?」などと即切り返しの質問できればOK。

ボクは基本的に女性は「恋愛」「旅行」「食べ物」「おしゃれ」「占い」の話
は大好きだと思っていますから、自分も関心のある分野や少し詳しい分野の話
に誘導していくことを心がけています。

そうねぇ、たまには本屋さんで女性誌をパラパラ立ち読みするのも、最近の女
性の関心事の情報収集源としてはいいかも(笑)。(マッキー)

photo by Rebecca Krebs

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。