記事の詳細

こんにちは、はしこです。

飲み会でも、友人との会話でも、
「血液型」の話題って、よく出ますよね。
「○○ちゃんはO型だよね」「違うよ、こう見えてA!」とか、
そういう類の会話です。

この間、カフェで隣のテーブルに座っていた
推定60代のおばさま方の会話を盗み聞きすると、
まさに血液型談義で盛り上がっていました。
「○○さんは、A型でしょ~」
「わたし、B型の男性とは相性悪いのよ!」などなど、
血液型話は普遍だなぁと、なんだかほのぼのしてしまいました。
第214号 女の子はあきらめが早い
飲み会やパーティなどの席で、「あっ、あの人いいな」と思う人を見つけても、
自分から声をかけたり、積極的に話しかけたり、デートに誘ったりと、「あな
たのことを気に入っています!」というオーラを出す女の子は少ないです。そ
れよりも、相手の出方を見ます。

私は「素敵だな。いいな」とは思いつつ、全然話す機会がないと、「素敵な人
だし、無理かな」と、つい自分の心の中だけで終わらせてしまいがちです。

初デートのときには、服装やお化粧には万全に気をつかって、いつもよりも素
敵に見えるように頑張りますが、その他は相手次第。友人に聞いても、男性か
ら「好かれている」というオーラを感じなければ、「これからがんばろう」で
はなく、「この人はきっと無理だ。あきらめよう」と考えがちのようです。

「いいな」くらいの段階であきらめちゃったほうがあきらめやすいし、傷つか
ないから……という防衛本能が働きがちなのかもしれません。そんなのもった
いないんですけれどね。

だから、いいなと思う女性がいたら、男性のほうからさり気なく「好意を持っ
ていますよ~」というサインを出してあげてください、なんてお願いするのは、
女性のわがままでしょうか? のりよお姉さん、どうでしょう?(はしこ)


声をかけられて当たり前!?

飲み会やパーティでは、男性が一目ぼれしないと「好意を持っていますよ~」
というのは難しい。女性はなぜかパーティに参加すると、男性が声をかけてく
るという思い込みがあるようですが、芸能人並みの容姿ならばともかく、普通
の外見だと現実的には少ないです。

私は営業のためにパーティや交流会に参加、自分でも毎月行っている交流会の
事務局、6月と12月に行うメルマガ・オフ会の幹事のひとりとして主催もして
います。

事務局をしている交流会はビジネス目的。女性が参加しても、男性が取り囲ん
で話すということはありません。女優が参加しても変わりなく、男性がチヤホ
ヤしないためか、ほとんどの女性が1回限りで終わります。

男性は定期的に会うことで徐々に親しくなり、友だちや仕事仲間になります。
顔と名前が一致しなければ仕事に発展しないことを知っている人たちが定着し
ていくわけです。メルマガのオフ会も女性は1回限りの人が多いです。

交流会の話でいえば、ビックリしたことがあります。事務局やオフ会をする前
に、私は別の交流会に定期的に参加しており、外見に自信のある女性を誘った
ところ、男性が誰も声をかけない。途中で「なんなの! この会は!」と激怒
して帰ったことがあります。

女性同士はパーティで出会っても、すぐに親しくなり、出かけたりします。た
ぶん、それを男性にも求めているのでしょう。同じ会に参加、親しくなるまで
時間をかけることなく、1回限りで終えてしまう。人の見極めは1回会うだけ
では難しいのに……。ちなみに先のルックス自慢の彼女は、つき合っても数カ
月で別れることを繰り返していました。

男性の皆さんに伝えたいことは、パーティなどでは男性が誘わない限り、女性
とは二度と会うことはないということ。そして、「これぞ!」という女性には、
三度ぐらいは誘ってくださいね。(嶋津典代
シャイが当たり前
男性が女性を誘うのが、
女性にとっては、当たり前だけど、
実際は、うまく誘える男は一握りで、
大半はじ~っと固まっているんだよ~(^^;

気恥ずかしさや、
断られたらどうしようという気持ちがあって、
なかなか行動に移せません。シャイってこと。
実は、おいらもそうなのだ(^^;

それが普通の男だと考えると、
そのなかに、誠実ないい男性は、
たくさんいるし、彼女もいない(^^;チャンス。

だから、これはと思う男性がいたら、
誘いやすい状況をつくってあげてくださいね。

さりげなく近づいて、
なんとなく挨拶ってのが一番かな。

たまには、誘われてみたいな~。(咲道

photo by Dee Ashley

関連記事

ページ上部へ戻る