記事の詳細

こんにちは、かなこです。
かわいいデザインに引かれて買ったティーポット。
注ぐたびに、注ぎ口からぼたぼた紅茶がこぼれてショック……。

注ぎ方にコツがあるのかもしれないといろいろ試しても、紅茶を入れるたびにテーブルがびしょびしょなんです^^;

第186号 女が一番嫌がること

合コンや飲み会の後、帰る方向が同じだからと二人でタクシーに乗り合わせる。
はたまた二次会に行く途中、仲間とはぐれて二人になる――。気になっている女性と二人きりになったら、どうする?

飲み会のテンションと変わらずに、楽しくしゃべる。女性としては、まぁ楽しくは過ごせるけど、「じゃあ、また」と明るく別れた後、何にも起こらなかったとガッカリするのです。

二人きりになったときに「何、この展開、偶然? 意図的!?」とドキドキして、「急に抱きしめられて、告白されたらどうしよう」などと、想像を膨らませています。そういう想像をしているのですから、いい人で終わってはダメ。暗めのバーや「少し散歩しない」と誘いましょう。そして、気持ちを伝えるのです。

言葉が難しいなら、嫌われるのを覚悟で、押し倒してみる。とはいっても、肩に触れる、手をつなぐ程度ね。歩いていると、手が触れる。彼女はその手をひっこめないけど、つないでもこない。こんな場合、「無理っぽい」「嫌われないか」と弱気になって、何もせずに終わっていませんか。

女性は常に待っているだけ。あなたが押し倒さなければ、進展はありません。

手が触れつづけていれば、思い切って、その手を握る。結果、「いやぁ!」と、ひっぱたかれてもいいじゃない。OKなら、しめたものです。

「あの時は酔っ払っていたけど」と前置きをしながらも、手をつないだことで、あなたのことを意識しはじめる女性も多い。男性がなんらかの行動に出てくれることを期待しているのです。

手を握る、キスする……とひとつ1つ段階を踏むことや「好きだ」など口説きがあることで、女性はドキドキ、ワクワクするのです。
当たって砕けないと、何も生まれません。女性に嫌われることを恐れていたら、ずーっといい友だちのまま、時は流れていくだけです。(吉崎美紗子)

攻めるときには強気で

「いいなぁ」と思っている人と二人で飲んでいるときは、「もしかしたら、今日何か進展するかな?」と想像していることが多いです。何かのきっかけを待っている状態は、長く続けたくない。男性に強気に攻めてほしいんです。

男友だちは、「デートのとき、帰りのタクシーで二人きりになったら、それが友だち以上になる最後のチャンスだ」といっていました。ただ、彼は行動に移す前に、そのときの彼女の雰囲気や様子を見て、OKかNGか見極めるそうです。手を握っても拒否しないか、二人きりのときに目を見て話しているか、タクシーに乗ったときに体が触れていても嫌がっていないか……。

いきなり肩や腰に手を回したりするのは、びっくりされるかもしれないので、「彼女がどう思っているか」を知りたいときのバロメーターとして、手をつないでみるのはおすすめです。

手をつなぐ行為自体はあまりいやらしくないけれど、異性を意識させることができます。もし、手を引っ込めたり、振り払われたりされても、そのくらいではそんなにダメージはないし、それが原因で彼女との関係がギクシャクすることもないでしょう。いきなりのキスは抵抗されるかもしれないけど……。

そうやって攻めても、もし「この人とは進展しそうにないなぁ」と思ったら、あきらめて、もう追わない。そういう状況で追っても嫌がられるだけだしね。
「いいお友だち」として彼女と一定の距離を保って接するか、きっぱり関係を絶つか。そうやって恋人と友だちの線をしっかり引ける男性は、信頼できる感じがして素敵です。(かなこ)

気持ちを伝える方法をたくさん知っておこう

知らない言葉や使ったことのない言葉を操れないのは当然。だって知らないんだからさぁ(笑)。女性を口説いていくステップやその具体的な方法を知らないとすれば、同じように、うまくできるわけないよねぇ。

知っていたとしても、ひとつのパターンだけでなく、複数のパターンを知っておいたほうが適用範囲(いろいろな女性に対応可能という意味)が広がるのはいうまでもないでしょう。

キミがとっても素敵なら、女性から告白することがあるかもしれませんが、そうでない場合(普通の人ってこと)はキミが女性を口説かない限り、「先(素敵な未来)がない」ということはわかるよね。

本や映画、モテ男君のブログ、サイト、友人など、「自分の気持ちや思いを相手にどうやって伝えたか」を手当たり次第に収集してみると、この先ずーっと役に立つよん。

☆告白の仕方をたくさん頭にたたき込む☆
◎告白の言葉をなるべく多く知ろう(状況も押さえておくこと)
◎言葉に代わる意思表示の種類とその方法

キミの頭の中にそれらがた~くさん詰まっていれば、「いまだ!」というタイミングで「適切な方法が出てくる」もの。慣れないうちは、

1.デートの前に
2.頭の中で勝手な口説きのシミュレーションをする
(どこで手を握るとか、キスするならあそこがいいとか)

と、一流のスポーツ選手が行っているようなイメージトレーニングをしてみてください。ボクはデート前によくやったよん。成果は保証します。(マッキー)

関連記事

ページ上部へ戻る