記事の詳細

こんにちは、かなこです。
私はかなり太りやすい体質なので、
結構食べ物には気をつけます。特に飲み物ね。
甘い飲み物、カロリーのある飲み物ってあまり飲まない。

いまは甘味料が入っていてもノンカロリーの飲み物って
たくさんあるけれど、ちょっと田舎に行くと、そういう飲み物って
コンビニにおいていないんですよね。

定番しかなかったりして。そういうときはお茶にするか、
低カロリーものにするんだけど、飲み物でカロリーとってしまうのが
すごくもったいない気がする……。お酒は別だけどね。

第164号 運命の出会い!?

「もう、私にはこの人しか、いない!!」
彼と自分がちょっとうまくいくと、こんな風に思い込んじゃう女の子って、
少なくないです。「コレは運命かも! この人と私は赤い糸で結ばれている!」
と思い込んじゃうんだよね。

どういうときに、そう思うかというと、
・初めて会って話したのに、趣味が似通っていて、とても話が合う
・生まれたところ、育った場所が一緒
・物事に対する考え方が似ている
・好きな作家、好きな画家、ミュージシャンが似ている
など。

男性と話しているときに、一度にたくさんの共感を得ると、そう思うんだよね。
男性とは、女性と比べて、普段はあまり共感するような話はしないことが多い
からそうなるのかなー。

女性は共感を得る方向へ考えて話を進めるけれど、男性はそうでない人が多い
から、共感を得ると、自然に二人が引き寄せられて行くような気がして、どん
どん仲良くなっていくの。

他にも、出会ったシチュエーションが偶然であるときに、「運命だわ!」とな
りがちです。普段参加しない合コンに、たまたま人数あわせで参加したとか、
他の人が出席するはずだったパーティに、その人が出席できず急遽代わりに参
加した、とかね。

これで、たまたま見た恋愛占いで相性バッチリだったりすれば、もうその人は
「運命の人!」。ちょっとくらいイヤなことやマイナスなことがあっても、
「この人と私の出会いは運命だわ!」と思い込んでいるので、デートの約束を
しても大丈夫なのです。

要は、最初のうちにいかに彼女に共感してあげるかが、運命の人になるポイン
トかな。そうなればつき合いに発展したときも、長続きすると思うので、がん
ばってみてね。親しくなるのが上手な牧野さん、どうですか?(かなこ)

決め台詞は「ボクたちって相性が良さそうだね」

メールから始まる出会い、パーティ・名刺交換・異業種交流会・友人知人の
紹介、仕事を通じて……など機会はいろいろ。出会いをきっかけに親しくな
るにはコツがあります。

対女性に関していうと、
1.共通点や類似点(趣味・嗜好・好きなモノ・興味・ライフスタイルなど)
2.相性の良さ(感性・価値観・恋愛観・血液型・星座など)

この2つを認識しあうのが「急接近&親しみを持ってもらう」ためには欠かせ
ない通過儀礼といっても過言ではありません。

達人は自分のことをPRする前に、さりげなく相手の女性に質問したりして、
上記1~2の両方に合致するように、会話やメールを通じてうま~く誘導して
いっているのです。そして女性がよくしゃべるようになったところで、すかさ
ず「ボクたちって相性が良さそうだね」の決め台詞。女性に「運命の人!」と
感じさせることができます。

それがうまくできないから困っているんじゃん、という男性だって大丈夫。
たとえば、あなたが「○○○についてだったらメチャ詳しい」という得意分野
があるのであれば、その分野に興味関心のある女性と知り合ったとしたら、き
っと話が尽きることなく楽しく語らうことができることでしょう。

得意分野にターゲットを絞るというのは、確かに対象の総数は減るかもしれま
せんが、上記1を最初からクリアしているので、あとあととってもラクな展開
になるのは確実です。

これって恋愛だけでなく、事業展開や起業、転職するときなどにも通じますよ
ねぇ(笑)。(マッキー)

接点を見つけること

初対面でも親しくなりやすいのは、「同業や似た業種」「取引先が同じ」「取
引先の関係者」「過去の勤務先の関係者」「共通の知人、友人がいた」など。
私は出版業界の人だと仲良くなりやすいし、同じ媒体にかかわっていたり、共
通の知人がいたりすることも多いです。

では、仕事で接点のない人と親しくなるにはどうするか? 大学が同じ、同い
年も大きな接点となります。しかし、初対面では聞きづらい。そんなときには
故郷の話。男女関係なく使えるのは、「ずっと東京ですか?」。

「ずっと東京ですか?」は、「どこに住んでるの?」よりもスマートですし、
地方出身者には「都会的なのかな~」と感じさせることができて効果的です。

ちなみに、銀座のクラブでは、まずは仕事の話をホステスが振るけれど、ホス
トクラブでは仕事の話を嫌がる女性が多いため、違う話をするとか。マッキー
のいうように話を進めるんだろうなぁ。(嶋津典代

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。