記事の詳細

こんにちは、かなこです。
ついこの間まで、頬の下の辺りがすごく肌荒れしていて、
朝お化粧するたびに、ため息をついていたのだけど、やっと直ってきました。

肌の調子がいいと、ちょっとうれしい!
肌荒れの原因は、飲みすぎかな? 気をつけなきゃ。

第131号 出会いがない?

「出会いがないんだよ。まわりは男ばっかりで……」という人の話を聞いていると、そういう人に限って、出会いが多くなるような努力をしていない気がするの。それどころか出会いを自ら退けているような気さえします。こんな感じの人が多いんだもの。

「会社の人とか誘って飲みに行ったら、どうですか?」
「会社の人だと、みんな忙しそうだし、無理かなあ……」
「じゃあ、異業種交流会とかに参加してみたら?」
「初めての人は緊張するから、難しいよー」
「それなら、初めての人同士のパーティをネットとかで探してみるとか?」
「そんな怪しいのは行きたくないよ!」
「じゃあ、友だちの友だちを連れてくるような合コンを企画してみるとか?」
「うーん、忙しくて、友だち来てくれなさそうだし……」

私は、出会いがないという人は、深層心理で「出会いはあまり求めていない」のではないかと思うの。「出会いたい!」と思えば、いくらでもチャンスはあると思うのね。それに何かと理由をつけて飛び込んでいかないのは、そんなに出会いがなくても不自由していないからだと思うの。

「出会いがない」というのは出会おうとしていないだけ。きっと出会うチャンスに気づいていないだけです。そういう人と話していると、「もう少し積極的になれば素敵なのに、もったいないなぁ」と思うことが多いです。

「たくさんの人と出会いたい!」と思えば、おのずと出会いは増えてくると思うんだけどな。のりよお姉さんはどうですか?

(かなこ)

 

自ら動かないと良い出会いはない

「たくさんの人と出会いたい!」と思わない限り、出会いはないです。出会いは、電車、コンビニ、飲食店だって、その気になればあります。私は「出会いがない」といっている人は、受け身の人だなと判断します。

受動的であることを自覚していないと、かなちゃんが例に出した人のように、いいわけが多くなります。いいわけは何事も生みませんが、行動を起せば、仮に失敗しても経験になります。

「年とともに出会いが少なくなって……」という人もいます。そのとおりです。
学生時代は新入生が入ってくる。それに加えてアルバイトなど、出会いは待っていても、たくさんでもあります。毎日、顔を合わせていれば、告白しなくても、友だちから自然につき合いに発展することもあります。

社会人になっても、この延長線上、棚ボタを期待している人が多いです。だから、出会いを求めていても、自分では積極的に動かない(動けない)のです。

パーティ、飲み会、合コンなど、誘われれれば行くけれど、会話を盛り上げようと努力しない人、誘われる一方で誘うことがない人は、次第に誘われなくなります。

多くの人を誘っている人、いろいろな会に積極的に出て、親しい人をつくろうとする人は、誘われることも多く、交流関係が広がり、自分に合う人はどういう人かなど見る目を養うこともできます。そして、年とともに、交流を積極的に求める人か、求めない人かの差が大きくついていきます。

私が好きなことわざで、「幸運の女神は前髪を掴め」があります。幸運の女神が通ったときに、すぐ気がついて前髪をつかまないと逃げてしまう。気がつくのが遅くて、後ろ髪をつかんでも、逃げられてしまうということ。

そもそも人でも物事でも、「幸運の女神だ」と見極める力がないと、幸運の女神かどうかもわかりません。何事でも目利きは、知識や蓄積、経験があるから、それができるのです。

柳生家家訓のこれも大好きです。
「小人は縁に出会うて縁に気づかず、中人は縁に出会うて縁を生かせず、大人は袖触れ合うた縁をも生かす」

仕事でも恋愛でも、チャンスをものにできる人は、積極的で、そのやり方を身につけている人です。良いチャンスは、多くの場合、人が運んできます。○×さんとの出会いが運命を変えたというのはよくあること。自ら積極的に動くことで、いい出会いを得られるようになるのです。(嶋津典代

根性、根性

出会いの機会なんて、いくらでもあるんだよ。

ビジネス、趣味、遊び、レストランや通勤電車の中にも、転がっているじゃないの。気づかないだけさ。
「出会いがない」っていうのは、やる気がないの。

大学時代のマブダチ(^^;は、行きつけのコンビニのバイトの子を、レジで、堂々とナンパしてたよ。
これも縁。根性だよ、根性。

本気で、出会いを求めている人は、
ぜひ、オフ会に来てよ。
いい子が、ごろごろいるから。

携帯聞かないで、どーするのよぉ~。(咲道

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。